レクサスisのフロントマスクは失敗デザインの見本



レクサスのグリル形状はプレデター顔

レクサスのフロントグリルについては評判が悪い。
この大きなグリルはアウディがベースであり、現行クラウンも同様。
まあ、見慣れてしまえば、どうってことはない。
ただ、isのようにライト形状がプレデターでは無いので、GSやLSは問題ではない。

マイナーチェンジで大きくデザインを変える場合

それは、先代デザインが失敗した事の証明でもある。

lexus-is-before-predator

大きくデザインを変えるケースは、メーカーコンセプトやメーカーデザインのトレンドに沿った変更もある。
大きなグリル・開口部を持つバンパーデザインは、最近のトヨタの流れである。

しかし、不細工なデザインでユーザーやディーラーからの評価が低いモデルもある。
最近のトヨタでの失敗作といえば、現行エスティマの初期モデルや今回のレクサスISがそれに該当するだろう。

現行、レクサスISを失敗に挙げる方の多くは、レクサスのスピンドルグリルを挙げる方が多い。
それは単にレクサスのグリルデザインが嫌いなだけで、本質は異なる。

失敗の本質とは、ISの不気味でブサイクなライト形状にある。

例えば、レクサスRXであれば、巨大なスピンドルグリルは存在感を高めている。

lexus-rx450

グリル形状の角度にマッチしたライトやバンパーを縦に走るスリッドにも違和感は感じられない。
切れ長のライトは、グリルに負けないようバランスが取れている。

レクサスGSFでもマイナーチェンジにより、スピンドルグリルを強調するデザインになっているが、ライトやバンパー形状とのバランスが取れている。
もともと大柄なボディでisに比べてデザインの自由度が大きいことも破綻しない理由である。
lexus-gsf

上記の現行レクサス車種に比べて、レクサスisの不細工さは、ダントツである。
BMWでも過去に意見の分かれた車種もあったが、ここまでの異様さは無かったように思う。

マイナー前のis

lexus-is-before
グリル形状やLEDのポジションランプに対して、ライト形状が全くマッチしていない。
この異様なデザインを先代レクサスisオーナーは、どのように感じたのだろうか?
このマイナー前レクサスisをプレデター顔と命名したい。
スピンドルグリルに賛同する方もこの異様なライトデザインとのミスマッチに違和感を感じた方は多いと思う。

マイナー後のis

lexus-is-after3

上記の写真は、エントリーグレードで量販グレードとなる。
大胆なグリル形状に比べて、ライトは、さらに小ぶりとなり、プレデターチックなライトとのコンビネーションが協調されている。

lexus-is-after

上記の写真は、上級グレードまたは高額なLEDライトオプションであり、一般的な顔つきではないことに注意が必要。
プレデター似の目は、四角いライトのLEDで解消した。
しかし、最新グリル形状にマッチしないライト形状は、デザイナーが苦心した跡があるが不細工さは変わらない。
やはり、マイナー前の形状に失敗があり、フェンダーやボンネットを踏襲したためにデザインが破綻しているのだろう。
グリルやバンパー形状が良いだけに残念な結果になっている。
lexus-is-after2
売れ筋の多売モデル(BMW3シリーズやメルセデスCクラス)と競合させるべきモデルのはずであるが、ここまで好みの分かれるデザインで良いのだろうか。
インパクトのあるデザインも必要ではあるが、万人に支持されるかというマーケティングも必要ではなかろうか。

isデザインの失敗はボディパネルの根本的ミス

やはり、不人気の顔はボンネットとフェンダーまで手を入れないといけません。
特に売れ筋モデルに搭載されるHIDライトはマイナー前のカッコ悪さを継承したままとなっています。

マイナー前デザインの失敗は、ボディパネルを変えないことには直らない。
ということが、今回のISマイナーチェンジで判明しました。
進化した最新スピンドルグリルが台無しのデザインです。

