BMWブログの反則ワザ

盗用写真で溢れる某ブログでの反則ワザを紹介。

ケース1.

写真のコピー元を明示しない。

ケース2.

写真のコピー元を明示しているが、写真や本文をほとんど引用し、
コピー元の明示など、何の役にも立たない。

ケース3.

本家のサイトで、写真掲載では、あたかも盗用サイトオリジナルのような掲載の仕方。
本家のサイトでも、盗用元のサイトURLぐらいは、最低限明示すべきだろう。
怒涛の著作権違反のオンパレードである。
これからブログを立ち上げようとしている方は、著作権違反がOKだと思ってはいけない。
これが、自動車サイトだから、盗用元サイトも大目に見ているだけであって、
アイドルやアニメサイトであれば、即警告・裁判なのだ。
著作権を甘く見てはいけない。

用写真で溢れる某ブログでの反則ワザを紹介。

ケース4.

あるスクープ系欧州サイトでは、写真で無断コピーや無断盗用を防止するため、
写真上に、コピーライトの記載を目立つように行っている。
しかし・・・盗用サイトでは、写真の「コピーライトをトリミングして消去し」、
あたかもオリジナル写真のように整形して掲載している。
そこまでして、スクープ写真やCG写真を載せたいのだろうか。
よほど、ネタに困っているのだろう。
オリジナルサイトは、探せば簡単に見つかるのだが。
パクって、トリミングまで行っている愚かな行為をネット上に晒しているようなもの・・・であるが。
そして、転載するだけでなく、トリミング(改変)
まで行う、著作権に対するモラルの欠片の無さ。
最低・・・

ケース5.

(1)コピーブログBサイトにて、本家Aサイトのコピー写真を掲載する。
(2)別サイトCにて、Bサイトより・・・とコピー写真を掲載する。
別サイトCでも、コピー元の本家Aサイトの出所を明記すべきであるが、
Cサイトでは、Bサイトがオリジナルであるかのような掲載の仕方。
最低・・・
自動車ブログオーナーの皆様。
運転マナーが問われる欧州輸入車ブログの皆様。
せめて、ネットマナーだけでも遵守しましょうね。^^

ニュース記事のブログ引用を認めるサービス

詳細は、リンク先を参照してほしいが、
合法的なサービスとしてニュース引用を認めるサービスである。
ネット上では、写真や記事の全文コピペなどの、著作権無視の行為が
行われている無法地帯である。
活字であれば、販売差し止めなど(最近ではドラえもん最終回?)となるが、
ネット上・・・特にブログでは、開き直り状態である。
そうした由々しき事態に対して、大手ブログサービスはいち早くこのサービスに対応している。
広告を表示する対価としてニュース記事を提供するサービスであり、
ニュースはタダでは無い事を明確に示している。
写真をそのまま、HPやブログにコピペする行為は、著作物の盗用を読者に周知しているようなもの。
愚かな行為は即刻止めるべきだろう。特にアクセス数のあるサイトは、他のブログの模範となるべきである。
大手ブログサービスも、正しい方向に向かってサービスを提供していくべきなのだが、多数の著作権無視ユーザーを抱えていることにより、ブログサービスを継続・発展させてきた歴史があるため、無法ユーザーを取り締まることが出来ない事が問題。
日本のブログユーザー数は、世界一だそうである。
だが、モラルの低さも世界一かもしれない。

BMW関連ブログは無法地帯

BMW関連ブログをイロイロ覗いてみると、
M3post.comのコピーライト入り画像が溢れかえっている現状・・・。
なんじゃこりゃー。
他メーカーの関連ブログは、ここまでヒドくないぞ~。
本来、手本とならなければいけないブログが率先して著作権違反を犯している中では、他のブログもパクリの嵐となってしまっている。ブログオーナーとして最低限のマナーを守ろうとする環境が整うハズも無い。
朝日新聞が読売新聞の記事をパクって陳謝しているニュースが流れた。
基本的にWEBサイトのフッターには、
>本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます
のような注意書きが書かれている。
ネットのマナーとして、ヘッドラインの引用は判例的に認められているが、
記事の全文引用や写真の盗用などは、言語道断なのだ。
よって、リンクを張ってコピー元を明示したところで、写真の盗用は×なのだ。相応の取材費をかけて製作したニュースサイトはタダでコンテンツを盗まれてしまうのでは、ニュースサイト自体が成り立たなくなる。
これを読まれているBMW関連ブログオーナーの方は、今からでも遅くはない。即刻止めるべきだろう。
ブログってなんだろうか。
ただ、関連ニュースサイトのRSSをかき集めて掲載することに意味があるだろうか。ブログで真にアクセス数を稼いでいるサイトは、ニュースの単なるコピペサイトではなく、自分の考えを自分の言葉で大量に書き綴っているブログではなかろうか。

人気のウェブログは頻繁に無断引用

人気のウェブログは頻繁に無断引用ということらしいです。
まあ、ニュースサイトは、自らのネタは皆無ですから、
他サイトからの引用ということになりますね。
引用についての解説がある。
ここでは、
>あとは丸写しにしたようなものは、引用には当たらない。
→これは、転載になる。
写真などがこれに該当する。掲載元を掲示したとしても、写真はダメである。
アニメやアイドルの写真をパクるのは、躊躇して行わない方も多いハズである。
(すぐにクレームがきたり、損害賠償が怖いからである)
ただ、上記以外の写真パクリは、躊躇しない例も多い。
(クレームがこないパターンが多いからか)
少なくとも、アクセス数の多いサイトが率先してやるべきでは無い。
これから始めるブログは、「あっいいんだ。パクって」と気軽に始めるからである。
■まとめ
1.引用は無許可でも行える。しかし、引用元を明示する事は必須である。
2.丸ごと全文コピーペースト的な記事は、引用にあたらず、転載「パクリ」になる。
3.写真は、コンテンツそのものが著作物であり、写真は引用でなく転載「パクリ」になる。
  写真の転載は、無許可で行ってはならない・・・ぞと。
HPやブログは、コピーペーストで簡単に複製が作れてしまうことから、
安易なコピー「パクリ」が発生しやすい。当サイト内コンテンツでも
不具合や指摘があれば随時、修正していきます。

ブログやHPの著作権とは

ネットにおける著作権の侵害~あなたは大丈夫ですか?
ということで、私もHP立ち上げ当初に、読者から頂いた
写真をそのまま掲載したところ、写真は発売したばかりの雑誌から
スキャンしたものであった事が、別の読者からの指摘で判明。
すぐに削除した覚えがあります。
他のHPでは、写真にコピーライトが入っていても堂々と掲載していたり、
ブログだから何でも良いという、もう開き直りの状態になっています。
当HPもアクセスが多くなり、他のHPに引用されることが多くなってきたので、
あらためて著作権について、考えていこうと思います。
<非営利目的の個人のブログ・HP>
定義は曖昧ですが、少なくとも広告収入があるHPは営利目的となり、
個人利用の範囲を超えますので、引用元の許諾が必要になります。
ネットの著作権については、これからも関連する情報を載せていきます。

“ブログやHPの著作権とは” の続きを読む