GT5 1.10「チャンピオンシップレースの中断と再開」

大きなバージョンアップである。
数々の機能追加は、後述を参考にしていただくとして、
やはりユーザーにとっては、チャンピオンシップレースの中断と再開の機能だろう。
特にフォーミュラグランツーリスモで気合と集中力が足りずに中断してしまった私にとって、朗報である。
ある意味、単発レースと意味が無くなってしまっているかもしれないが、
フォーミュラグランツーリスモのチャンピオンシップだけは、
難易度と集中力の両方を要求されるだけに、この機能は必須だと思う。
このシリーズを気合でクリアした達人にとっては許せないかもしれんが。
さて、PS3の本体バージョンアップを先に確認してから、GT5をアップさせる。
380MBということで、そこそこ時間がかかる。
本体起動後、Araiのヘルメットシーンからスタートする。
これ凄い宣伝効果だろうか。
全然、関係ないけど、マグナムトルネード

【GT5 1.10主要な機能追加、変更点】
・ウェアアイテム
レーシングヘルメット、レーシングスーツから構成されるウェアアイテムが導入されました。あなたの分身であるAスペックドライバーや、Bスペックのマイドライバーに着用させることができます。
ウェアイテムにはたくさんのバリエーションがあり、GTモード開始時に数セットがプレゼントされるほか、オンラインイベントで勝利した場合などに手に入れることができます。お気に入りのアイテムを着用したドライバーをプロフィールフォトに設定してみましょう。
詳しくはゲームトップ画面->[マニュアル]->[GTモード]の「ウェアイテム」をご参照ください。
・配信イベントの特別キャンペーン
期間限定ですべてのイベント報酬を3倍にアップし、ホットカーディーラーに登場する車種をすべて新車状態(走行距離0km)かつ半額で販売します。
・配信イベントへの賞品導入
成績に応じてウェアアイテムやクルマなどの賞品がプレゼントされる配信イベントが登場します。
イベントによって賞品の内容や獲得条件は異なりますので、[GTライフ]->[配信イベント]内の各イベント詳細をご確認ください。
・セッティング画面でのパーツ購入
セッティング画面で未購入のパーツにカートアイコンが表示され、その場で購入できるようになりました。購入したパーツはすぐに装着状態になります。
詳しくはゲームトップ画面->[マニュアル]->[GTライフ]の「セッティング」をご参照ください。
・敵車のAIアルゴリズムの改良
敵車AIの探索範囲拡張と思考アルゴリズムの改良しました。
・チャンピオンシップレースの中断と再開
[GTライフ]内Aスペック / Bスペックイベントのチャンピオンシップレースにおいて、個別のレースが終了した時点で表示されるクイックメニューに中断ボタンが追加されました。
中断ボタンを押すと、その時点までの戦績をセーブしてイベントが中断され、ゲームが一度終了となります。次回ゲーム起動時に続きからチャンピオンシップレースを再開できます。
・楽曲の追加
エンディングムービー(ショートバージョン)再生後に、ボーナス楽曲として「Day To Live / daiki kasho」が追加されるようになりました。
【その他の変更点】
– Bスペックの耐久レースで休憩中のドライバーの体力が確認できるようになりました。
– ガレージで[乗り換え順]でのソートができるようになりました。
– [セッティング]の[ウェイト調整]で、バラスト位置を変更した際の前後重量バランスを表示するようにしました。
– プロフィール画面にAスペックドライバーが表示されるようになりました。
– Bスペックのピットメニューで、ピット作業が指示できる時間を「カウントダウンの“0”まで」から「車両が停止するまで」としました。
– ミュージックアルバムのソート順を改善しました。
– コースメーカーで作成したコースをアーケードモードやGTモードのコースアルバムから選んだ時に、最大16台でシングルレースができるようになりました。(アップデート前に作成したコースやダートなど一部を除く)
– 3D対応テレビを接続していない場合でも3D写真が撮影できるようになりました。
– 3D写真のXMB(クロスメディアバー)上[フォト]へのエクスポートに対応しました。

