BMWメッキモールの腐食を防ぎキレイにする方法

BMWのメッキモールをキレイにする方法

経年劣化したモールの現状を確認

ドアの淵やウインドウまわり、ドア・バンパー周囲をガードし、高級感をアップさせるのがアルミ製のメッキモールです。
これも洗車を怠ったり、中古車購入では劣化していたりします。

モールのくすみや劣化が気になる方も多いことでしょう。

新車時にコーティングをする方も多いのですが、水玉模様のイオンデポジット、ウォータースポットが付いて取れない状態も多いようです。
通常の洗車やワックスでもなかなか落ちない状態もあります。

イオンデポジットとは

ワックスやボディコーティングにより、ボディ表面には強力な被膜が形成されボディを守っています。
イオンデポジットとは、雨が降った後や洗車をした後、ボディ表面のふき取りが遅いと、水滴が斑点のように白い膜や白い跡が残ってしまうことを言います。
水分にはミネラル成分が含まれていますが、水分の蒸発時に「ミネラル成分」が蒸発せずに残ってしまった後が「白い跡」に残ってしまったものなのです。

長雨が続いた後は、水分のふき取りなど行いませんので、水分の蒸発、ミネラル分の蓄積が繰り返されます。
結果、堆積されたミネラル分が直射日光の熱や紫外線により硬化、酸化していきます。
さらにワックスやコーティング面を突き破り、塗装面を侵食します。
進行すると指で触るとボコボコになった状態が最終段階です。

ウォータースポットとは

ワックスやボディコーティングにより、水分は強力な表面張力で水滴が大きな粒の塊になっています。
この状態で直射日光を受けると、水滴の粒が「虫メガネのレンズ効果」を発揮して、日光の光を熱として集めてしまいます。
結果、塗装面を痛めるウォータースポットとしての穴(クレーター)を形成してしまうのです。

ウォータースポットはワックスやコーティング効果が無くなり、酸性雨などでさらに浸食が進みやすい環境を作ってしまいます。

メッキモールを腐食させないために

ディーラーやショップなどでのお任せコーティングを行っている場合、ボディ塗装面のコーティングとなります。
金属モールはマスキングされますので保護剤などは塗布されません。

結果、コーティングなどはマメに行うことで、劣化はかなり軽減されますが金属モールは保護膜無しで劣化していきます。

これが個人でのワックス掛けであればモールも含めてワックス・コーティングを行ってしまうケースが多く、劣化の進行度が遅くなります。

劣化、腐食の進行を遅くするためにも何らかの保護剤やワックスなどでモール類をコーティングして被膜を作ってしまえば、劣化スピードを遅らせる事が出来ます。

メッキモールの輝きを失った状態をキレイにする

金属モール クリーナー
メッキモール クリーナー

などのキーワードで検索すると多用な製品が出てきます。

購入のし易さから、量販店や通販でも比較的購入しやすい「魁磨き塾 アルミメッキモールクリーナー」をおすすめします。

輸入車特有の窓わくアルミメッキモールの白シミを強力除去!
輸入車特有の窓枠アルミメッキモールの白シミを強力除去するクリーナーセットです
電子部品等の精密機器の研磨に使用される、国内最高品質ホワイトアルミナ(研磨剤)を贅沢に使用
デリケートなアルミメッキ部分を傷つけずに、白シミ・くすみをスッキリ落とします
また、劣化・腐食部分を除去することで表面が滑らかになり、白シミが再発生しにくくなります
付属品にもこだわり、細かい作業に最適な持ちやすい硬質ペフに、ホワイトアルミナの効きをアッ
プさせるフェルトを組み合わせた専用フェルトペフを付属しました
輸入車専用品として研究・開発したアルミメッキモールクリーナーだから安心して使用できます
普通車約1 2台分

  • 品番 S150
  • 品名 魁磨き塾 アルミメッキモールクリーナー
  • 内容量 45g
  • 付属品 フェルトペフ×3/マイクロファイバークロス×1/取扱説明書
  • JAN 4975163833023
  • 製品サイズ 高さ:200mm 幅:120mm 奥行:46mm
  • 製品重量 158g

別途、2センチ幅以上のマスキングテープ(紙テープ)も用意します。

メッキモールの磨き方

事前の洗車で汚れを落とす。

水洗い、シャンプーなどで汚れをしっかりと落とします。
水滴がついたままとせず、しっかりと水分をふき取ります。

マスキング・養生に時間をかける

ここが一番重要です。
磨き中にはみ出してしまうと塗装面やガラスをキズつけてしまいます。
汚れの酷い場所は、時間がかかり、はみ出す可能性が高まりますので、幅を広めにしてマスキングしましょう。

