中国株下落によるBMWやVWなど自動車メーカーの影響

「彼らはBMWに乗って市場に登場し、自転車に乗って撤退する」
まさに、この形容がふさわしい見事な下落ぶり。
50%近い下落は、100万が50万。1000万が500万になってしまう
ことを意味し、株素人の一般人がこぞって投資に参加し、
相当数が損害を被ったことになる。
中国のオリンピック景気は、何処へやら・・・である。
というよりも株価バブルが正常な状態に戻っただけなのかもしれない。
しかし、旺盛な中国市場は今後も所得を伸ばし、株価の下落影響を
あまり受けず、自動車市場も拡大して行くのだろう。
さて、日本市場は、原油高と原材料、食料の高騰により、物価高も重なって消費が減退傾向である。それと連動してか、不況とは縁の無い高級車市場も不振になってきているようである。ベンツやBMW、レクサスなどの高級車も今年度に入ってやや売れ行きが鈍ってきている。
BMWも売れ行きの減退をお買い得モデルの投入で切り抜けるのか、
新型A4とCクラスが追い上げるなか、熟成の3・5シリーズの動向に注目していきたい。

>2015/10
タイトルの記事を書いたのが2008年。

2015年の今はどうなっているのだろうと株価を見てみると

上海総合の株価指数
2008年:4000円→2000円
2015年:5000円→3000円

2008年当時の株価下落からすると2015年の方が影響は少ないように見える。
しかしGDPが日本を数字的に越えているとされる現在、
株価バブルの崩壊に伴う市場に与える影響は計り知れない。

金融市場の混乱で欧州自動車メーカー(特に高級車)への影響が大きく
尖閣問題でダメージを受けてシェア下降気味の日本車がシェアを回復する可能性もある。

急激に成長した自動車市場が、不動産・金融バブル崩壊に伴い、
異常だった自動車の売れ行きが平常運転に戻るだけなのかもしれない。

中国現地の贅沢禁止令と公務車両への国産車奨励により、BMWやアウディ、メルセデスの販売に影響が出ている模様。

中国ではディーゼル車が不人気のため、VWの排ガス不正問題による影響は軽微である。
しかし、ニューズは中国国内に流れており販売への影響は避けられないと思われる。

直噴ターボで出遅れた日本車

レクサスNXやレボーグで直噴ターボ車を発売し出した日本車勢。
欧州車に出遅れること4・5年だろうか。

nx-coupe

日本車は、ダウンサイジングターボ(直噴ターボ)ではなくハイブリッド(HV)に注力していた分、出遅れた感がある。

マツダもデミオの1.5Lディーゼルターボの実燃費が、トヨタアクアに迫る燃費を叩き出しており、
ディーゼル車や直噴ターボに注目が集まるところだろう。
トヨタとBMWの提携も両者の弱点を補完し合う点で、開発が遅れていた点を熟知していると思われる。

日本のユーザーでは、「ターボ=燃費が悪い」と「ディーゼル車=公害」という図式のイメージが成り立っていた。
少なくとも1980、90年代のターボ車は燃費が悪く、ドッカンターボのイメージが強かった。

しかし、欧州の最新直噴ターボは、燃費も向上、最大トルクは1000回転前半から幅広い回転数で効果を発揮。
多段AT化も相まって低速トルクのターボは、ガソリンNAエンジンを凌駕する燃費を叩き出すようになった。
また、ダウンサイジングという気筒数の削減と排気量の削減効果も大きい。
低い回転数のため、エンジンの騒音も低減する効果を生み出した。

エンジンコストでは、エンジン単体で見れば小排気量エンジンとなりコストダウン。
高圧の燃料噴射システムとターボがコストアップになる。
しかし、ハイブリッドのモーター・バッテリーに比べれば、コストアップ分は微々たるものである。

プリウスを主軸としたハイブリッドシステム(THS2)も他車に展開され、燃費は良いものの、
パワーと燃費の両立しているとは言いがたい。

今後、日本車メーカーもダウンサイジングターボのエンジンをラインナップを増やす予定ではある。
リッター10キロ以上をマークしてしまうダウンサイジングターボが、日本車でも増えてくる事が予想されるが、
燃費重視のハイブリッドに対して、パワーとそれなりの燃費をマークする直噴ターボとの競合が発生してくるだろう。

トヨタはHVとダウンサイジングターボの棲み分けを行うのだろうが、他メーカーがそれを許さない。
今後の動向が注目されるところである。

プジョー206のピンクラテ・レースカー

大阪のユニーバーサル・スタジオ・ジャパン外にあるショップ沿いにあるお店にこの車がある。
コンセプトとしては、
ピンクラテホールディングス株式会社の自動車製造事業「ピンクラテレーシング」がイメージのお店です。
ピンクラテユニバーサル・シティウォーク店のテーマは、「カーレースサーキット場」
このお店のオーナーのキャサリン&メアリーは、レースクイーン姿で、来店をお待ちしております。
・・・とのこと。
pink latte レースカー プジョー206
車はプジョーの206だろうか。ピンクのカラーリングが良く似合う。
ヨーロッパではBセグメントのコンパクトクラスに属するのが、プジョーのセカンドグレードとなる206。
長く切れ長のヘッドライトなど、アグレッシブでスポーティなエクステリアデザインは、
外部デザイナーではなく社内デザインチームによって手がけられている。