BMW E36情報(3シリーズのスペック・カタログ)

3シリーズ

BMWのE36のカタログ情報。3シリーズ(3代目)の歴史やスペックとして、E36型(セダン/クーペ/カブリオレ/ツーリング)、E36/5型(コンパクト)を解説します。
318ti 318i 320i 323i 325i 328i M3 B3のラインナップです。

セダンの写真

BMWのE36概要

BMW 3シリーズの3代目となるBMW E36は優れたパッケージングとスタイリングで、コンパクトセダンとしても不動の人気を確立したモデルです。、DセグメントのベンチマークモデルとしてもライバルのメルセデスE190の影響を受けて、ボディサイズも先代E30型よりも大型化。

日本未導入のツーリングも含め、先代に引き続き世界的ベストセラーとなり、3シリーズブランドとしての地位を築きました。

BMW E36の特徴

  • 後期モデルのエンジンは全車DOHC化でパワーアップ
  • VANOS搭載による低速域もトルクアップ。
  • FRとして前後重量配分を理想的な50:50として ベストなハンドリングを実現。
  • 先代E30に比べボディも居住性と対衝突安全性向上が図られサイズアップした。
  • 4灯ヘッドライトはクリアカバー化。
  • 4ドアモデルはプレスドア採用等、空力特性アップ。
  • リアサスは、従来のセミトレ式からセントラルアーム(マルチリンク式)に進化

M3も3リッターとなり後期モデルでは3.2リッターまで進化。3ドアハッチバックのtiモデルも追加された。モデルラインナップの多角化は、BMWにおける3シリーズの販売台数の高さを表しています。

クーペ

BMW E36の歴史

溯ること1966年登場の2000系。コンパクトスポーツセダンの傑作:1975年のE21は約136万台のセールスを記録した。1982年デビューのE30。そして1991年E36デビューです。

1990年06月:E36セダン、プレスリリース

全世界234万台のセールスを記録した2代目、3シリーズ(BMW E30)から8年ぶりのフルモデルチェンジ。そしてE36セダンドイツ本国デビュー。

  • エンジン、316i(100PS)、318i(113PS)、320i(150PS)、325i(192PS)
  • 最高速、0-100km、318i(186km.10.8sec)、320i(197km.10.6sec)、325i(218km.8.3sec)

1991年5月:セダン日本導入発表

セダン日本導入発表

1991年7月:318i/325i日本発売

318i、325i(左ハンのみ)日本デリバリー開始:318i GM製4AT、当初レギュラーガス仕様、カムがベルトからチェーン変更時にハイオク指定になる。(先代E30末期デビューのDOHC4気筒)

  • 91年製の直6モデルはZF製5AT
  • 92年からJATCO製5ATに変更:この年式はバンパーが未塗装もポイント

1991年9月:320i日本発売

320i右ハンドル日本デリバリー開始:2リッター直6DOHC 24バルブM50型で先代E34でデビュー、燃料噴射はボッシュM3.1シーケンシャル

1991年秋:クーペ・ドイツショーデビュー

フランクフルトショーでクーペデビュー:セダンとホイールベースは共通でフロントノーズ80ミリ延長、車高45ミリダウンの流麗スタイル:
エンジン、318iS(DOHC M42)、320i、325i

1991年12月:320i左ハンドル日本発売

320i左ハンドル日本デリバリー開始

1992年1月:クーペ・米国ショーデビュー

デトロイトショーでクーペ発表

1992年4月:クーペ・日本導入発表

クーペ日本導入発表

1992年5月:325iクーペ日本発売

325iクーペ日本デリバリー開始

1992年7月:320iクーペ日本発売

320iクーペ日本デリバリー開始:セダン、クーペ系のジオメトリー、ブッシュ類の変更、カラードバンパーに変更:

1992年10月:M3クーペ・米国、フランスショーデビュー

パリサロン、デトロイトショーでM3クーペ公開:まもなくM3クーペ発表:
エンジン、3リッター286PS、32.6kg

1992年11月:VANOSエンジン改良

6気筒M50エンジン改良(VANOS採用)

1993年5月:M3クーペ日本導入発表

M3クーペ日本導入発表、3リッター直6の新型DOHCエンジン搭載:318isクーペ(右ハン4AT)日本導入発表:

1993年6月:325iカブリオレ、M3クーペ日本発売

325iカブリオレ、M3クーペ日本デリバリー開始:無段階カムシャフトコントロールVANOSを全直6エンジンに搭載

1993年7月:318isクーペ日本発売

318isクーペ(右ハン4AT)日本デリバリー開始

1993年10月:318isクーペ(5MT)日本導入発表

318isクーペ(左ハン5MT)日本導入発表

1993年11月:318isクーペ(5MT)日本発売

318isクーペ(左ハン5MT)日本デリバリー開始:4気筒M42エンジン改良(DiSA採用):

1994年2月:318tiプレスリリース

3ドアハッチバックモデルとなる318tiコンパクト発表

1994年3月:1994年型のM3クーペ日本発売

94年型M3クーペ日本デリバリー開始(受注分のみ)

1994年秋:M3カブリオレ、ショーデビュー

M3カブリオレ発表:パリサロンでM3セダンデビュー:M3セダン発表:
オールアルミの新エンジンM52型投入。21キロのダイエット。2.5、2.8リッター

1995年1月:318ti日本導入発表

318tiコンパクト日本導入発表:318i助手席エアバッグ標準:

1995年2月:318ti日本発売

318tiコンパクト日本デリバリー開始:最高速、0-100km、318Ti(202.36km、10.76sec):

1995年8月:328i日本発売、マイナーチェンジ

E36インテリア328i日本デリバリー開始:エンジンはオールアルミの新エンジン2.8リッター190PS(新エンジンM52型):
(プッシュ式オートエアコン採用、ボディ強化等):最高速、0-100km、328i(234.14km、7.2sec):

1996年2月:323iセダン、クーペ日本発売

323iセダン、クーペ日本デリバリー開始:エンジンはオールアルミの新エンジン2.5リッター170PS
tiコンパクトのソフトトップモデル350台限定。96年モデルM3登場。エンジンが3.0LITER-286psから3.2LITER-321ps、35.6kgへパワーアップと軽量化。

1996年6月:318isクーペの排気量アップ

318isクーペ直4DOHCを1.8から1.9新エンジンへ

1996年7月:318tiの排気量アップ

直4DOHC1.9新エンジンをtiコンパクトにも搭載

1996年11月:320iのエンジン変更

一時販売中止の320iセダン日本デリバリー開始:エンジンはオールアルミの新エンジン2リッター版投入、空調プッシュ式、グリル形状変更(より丸っこくなった)、カラードバンパー&サイドステップ&リアスカート(カッコ良い)、ガングリップタイプAT、ASC/T追加、ハンドルのエアバッグ形状も変更

1998年:1998年イヤーモデル改定

98年型モデルの発表。E36クーペはMエアロ標準で価格据置のお買得、ホワイトウインカー、その他小変更。
クーペモデルにサイドエアバッグ追加、、モデル末期も着実に進化を遂げる

1999年:4代目E46型へバトンタッチ

クーペ&M3の受注生産継続。tiは生産継続 :全世界275万台のヒットを記録、そして3シリーズ累計では650万台を記録。
ドイツ市場ではセダン55%、クーペ15%、コンパクト15%、ツーリング10%の比率:1998年3月ジュネーブショーにて4代目、3シリーズ(BMW E46)デビュー、日本では98年9月新型E46登場により8年ぶり世代を交代した。

同年末にM3の生産を終了。(E36 M3の累計約7万2000台)

タイトルとURLをコピーしました