クリーナーの説明に従って丁寧に磨く

とにかく時間をかけてゆっくりと磨くということです。
コツを掴めれば、多少時間短縮にはなりますが、力を入れ過ぎない事がポイントです。

ピカールなどの金属研磨剤入りはNG

落とし効果は十分ですが、表面を削ってしまうほどの効果があります。
そのため、力を入れ過ぎたりすると削りが強すぎてメッキモールの輝き度にムラやキズが出来たりします。

錆でボコボコになっている腐食レベルであれば、使って平らにする効果ありますが、磨き過ぎが危険です。

磨いたあとのモールはワックスコーティングで仕上げる

何も保護しない状態では、劣化が進みます。
モール表面をなんらかのワックスやコーティングで保護しましょう。

韓国でのBMWコリア販売の車両火災と発生理由

お隣の国では、BMWの炎上事故が多発しているらしい。
車種は、BMW520d(日本では523d)のディーゼルターボモデルです。
気になって調べてみたものの日本では、BMWの炎上多発記事は見当たらない様子です。

炎上事故の発生状況

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/31/2018073103525.html

BMWも2015年に火災が20件発生したが、結論は「原因不明」とされた。このときBMWが補償を行ったのは公式のサービスセンターで定期点検を受けている顧客だけだった。

国土交通部は今年(2018年)発生したBMWの火災件数を当初27件と発表していたが、31日になって26件に訂正した。

集団訴訟と炎上理由

事故が集中する520dは欧州生産モデルですが、他国では火災が発生しないことから、韓国で販売されたBMWのEGRクーラーが主原因と結論付けたようです。
この理由により、全焼したオーナーの集団訴訟に発展しているようです。

https://article.auone.jp/detail/1/4/8/89_8_r_20180730_1532920981880808

「欧州とは違い、国内販売車両に限り国内部品会社が製造したEGRクーラーを搭載したという点でも、BMWコリアはEGRを火災原因と推定できたはず」

対応が遅れたリコール

https://www.asahi.com/articles/ASL834SDCL83UHBI01N.html

現地法人のBMWコリアは、7月末に42車種10万6千台のリコール(回収・無償修理)を届け出たが、出火は止まらず、所有者が損害賠償請求訴訟を起こす騒ぎになっている。

EGRモジュールとは

ディーゼルエンジンは汚染物質を多く含む排気ガスを排出するため、汚染物質を減らすのがEGRと呼ばれる装置です。

価格は約3万円

EGRはExhaust Gas Recirculationの略。排気ガス還流システムを指します。
ディーゼルエンジンでの排気ガスを再度吸気側に戻して新しく吸った空気と混ぜることにより、汚染物質を軽減させるシステムです。
排気側に流れた排気ガスを吸気側をつないだパイプで吸気側へか還流させます。
パイプに弁がついており、弁を開閉量をコントロールし、排気ガスを吸気側に戻す量を調整する機能があります。

上記の処理ににより、ディーゼルエンジンの燃焼温度を下げる効果があります。
結果、超高温になると発生しやすい光化学スモッグの原因である窒素酸化物(NOx:有害な窒素酸化物)の生成を抑えられます。

なぜ韓国のBMWコリア販売車両だけが炎上なのか

韓国用に販売されたBMWのEGRモジュールは、中国製に置き換えられているという話です。
BMWコリアが価格の安い中国製EGRモジュールを装着したのだとすれば、それで儲けようとしたわけですね。
品質の悪い中国製部品を使用した人災だとすれば、納得ですね。

本国BMWかBMWコリアの問題か

ここが争点になると思います。
日本を含む世界中にドイツ本国製の520d、320dが輸出されています。
韓国のように火災炎上の事例は無く、韓国固有の事象のようです。

劣悪な中国製EGR部品をドイツ本国で装着し、輸出しているとすれば世界中でリコールとなることが予想されますが、そのような事態になっていません。

韓国向けのディーゼル車における、EGRの組み込み有無が争点になります。

もしかすると韓国で組み立て直した中国製BMWなのかも

劣悪な中国製EGRに置き換わった経緯ですが、下記の3パターンに整理してみました。裁判の判例が出ていませんので結論はまだ未定です。

  • BMW本国は、BMWコリアの要請により、EGR未装着で輸出。韓国コリアでは、韓国規制に対応させるという名目で、安い中国製EGRを装着し、差額利益を得る。
  • BMW本国は、正規品を輸出。BMWコリアは、ディーラー納品前に私的利益のために正規部品を取り外し中国製に置き換え。
  • BMW本国は、正規品を輸出。BMWコリアのディーラーは、インポーターから納品された車両に対して、私的利益のために正規部品を取り外し中国製に置き換え。

