BMW E36情報(3シリーズのスペック・カタログ)

BMWのE36のカタログ情報。3シリーズ(3代目)の歴史やスペックとして、E36型(セダン/クーペ/カブリオレ/ツーリング)、E36/5型(コンパクト)を解説します
318ti 318i 320i 323i 325i 328i M3 B3のラインナップです。

セダンの写真

BMWのE36概要

BMW 3シリーズの3代目となるBMW E36は優れたパッケージングとスタイリングで、コンパクトセダンとしても不動の人気を確立したモデルです。、DセグメントのベンチマークモデルとしてもライバルのメルセデスE190の影響を受けて、ボディサイズも先代E30型よりも大型化。

日本未導入のツーリングも含め、先代に引き続き世界的ベストセラーとなり、3シリーズブランドとしての地位を築きました。

BMW E36の特徴

  • 後期モデルのエンジンは全車DOHC化でパワーアップ
  • VANOS搭載による低速域もトルクアップ。
  • FRとして前後重量配分を理想的な50:50として ベストなハンドリングを実現。
  • 先代E30に比べボディも居住性と対衝突安全性向上が図られサイズアップした。
  • 4灯ヘッドライトはクリアカバー化。
  • 4ドアモデルはプレスドア採用等、空力特性アップ。
  • リアサスは、従来のセミトレ式からセントラルアーム(マルチリンク式)に進化

M3も3リッターとなり後期モデルでは3.2リッターまで進化。3ドアハッチバックのtiモデルも追加された。モデルラインナップの多角化は、BMWにおける3シリーズの販売台数の高さを表しています。

クーペ

BMW E36の歴史

溯ること1966年登場の2000系。コンパクトスポーツセダンの傑作:1975年のE21は約136万台のセールスを記録した。1982年デビューのE30。そして1991年E36デビューです。

1990年06月:E36セダン、プレスリリース

全世界234万台のセールスを記録した2代目、3シリーズ(BMW E30)から8年ぶりのフルモデルチェンジ:そしてE36セダンドイツ本国デビュー。:エンジン、316i(100PS)、318i(113PS)、320i(150PS)、325i(192PS):
最高速、0-100km、318i(186km.10.8sec)、320i(197km.10.6sec)、325i(218km.8.3sec):

1991年5月:セダン日本導入発表

セダン日本導入発表

1991年7月:318i/325i日本発売

318i、325i(左ハンのみ)日本デリバリー開始:318i GM製4AT、当初レギュラーガス仕様、カムがベルトからチェーン変更時にハイオク指定になる。(先代E30末期デビューのDOHC4気筒)

  • 91年製の直6モデルはZF製5AT
  • 92年からJATCO製5ATに変更:この年式はバンパーが未塗装もポイント

1991年9月:320i日本発売

320i右ハンドル日本デリバリー開始:2リッター直6DOHC 24バルブM50型で先代E34でデビュー、燃料噴射はボッシュM3.1シーケンシャル

1991年秋:クーペ・ドイツショーデビュー

フランクフルトショーでクーペデビュー:セダンとホイールベースは共通でフロントノーズ80ミリ延長、車高45ミリダウンの流麗スタイル:
エンジン、318iS(DOHC M42)、320i、325i

1991年12月:320i左ハンドル日本発売

320i左ハンドル日本デリバリー開始

1992年1月:クーペ・米国ショーデビュー

デトロイトショーでクーペ発表

1992年4月:クーペ・日本導入発表

クーペ日本導入発表

1992年5月:325iクーペ日本発売

325iクーペ日本デリバリー開始

1992年7月:320iクーペ日本発売

320iクーペ日本デリバリー開始:セダン、クーペ系のジオメトリー、ブッシュ類の変更、カラードバンパーに変更:

1992年10月:M3クーペ・米国、フランスショーデビュー

パリサロン、デトロイトショーでM3クーペ公開:まもなくM3クーペ発表:
エンジン、3リッター286PS、32.6kg

1992年11月:VANOSエンジン改良

6気筒M50エンジン改良(VANOS採用)

1993年5月:M3クーペ日本導入発表

M3クーペ日本導入発表、3リッター直6の新型DOHCエンジン搭載:318isクーペ(右ハン4AT)日本導入発表:

1993年6月:325iカブリオレ、M3クーペ日本発売

325iカブリオレ、M3クーペ日本デリバリー開始:無段階カムシャフトコントロールVANOSを全直6エンジンに搭載

1993年7月:318isクーペ日本発売

318isクーペ(右ハン4AT)日本デリバリー開始

1993年10月:318isクーペ(5MT)日本導入発表

318isクーペ(左ハン5MT)日本導入発表

1993年11月:318isクーペ(5MT)日本発売

318isクーペ(左ハン5MT)日本デリバリー開始:4気筒M42エンジン改良(DiSA採用):

1994年2月:318tiプレスリリース

3ドアハッチバックモデルとなる318tiコンパクト発表

1994年3月:1994年型のM3クーペ日本発売

94年型M3クーペ日本デリバリー開始(受注分のみ)

1994年秋:M3カブリオレ、ショーデビュー

M3カブリオレ発表:パリサロンでM3セダンデビュー:M3セダン発表:
オールアルミの新エンジンM52型投入。21キロのダイエット。2.5、2.8リッター

1995年1月:318ti日本導入発表

318tiコンパクト日本導入発表:318i助手席エアバッグ標準:

1995年2月:318ti日本発売

318tiコンパクト日本デリバリー開始:最高速、0-100km、318Ti(202.36km、10.76sec):

