BMWオーナーの引越しと買い替え時期とは

(Last Updated On: 2018年6月7日)

転勤や就職、ライフスタイルの変化に合わせて、お住まいの転居、引越しする機会が訪れるかもしれません。
その時、長年連れ添った愛車の見直し時期でもあります。

BMWを手放すことも必要になるかもしれません。

ライフスタイルの大きな変化

結婚、出産、引越しなど、生活環境の変化で、愛車売却の検討が必要になる時期です。
せっかく購入した愛車も乗らなくては、無駄に維持費がかかるだけです。
それは、思い切って処分するタイミング・時期でもあるのです。

海外へ転勤する

日本に保管場所があったとしても乗らなくなるのであれば、愛車を処分するのが無難でしょうか。
家族全員が海外へという場合は、売却となります。
単身赴任の場合も家族で使わなければ、売却するケースが多いです。

豪雪地帯へ引越し

夏のシーズンでの引越しは問題になりませんが、雪国や路面凍結の多い地域、山岳部など「4WD車に買い替え」が必要となるでしょう。
やはり、日常的に使うケースであれば4WD車の安心は必要であり、2WDを売却するケースが多いです。

都心部へ引越し

バスや鉄道、地下鉄などが代替となる交通手段が発達しており、それらの交通手段に慣れてしまい、車が不要となるケースです。
車が無いと不便だろうという感覚で月数万で駐車場を確保したものの、あまり乗らずに1年で売るケースも多いです。

駐車スペースが狭い

全幅1800mmや全長4700mmの駐車スペース制限で、今までの愛車が駐車できず、売却するケースもあります。
複数台を所有していた場合、駐車台数分のスペースを確保できず、台数を減らすことも必要になります。

遠方への愛車を搬送

引越しの荷物は、業者にお任せがほとんどですが、愛車は自分で運転という方も多いです。
しかし、遠隔地となると運転も大変です。車の運搬も業者に委託すると便利です。
車の引越しも業者に任せてしまいましょう。

引っ越しもネットでお任せ

引っ越し業者もネットで見積もり査定をお勧めします。

コメントを残す