これは、ネット上の推測記事をまとめたものに過ぎませんので事実ではない可能性が多分にございます。
公式発表、対応としてはリコール内容になります。

欧州で32万4000台リコールへ

https://jp.reuters.com/article/bmw-recall-idJPKBN1KS2K8

[フランクフルト 7日 ロイター] – ドイツ高級車大手BMW(BMWG.DE)は、韓国でエンジンから出火する事故が相次いだことを受け、欧州で約32万4000台のディーゼル車のリコール(回収・無償修理)を実施する。7日付の独紙フランクフルター・アルゲマイネが報じた。

隣国だけの事象かと思えば、欧州のリコールに飛び火しています。
これは対岸の火事に収まらない状況かもしれません。

日本では火災となった情報は全くありません。
欧州仕様と日本仕様は異なるのか、日本法人から明確な情報を求めたいところですね。

連続出火事件に“火に油”のBMW 「韓国人の運転スタイルのせい」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000004-cnippou-kr

BMW本社の報道官Jochen Frey氏は14日、中国新華社通信とのインタビューで「火災の発生にはさまざまな理由がありえる」とし「韓国で事故が集中したことは現地の交通状況や運転スタイルのせいかもしれない」と主張した。

という本社が韓国人の運転スタイルのせいにしたことで、発言で物議を醸しているようです。

今回の原因の可能性を4点に整理してみます。

  • 軽油やガソリンの質に問題があり、精製の基準や質が悪い。高熱になりやすく火災の原因になる。
  • 輸入したEGR部品を劣悪な部品に勝手に変えている可能性。
  • インポーターの管理、ディーラーの管理の問題。安全基準の不徹底。
  • BMW本国生産の欠陥。日本では発生していないことから、その可能性は低い。

BMWグランツアラー(3列シート)のメリット・デメリット

BMW2シリーズで2列シートの「ACTIVE TOURER(アクティブ ツアラー)」に対して、待望の3列シートである「GRAN TOURER(グラン ツアラー)」のメリットとデメリットを解説します。
BMWの2シリーズは、FFモデルのファミリーユースを優先した車高の高さとユーティリティ、使い勝手を備えています。

従来はX5しか選べなかった3列

どうしてもBMWの3列シートが欲しいユーザーにとって、従来は大型のX5でしかなく、ボディサイズは大型で持て余し気味でした。

3列目がミニマムなのは、今回のグランツアラーも同様ですが、緊急時の用途としては十分です。

グランツアラーのサイズ感

ボディサイズのスペックは下記のとおり。
全幅は、1800mmと日本の駐車場や道路事情にマッチしたサイズ感となっています。
全高は、さすがに1550mmの立体駐車場サイズを超えていますが、7人乗り車においては、そこにコダワリのある方は少ないでしょう、

  • グランツアラー:全長4570×全幅1800×全高1640mm、ホイールべース2780mm
  • アクティブ ツアラー:全長4350×全幅1800×全高1550mm、ホイールべース2670mm

参考までにライバルのスペックも。
シトロエンもグランドが付くと7人乗り。それ以外は5人乗り有り。

  • VWゴルフ・トゥーラン:全長4405×全幅1795×全高1670mm、ホイールべース2675mm
  • シトロエン・グランドC4ピカソ:全長4600×全幅1825×全高1675mm、ホイールべース2840mm
  • ホンダ・オデッセイ:全長4800×全幅1820×全高1715mm、ホイールべース2900mm

3列目のシートの広さはどうか

一番気になる点ですね。

ライバルとなるトゥーランやグランドC4ピカソに対して、やや狭いです。
具体的に挙げると、トヨタ・シエンタやホンダ・フリードに近いレベル感です。
基本的に緊急用途というイメージであれば、それほど大きなギャップではないでしょう。

いずれも長時間、170センチ超の大人が乗るには厳しいかもしれませんが、15分程度の緊急移動用途では問題ありません。
特に小学生以下の子供であれば、長時間も全く問題ありません。

