GT‐R、ニュル7分26秒70 タイム更新!しかし・・・

シボレーコルベットZR-1の市販車最速記録、7分26秒4
には、届かず・・・。残念。
まあ、コンマ0.3秒ってことで、時間の問題かも。
このロングコースをかなり攻め込んでいるのが、確認できるし、タコメーターの針も5千回転以上をキープし、緊張感あふれる走りが展開される。
GT-Rのパワーは、485psと
上記をはるかに凌駕するV10やV8ターボを持つBMWも
ガンダムマシンのGT-Rには、マシン全体のポテンシャルがかなわない。
今回は、クレーマーのポルシェ対策も万全のようで、
どのような反論があるのか興味のあるところ。
年々、熟成を遂げるGT-R。
車として、魅力があるかどうか・・・好き嫌いは別として、
日本メーカーのチャレンジについて、応援したい。

醜い車ベスト100

醜い車ベスト100
http://www.telegraph.co.uk/motoring/main.jhtml?xml=/motoring/2008/08/29/mfcars5.xml
イギリス誌の選んだ結果なので、かなり偏りがあることは言うまでもないが、
面白い結果である。
アクの強い最近のBMW車の多くがワーストに入っているが、
3,5シリーズが入っていないのがポイント。
また、「それなりに売れた車」がランキングに顔を出しているところは、
「好き嫌いが激しい車」なのかもしれない。
好き嫌いや編集者の趣向が強く反映された結果で、かなり??ではあるが、客観的に見てもカッコ悪いだろうと判断される「Fiat Multipla」が2位にいたので、△としておこう。
美しい車ベスト100
http://www.telegraph.co.uk/motoring/main.jhtml?xml=/motoring/2008/03/15/mfcars5.xml
これもイギリス車が上位にあって、偏った結果を考慮しつつ見てほしい。
美しい車には、日本車がほとんど登場してこないが、歴史が浅いことに起因しているのだろうか。
個人的には、このランキングの中に何台か登場しても良さそう。
また醜い車で、日本車がそれなりに登場するのは、無個性などと呼ばれる日本車であるが、デザイン的にはアクの強い車も多数あるという事か・・・

ボルボのナビ設定

ボルボS80は、カーナビがディーラーオプションになっており、
インポーターは、メーカーに働きかけてほしい・・・という記載が雑誌にあった。
他の欧州車でも、BMWやメルセデスのミドルクラス以上は標準装備である。
また、カーナビ以外の機能との連携もBMWのiドライブを筆頭にユーザーには
インパクトのある装備に違いない。
しか~し、カタログ上の見栄えは良いものの、使い勝手や機能は国産車に劣るのだ。
たしかに日本ではナビを重要視するユーザーも多いことも事実だが、
ボルボS80のような高級セダンだから、なんでもかんでもナビを標準
するべきでは無い。
まして、ナビがディーラーオプションだから購入を諦めるユーザーが多いとも思えない。
よく見るとHDD・DVDで地デジナビ・・・と劣っているようにも思えない。
むしろ、BMW純正ナビから見えば羨ましいぐらいだっ。
この雑誌編集者は、欧州車の純正ナビに対する不満の声の多さを知らないのだろうか。
市販ナビと同等レベルの開発をナビメーカーと一体になって行う国産車と違い、
欧州車は地図にしても、機能にしても数年のタイムラグがある。
古臭いナビを高級車ユーザーは望んでいない。
付いていれば良いという訳ではないのだ。
「ナビに不満を言ってはいけない・・・BMW乗りなら走りを重視しろ・・・」的な
ご意見を頂いたこともある。
もはや、欧州車の純正ナビの性能の悪さは、常識の領域に入りつつある。
そんな中で、ディーラーオプションのボルボ・・・貴重な存在である。