フォーミュラグランツーリスモ セッティング

色々と試行錯誤してみたが、曲がらない、ハンドリングがシビアになるなど、
どうしてもフォーミュラグランツーリスモのセッティングとして、ベストなハンドリングが得られない。
そこで、ネットを検索してみる。
・車高:-2 / 0
・スプリングレート:17.4 / 17.5
・ダンパー伸:8 / 7
・ダンパー縮:6 / 6
・スタビ:5 / 5
・キャンバー:3.5 / 2.5
・トー:0 / 0

とりあえず、上記の吊るし状態で走ってみる。
嘘のようにド安定した走り。
さらに、オーバーホール、オイル交換でパワーアップ
20周と集中力を維持するのが厳しいが富士のシケインショートカットヘタさをカバーすることで、2,3位のポジションをキープして走行出来る。
慣れてくることで残り2周でトップに立てた。
チャンピオンシップでは、通して勝つことは厳しそうだが、このセッティングで行って見ようと思う。

ヒストリック・レーシングカー・カップ攻略

ヒストリックカーに出れる車は、高くて買えない。
とりあえずカウンタックをフルチューンするが、
ディープフォレストで、コーナーが曲がらない。
コブラも手に入れるもののコーナーが曲がらない直線番長。
仕方なく、Bスペックのライク・ザ・ウィンドでトヨタ7を入手。
■ディープフォレスト攻略
高回転ターボを付けて、ディープフォレストに挑む。
コース的に慣れているせいか、セッティングは吊るし状態でゴールドをゲット。
■コートダジュール攻略
コート・ダジュールに挑む。コースも慣れていないせいか、走り方・リズムがわからない。
特に海沿いのシケインは、リズミカルに走る練習が必要だろう。
車のセッティングもタイトコーナーが全然曲がらない。
これは、サスセッティングを変えないと勝てない。
ということで、
トヨタ7のセッティング。
車高:F-25/R+5
スプリングレート:F17/R16
スタビライザー:F5/R7
キャンバー:F2.5/R1.5
トラクションコントロール:3
で挑む。
ただ、先頭を走るシャパラル2Dが速くて追いつかない。
気持ち早めのブレーキングで、慎重にノーズをコーナー出口へ向け、
脱出速度を早めるライン取りを心がけることで、トップになれた。
トップに立てれば、あとはミスしなければ、ゴールドゲットだろう。
現在、Aスペ・レベル24・・・フォーミュラ・グランツーリスモが手付かずの状態。

GT5 スペックB 攻略法

ドライビングは、コンピュータが勝手にやってくれる。
ドライバーの性格や車の特性を理解しながら、的確な指示を送ろう。
最初は、車の性能を重視し、規定に提示されたタイヤに履き替えよう。
勝てない場合は、積極的に良い車に乗り換えよう。
■指示の仕方
ペースダウン :ペースを落とし冷静さを保つ。
ペースキープ :ペースを維持。COOL
ペースアップ :ペースアップ。HOT
オーバーテイク :ライバル車を積極的に抜く。
ライバル車に接近した場合、自動的にHOTになる。
指示は30秒間だけ有効。
(指示後、10秒のウェイト)
■テンション
冷静 <-> 熱い
遅い <-> 速い
正確 <-> ミス
■体力/精神力
ゲージが減少してくるとペースダウンする。ミスもしやすくなる。
LV20以降の2人以上で行うレースでは、ピットで休んでいるドライバーのゲージは徐々に回復していく。
■HOT/COOL
HOT :テンションが機敏
COOL:テンションが鈍感
■ライバル車との距離
近い <-> 遠い
熱い   冷静
レベルの低いうちは、ベースアップでスピンしまくり。
スペックAでキリギリ勝てた車で、スペックBで勝つのは、相当厳しい。
基本的に、車の性能を極限まで上げて、放置プレイ(ベースキープ)で勝てる車がラク。