ちなみに、3列目に乗り込む際は、この手のミニバン3列と同様です。

グランツアラーだけが乗降性が悪いわけではなく、全般的にきびしいと思います。

1550mmに抑えた国産3列ミニバンも存在しましたが、それらと比べて車高も高く頭上の窮屈感は抑えられています。

この手のミニバンは、トヨタBOXYや日産セレナなどの1BOXカーと比べるまでもありませんので、もし3列目を多用するなら、候補から外した方が良いでしょう。

荷台(ラゲージスペース)はどうか

3列目シートを使用した状態で、145Lのラゲージ・スペースがあります。
3列目シートは床下収納イメージですので、荷室はほぼフラットになり、560Lのラゲージ・スペースがあります。
2列シートとして使えば、アクティブツアラーと比較して広大な荷室が生まれます。

通常は、畳んでおいて、緊急時にシートが出現するという緊急時シートの使い方であれば、ワゴン的な使い方にもなりますね。

さらに2列目シートを畳むと最大 1820リットルのラゲージ・スペースになります。

荷台に荷物を積むケースやシートを畳んだときのイメージなどは、実車で納得の行くまで確認した方が良いでしょう。

前席、2列目の機能性やインテリアはどうか

2列目シートは、130mmのスライドが可能です。
アームレストにはドリンクホルダーが付いています。

前席も含め、そこはBMWです。インテリアの質感は十分にあります。
安全装備、快適装備などは、基本的に3シリーズ相当の装備を確保しており、日常レベルでは不満はないでしょう。

BMW社では初となる前輪駆動(FF)レイアウト

FFのメリットを生かし居住性重視としたインテリアは、全長サイズに対してのミニバンレイアウトの利点が生かされています。

走りの面でも同じライバルのFFモデルに対して、BMWならではの走る喜びのチューニングが継承されています。
この点では、BMWグループの中でFFでは先行するBMWミニでのFFチューニングが、実際の運転でもセールスポイントであり、単なるミニバンでないことがわかります。
同一シャーシ・プラットフォームを使うFFベースのX1にも共通する点です。

価格帯もエントリーモデルに近いBMWであり、BMW以外からの乗り換えも多いようです。
BMWだからFR必須という層は少ないようです。FFであるため、今まで敬遠していた豪雪地域のユーザーへの訴求力もアップしていると思われます。

実際にFFになってもBMWの走りは、その警戒感からもBMWらしさは期待を裏切らないでしょう。

お勧めのグレードは218dのディーゼルターボ

スペックは下記になります。

  • BMW・218d グランツアラー 8AT
  • 全長×全幅×全高 4570mm×1800mm×1640mm
  • ホイールベース 2780mm
  • 車両重量 1610kg
  • 駆動方式 FF
  • エンジン 2.0L直列4気筒DOHC直噴ディーゼルターボ
  • 最高出力 110kW(150ps)/4000rpm
  • 最大トルク 330Nm(33.7kg-m)/1750-2750rpm
  • トランスミッション 8速AT
  • サスペンション 前:マクファーソンストラット式、後:マルチリンク式
  • タイヤサイズ 205/55R17
  • JC08モード燃費 21.3km/L
  • 使用燃料 軽油
  • 車両本体価格 426万円

ディーゼルならではの大きなトルクを低い回転域で出力し、国産車にありがちな低中速でのもたつきやトルク不足は感じません。
8ATとの組み合わせにより、スムーズに加速していきます。
やや、ディーゼル特有の音が気になるかもしれませんが、慣れの問題でしょう。

3リッター超レベルのトルクは、フル人数乗車でもパワー不足となることはないでしょう。

メリット

BMWブランドのミニバン。国産とは異なるブランド力。

400万(実際には500万)でBMWのミニバンが買えるとなれば、エスティマなどのミニバン層で3列シートを使わない層やレガシィなどのワゴンユーザーにも十分な訴求力があると思います。

ディーゼルによる絶大なトルクフィールと8ATのなめらかさ

ディーゼルの燃費の良さ。(実燃費13キロ以上)

1.5リッターや2リッターのガソリン車も選べる。

デメリット

やや狭い3列目シート。(過大な期待を寄せるユーザーは、もともと少ない)

ディーゼル車のカラカラ音。(ガソリン車を選べばよい)

あくまで、ライバル車と比較した場合のウィークポイントをデメリットとしてみました。
ユーザーによっては、試乗してデメリットと感じない場合もあります。

まとめ

BMW初のミニバン3列シートでサイズも3シリーズ並みのコンパクト感。

他の国産車からの乗り換えであれば、インパクトは十分にあります。

ファミリーの構成に応じて、1シリーズや3シリーズから一時的に2シリーズに乗り換えるという選択も有りでしょう。
選択の幅が広がったBMWは、他メーカーに乗り換えることなく、そのままビーマーでも行けるのです。