スピンドルグリルの廃止は嘘!今後の行方

2013年に登場したレクサスGSよりスピンドルグリルがデビューし、グリルの大型化とレクサス全モデルへの拡充が完了しました。

もう、これ以上大きく出来ないところまで来ているのではないでしょうか?
ある一定の拡大が終わってしまうとスピンドルグリルの新鮮味と大胆さが失われていきます。

アウディのように2,3代に渡ってシングルグリルを続けた結果、デザインが陳腐化した例もあります。
最新のアウディA4など外観は全く新鮮味が感じられません。
ライトも微妙に表情を変えているもののワンパターン化は明白です。

レクサスのスピンドルグリルも同じ運命を辿る可能性もあります。

  • 三菱のジェットファイターグリル
  • スバルのスブレッドウイングスグリル
  • ホンダのソリッドウイングフェイス
  • 日産のVモーション
  • マツダの魂動(こどう)デザイン

欧州メーカーの全車種統一のブランドイメージを日本車はマネていると言えますが、既に消えてしまったデザインもあります。
そのような流れの中で、2017年型レクサスLSのデザインもスピンドルグリルを継承しています。
2013年にスピンドルグリルは、一代で終わるというようなガセネタ報道もありましたが、今後もスピンドルグリルデザインは続くようです。
それは、レクサスのブランドイメージとしての定着化を意味していると思います。

スピンドルグリル廃止というガセネタの真相

当時の新聞報道では「スピンドルグリルの紡錘デザインに固執すること無く開発を進めている」です。
理由としてトヨタ社内から「デザインが制約されて自由度が狭まる」との意見が浮上が発端の様子。
それを拡大解釈したブログがガセネタを掲載し、それを見た読者が「それ見たことか」と一斉に拡散された様子。

ネット上で一斉に拡散されると本当のように捉えられてしまうが、発端はガセネタブログが原因。

実際は、スピンドルグリルは、初代デザインをベースにより自由度を増してダイナミックに進化している。
よって「固執すること無く開発」=「発展させる」と解釈できますね。

2017年のスピンドルグリル評価とは


写真は、次期LSのコンセプトモデル。
スピンドルグリルが嫌いな方もいるようですが、ここまで継承していることを考えれば成功といえるでしょう。
BMWもそうですが、デビュー当初に個性的なデザインが拒否される傾向は同じです。
違和感のあるでデザインも進化していく過程で、カッコ良いと市場が認知される方向で進化していくようです。
一部のアンチスピンドルグリル派が騒ごうとも市場は、このグリルを良いと認めている結果なのです。

2代目レクサスisというプレデターなデザイン失敗作を経て、スピンドルグリルのデザインの方向性や進化のさせ方も学習し、ライト形状などのデザインにも試行錯誤が見られます。今後も大胆に進化し、スピンドルグリルといえばレクサスというブランドイメージが確立していくことでしょう。

進化するスピンドルグリルとライト形状

以下の写真はCTの2017年マイナーチェンジモデル。

アローヘッドと呼ばれる矢印形状のLEDクリアランスランプ。今までのモデルではライト下部に設置されていたが、CTではライト内に埋め込まれているが、無難な仕上がりになっており、通常のままだとプレデター目の小さなライトがプレデターにならずに済んでいるところもデザイン的な完成度の高さを物語ります。
スピンドドルグリルの周りのシルバーの装飾もグリルから離れて大胆なラインになりつつあります。

デビュー時からフェンダーラインは変えずに最新のレクサス顔となっているCTに比べると、不細工度は変わらないisは、ベースデザインの悪さが引き立ちます。

スピンドルグリルのブランド構築の成否


写真は2007年時点のLSです。この時点では、スピンドルグリルを採用していませんね。
あらためて見ると「L」のエンブレム以外、レクサスを印象付けるインパクトは全くありません。

メルセデスやBMWのように、どこから見てもブランドを認識できるデザインが足りないのです。
当然、このあたりは欧州車が先行していたアイデンティティなのですが、レクサスもブランドイメージを統一するコンセプトを欧州車からパクリました。
そして、現在ではスピンドルグリルという欧州車に負けない個性とブランドイメージを確立したのです。

最近では、マツダも日産もメーカーのブランドイメージを印象付ける統一デザインが採用されています。
アンチ・レクサスな方が、このスピンドルグリルに対してマイナス評価を下そうとも実際には成功していると言えます。
よって、スピンドルグリルはダメなデザインだと唱えている方は全くの無知であるということです。

コメントを残す