ドリーム・カー・チャンピオンシップ攻略

エクストリームシリーズの最後となる。
色々な車種混合レースであるが、ジャガー XJR-9 LM レースカー ’88 (スペック:927PS 894kg)が飛びぬけて早い。
トヨタ ミノルタトヨタ 88C-V レースカー ’89で戦うのが妥当。
これで勝てない場合は、フォーミュラグランツーリスモで参戦すれば、ワントライでイケるだろう。
スーパースピードウェイ – インディ 10周
モンツァ・サーキット 10周
東京・ルート246 10周
サルトサーキット 2009 3周
ニュルブルクリンク 24h 3周
大雨が降っている時は、迷わずレーシングレインを選ばないとまともに走れない。
曇りがちなときは、賭けでスリックのままでも良いだろう。
このチャンピョンシップをクリアするには、
400pt、5戦中4勝(ゴールド)すれば、良いだろう。
これで、フォードGT LM レースカーが手に入る。
さらに、グランドフィナーレのムービーが見れる。
ちなみに、ヒストリック・レーシングカー・カップは、まともな車が無くて参戦できないのと、
フォーミュラ・グランツーリスモ選手権は、全然歯が立たず、ドリームカーが先になってしまった。

X2010の入手方法

まずは、レッドブル X2010プロトタイプのポテンシャルから
1500psのV6直噴ツインターボは、1500psを発生。545Kgの乾燥ボディに
マシン下部の空気をファンによって強制的に吸い出し、強力なダウンフォース発生させるファンカーの仕組みを追加。
圧倒的なコーナリングスピードを誇る。
ニュルでは1分4秒台という強烈な速さを生む。
入手方法は、
1.Aスペック:LV30になり、レッドブルX1チャレンジ
→ たぶん、多くの方は、このクリアが早いだろうか。
2.Bスペック:LV35達成で貰う。
→ 長ーい道のり。
3.LV40達成
→ もっと長ーい道のり。ディーラーで20億出して買う。

レッドブルX1チャレンジ(3戦)
・ニュルブルクリンクGP
・モンツァ・サーキット
・鈴鹿サーキット
全ブロンズ獲得でX1 S,VETTELゲット
全シルバー獲得でX1ゲットを入手
全ゴールド獲得でX1 Prototypeゲット
気合を入れて頑張ってみたい。

NASCARシリーズ 攻略

NASCAR参戦マシン、ストックカーで争われる全5戦のチャンピオンシップイベントである。
重いマシンは、1500キロオーバーで、自在に操るのは難しい。
スーパースピードウェイ – インディ 5周
グランバレー・スピードウェイ 5周
ハイスピードリンク 5周
ラグナセカ・レースウェイ 5周
スーパースピードウェイ – デイトナ 10周
インディコースは、最高速360,370キロ設定で、コーナー手前で軽いアクセルオフかブレーキだけで楽勝だろう。
グランバレーは、気を抜くと勝てない。
最高速300キロ、トラクションコントロールを効かせるのは必須。
ブレーキの効きもアップさせる。
あとは、早めのブレーキングと1周目でなるべく1位に立つことがポイント。
単独レースで練習を勧めたい。
ハイスピードリンクは、最高速360,370キロ設定で、コーナー手前で早めのターンインで楽勝だろう。
ラグナセカも、気を抜くと勝てない。
最高速300キロ、トラクションコントロールを効かせるのは必須。
それでも1速フルアクセルでは、大パワーでドリドリしてしまうので、車体を安定させた加速体制がポイント。
ブレーキの効きもアップさせる。
あとは、早めのブレーキングと1周目でなるべく1位に立つことがポイント。
単独レースで練習を勧めたい。
デイトナは、最高速400キロ、その他空気抵抗、走行抵抗になるものを全てオフするが、先頭集団についていけない。
何かが足らないのだろう。1位になる攻略法を試すも上手くいかず。
とりあえず、上記でチャンピオンシップに挑んでみる。
5レースの内、3レースで1位になれば、総合ポイントでゴールドになれるだろう。
なるべく3レースは、確実に1位になる様、練習すれば、ゴールドクリアは確実。
ただ、今までのチャンピオンシップに比べて難しかった気がする。

