BMW新直列4気筒ターボがデビュー

(Last Updated On: 2013年5月3日)

直列6気筒は消えるかもしれない。
衝撃的なニュースである。
欧州のダウンサイジング、メルセデス、アウディの直4ターボの波は、BMWにも押し寄せてきたと言える。
頑なに守り続けてきた6気筒は消えるのだろうか。
新エンジンの概要
・排気量:1997cc
・直列4気筒ツインスクロールターボ
・最大出力は245ps/5000rpm
・最大トルクは35.7kgm/1250rpm
馬力は、3.0Lの直6モデルにやや劣るが、トルクはターボ車の威力である。
これに8速ATを組み合わせる。
まず、X1の2.8iに搭載され、順次、他のモデルに展開していく予定。
(2.8L級のパワーということだろうか)
最終的に直6エンジンは、335i/535i/740iに搭載されたターボモデルだけになるのだろうか。
シルキーシックスを愛するBMWオーナーにとっては、衝撃的なニュースである。
他メーカーにも採用された4気筒ターボは、軽い・燃費が良い・・・とメリットが多い。
いわば、官能的な回転フィール、静粛性などは優先順位が落とされてしまった。
プレミアムブランドといえども、時代の波には逆らえないのか。
X1シリーズ(BMW E84)
>2011/11/30
以下のラインナップで登場。
上位シリーズの価格設定と比較するとかなりお買い得な価格設定である。
X1 xDrive20i 2.0リッター直列4気筒DOHCツインパワー・ターボ・エンジン
184ps/5,000rpm,27.5kgm/1,250-4,500rpm 8速AT  4,240,000
X1 xDrive28i 2.0リッター直列4気筒DOHCツインパワー・ターボ・エンジン
245ps/5,000rpm,35.7kgm/1,250-4,800rpm 8速AT  4,950,000
なにしろ同一エンジンは、5シリーズF10にも搭載され、それぞれ610,715万円だからである。


コメントを残す