車を高く売る場合の買取業者選びのポイント

(Last Updated On: 2019年3月6日)

このページを見ている方は、車の買取業者をどれにしようか悩んでいる方であり、ディーラーに下取りしようと考えている方では無いでしょう。

もし、ディーラー下取りを考えていたら即刻、止めましょう

同一店舗での購入と売却は手続きもラクですが、購入時の値引きと下取り額が曖昧になります。
人気車も買いたたかれているケースが多いのです。
必ず、買取店で見積査定を行って、査定額をディーラーと天秤にかけた上で判断を行いましょう。

中古車は、市場の需要と供給の関係から価格が成り立つ

  • 人気車は、すぐ売れるため高く買い取る
  • 不人気者は、売れ残りになる可能性があるため、安く買い取る。

市場の関係からみれば、人気か不人気か、それだけです。

人気車は、必ず高く買い取ってもらえるのか?

答えは「ノー」です。

ディーラーのように、新車や認定中古車を購入するからと足元を見られて安く買いたたかれたりします。
「値引きを頑張りました」というセリフで下取り車は安く買い取ったりするケースもあるのです。

あなたは人気車を所有しており、買取店はその人気車を欲しがっています。
あなたは、需要と供給の関係では、供給側にいて買取業者を選べる立場にいるわけです。

不人気車は、必ず安く買い叩かれるのか?

答えは「ノー」です。

最近では「ホワイト」「ブラック」「シルバー」「ダークブルー」以外のカラーは不人気です。
また、不人気車とよばれる車は流通台数が少なく、新車時に売れていない車は中古車では引き合いが多かったりするケースもあります。

中古車店では、ラインナップに揃えたいケースもあり、一般的な不人気車が不人気でないケースもあるのです。
これらを中古車店とユーザーを結び付けるのが買取店の力の見せ所でもあります。

特に専業店として、特定車種を集めているお店では、不人気車を長期在庫とさせない回転力があるのです。

特定車種に強い専門性の高い業者

全国に沢山ある買取業者ですが、特定の車に特化して専門に買い取っている業者があります。
高級車や趣味性の強い車は專門の買取業者が存在します。
專門買取業者は、専門車種で強い販売力がありますので、一般的な車の買取業者に比べると査定額が高くすることが出来るのです。
その買取力としてのネットワークを生かし、特定車種の人気を上げ、回転を速くすることが出来るのです。

たとえば、ランクル専門店やスープラ専門店など、年式が古く解体屋行きの車両を多数集めることで専門性と特定ユーザーを集めて価値を出すイメージです。
外車であれば特定メーカーだけを集めることで、認定中古車ディーラー並みの集客力やノウハウをアピールできるようになります。

ネット買取では、そのような専門業者へ見積を依頼できる可能性も高まりますが、地元ではそのような専門性のある業者が無いケースもあります。

査定の時間から見た見極め方

業者により査定時間は様々ですが、平均30分という所でしょうか。
買取店へ持ち込むケースでは、お茶を飲みながら待つというイメージです。
あまりにも時間が短いケースは買取の意思がなく、査定額も厳しい額を付けるケースが多いようです。

査定後の理由なども具体的にしっかりと説明するなど、対応内容の誠実さなども査定額と同様に判断すべき材料にしたいものです。

査定時のマナーとして愛車をキレイにしておく事は基本中の基本です。
不具合の箇所は修理しても査定で元は取れませんので、ありのままを見せる事が重要です。

査定額から見た見極め方

人気車、不人気者に関わらず、数社の買取見積査定を行うと、高価格の人気車では数十万も開きが出てくるケースがあります。
このように買取は一社で決めるのではなく、複数の買取業者で査定を受ける事です。
複数業者から査定を取ることは査定額だけでなく業者の対応力なども比較対象に出来るのです。
出来れば3社以上の車買取業者に査定を申し込んで、全ての買取業者から査定額が出るのを待ちたいものです。

愛車の売却まで時間があるのであれば、なるべく早く買い取り査定の申し込みを行うことで高額査定に巡り合う確率も高まります。

まとめ

買取業者から見れば、あなたの愛車は宝に見える場合もあります。
少しでも愛車を高く売るには、時間と手間暇を惜しまずに買取業者を選んで売ることです。

ネットの一括買取査定は、愛車を高く売るためのツールとして有効活用したいものです。


コメントを残す