グランツーリスモ・オールスターズ攻略(その2)

AUDI R10 TDI ステルスのフルチューンで5戦を勝てるハズであるが、
気を抜くとミスってやられてしまう。
やはり他車のポテンシャルが高いからである。
エクストリームシリーズの「ライク・ザ・ウィンド」で貰える「ミノルタトヨタ 88C-V レースカー ’89」をチューンして参戦すれば、R10よりも高いパフォーマンスで有利に進められるだろう。
それでも、気を抜いてコースアウトしたりスピンすると抜かれる可能性はある。
5戦を通してすべてゴールドを取るのは、集中力との戦いか。
さて、5戦を通しで行わず、それぞれ単独でゴールドを取得し、
チャンピオンシップでは、「金・金・金・銅・銀」という結果だったが、
これで、ゴールドをゲットした。
う?ん。仕組みがよくわかっていないが、全てゴールドを通しでゲットしなくても良いようだ。

グランツーリスモ・オールスターズ攻略

ライバル車もパワーウェイトレシオ的に競合多し。
アウディR10のフルチューンでもチャンピオンシップレースの5戦を通しで、ゴールドゲットするのは、厳しい。
952PS 900kg 日産 R92CP レースカー ’92
940PS 983kg ザウバー メルセデス C9 レースカー ’89
927PS 894kg ジャガー XJR-9 LM レースカー ’88
921PS 900kg 日産 R89C レースカー ’89
919PS 850kg ミノルタトヨタ 88C-V レースカー ’89
918PS 900kg ペスカローロ C60 Hybride-ジャッド レースカー ’05
特に後半の慣れない・不得意なコースでは気が抜けない。
慣れているコースは、ちょっとしたミスもリカバリー可能なのだが、
不慣れなコースは、ミスが致命的。
コースアウトなどで、3秒失ってリカバリーできない。
結局、不得意なコースはミスを誘発させなければ、R10かマクラーレンF1なら勝てるという感じだろうか。
全戦ゴールドにするには、もうすこし練習が必要なようだ。
さて、クリスマスプレゼントでもらった
「ジャガー XJ13クロームライン」ヒストリック・レーシングカー・カップに出れないじゃん。バグか・・・。
金が無くて、このレースに出れず。。。

グランツーリスモ・ワールド・チャンピオンシップ攻略

参加可能レベル 14
出場ルール 無制限
・サルトサーキット2009、2周、27258.0m
・ニュルブルグリンク 北コース、1周、20832.0m
・マドリード市街地コース、5周、16937.5m
・ケープリンク、5周、35350.0m
・グランバレー・スピードウェイ、5周、24724.0m
上記5コースを通しで勝つ。
車は、無制限ゆえに、一番強い車がいい。
それは、アウディR10 TDIステルスモデルだろうか。
素のままで、いける。
ハイパワーと1tを切る軽量ボディは、他のGTカーを寄せ付けない。
他のステルスモデルは、チューンが必要だったり、相性が良くなかったりするので、R10が最強かと思う。
5レース通しってことで、気合と精神力が必要で、
マドリード市街地あたりから、集中力が落ちてくる。ケープリンクあたりは、ダラダラって感じ。
このコース、別に5週もいらないだろ?。
グランバレーは、R10に不向きなタイトコーナーが多いが、
コーナー手前で確実に減速し、圧倒的なパワーで立ち上がれば、ラップタイムは速い。
5コース全て、ゴールドを余裕?でゲット。
ブガッティ ヴェイロン 16.9 ’09が貰えた。
その後、GT5のエンディングムービーが流れた。
あれっ。ここで一旦フィナーレか。
ムービーはプロローグに比べても物足りない。
リピートして見る気もしない感じ。