1995年8月:328i日本発売、マイナーチェンジ

E36インテリア328i日本デリバリー開始:エンジンはオールアルミの新エンジン2.8リッター190PS(新エンジンM52型):
(プッシュ式オートエアコン採用、ボディ強化等):最高速、0-100km、328i(234.14km、7.2sec):

1996年2月:323iセダン、クーペ日本発売

323iセダン、クーペ日本デリバリー開始:エンジンはオールアルミの新エンジン2.5リッター170PS
tiコンパクトのソフトトップモデル350台限定。96年モデルM3登場。エンジンが3.0LITER-286psから3.2LITER-321ps、35.6kgへパワーアップと軽量化。

1996年6月:318isクーペの排気量アップ

318isクーペ直4DOHCを1.8から1.9新エンジンへ

1996年7月:318tiの排気量アップ

直4DOHC1.9新エンジンをtiコンパクトにも搭載

1996年11月:320iのエンジン変更

一時販売中止の320iセダン日本デリバリー開始:エンジンはオールアルミの新エンジン2リッター版投入、空調プッシュ式、グリル形状変更(より丸っこくなった)、カラードバンパー&サイドステップ&リアスカート(カッコ良い)、ガングリップタイプAT、ASC/T追加、ハンドルのエアバッグ形状も変更

1998年:1998年イヤーモデル改定

98年型モデルの発表。E36クーペはMエアロ標準で価格据置のお買得、ホワイトウインカー、その他小変更。
クーペモデルにサイドエアバッグ追加、、モデル末期も着実に進化を遂げる

1999年:4代目E46型へバトンタッチ

クーペ&M3の受注生産継続。tiは生産継続 :全世界275万台のヒットを記録、そして3シリーズ累計では650万台を記録。
ドイツ市場ではセダン55%、クーペ15%、コンパクト15%、ツーリング10%の比率:1998年3月ジュネーブショーにて4代目、3シリーズ(BMW E46)デビュー、日本では98年9月新型E46登場により8年ぶり世代を交代した。

同年末にM3の生産を終了。(E36 M3の累計約7万2000台)

E36のスペック・サイズ・エンジン

(ボディ・エンジン)

E36クーペ

サイズ セダン クーペ
全長 4435 4435
全幅 1695 1710
ホイールベース 2700 2700

 

プラスパッケージ(1996)装備内容 セダン クーペ
205/60R15タイヤ+7.5J*15アロイ
鏡面仕上げウオールナットウッドパネル
電動サンルーフ
電動リアポップアップウインドー
赤外線キーレスエントリー
スポーツパッケージ(1996)装備内容
MエアロF/R/サイドステップ
225/50R16タイヤ+7J16アロイ
Mスポーツサス 標準装備
Mレザーステアリング
スポーツシート 標準装備
クロスレザーコンビシート
電動サンルーフ

 

形式 318i 320i 323i 328i
車重 1300 1380 1400 1420
排気量 1795 1950 2493 2793


E36 4気筒エンジンスペック一覧(欧州仕様)

モデル表示 316i 318i 318is、ti
エンジン型式 直列4気筒 直列4気筒 直列4気筒
シリンダーブロック材質 スチール スチール スチール
カムシャフト駆動方式 チェーン チェーン チェーン
ヘッド機構、バルブ数 SOHC/2 SOHC/2 DOHC/4
吸気、燃焼方式 クロスフロー クロスフロー クロスフロー
可変吸気 DISA DISA DISA
ボアストローク 84.0*72.0 84.0*81.0 84.0*81.0
総排気量 1596 1795 1795
圧縮比 9.7 9.7 10.0
使用燃料 RON(CN) 95 95 95
燃料噴射装置 マルチポイント マルチポイント マルチポイント
最高出力 102/5500 115/5500 140/6000
最大トルク 15.3/3900 17.1/3900 17.8/4500
車両重量 1265 1280 1315
馬力対荷重比 12.4 11.1 9.4
標準タイヤ 185/65R15H 185/65R15H 205/60R15V
標準ホイール 6J*15 6J*15 61/2J*15
変速機 5MT,4AT 5MT,4AT 5MT,4AT
0-100km/h加速(4AT)sec 12.7(14.2) 11.3(12.3) 10.2(11.6)
0-1000m加速(4AT)sec 33.8(35.3) 32.4(33.6) 31.1(32.7)
80-120km/hMT4速加速sec 12.2 10.5 10.7
最高速度 (4AT) 195(192) 200(201) 213(207)
燃費、90km/h巡航 17.8(16.9) 17.5(16.6) 15.6(15.6)
燃費、120km/h巡航 13.7(13.3) 13.5(13.0) 13.0(12.6)
燃費、市街地 10.6(9.5) 10.4(9.1) 10.6(8.8)
平均燃費 13.5(12.5) 13.1(12.2) 12.0(11.7)
設定ボディタイプ セダン
クーペ
コンパクト
セダン
コンバーチブル
セダン
クーペ
コンパクト

※ATは、GM製4AT

E36 6気筒エンジンスペック一覧(欧州仕様)

モデル表示 320i 328I M3-3.2
エンジン型式 直列6気筒(M52型E36搭載)
シリンダーブロック材質 アルミ
カムシャフト駆動方式 チェーン
ヘッド機構、バルブ数 DOHC/4
吸気、燃焼方式 クロスフロー
可変吸気 VANOS吸気 VANOS吸気 無段階可変VANOS吸排気
(旧3.0は吸気のみ)
ボアストローク 80.0*66.0 84.0*84.0 86.4*91.0
総排気量 1991 2793 3201
圧縮比 11.0 10.2 11.3
使用燃料 RON(CN) 95 95 98
燃料噴射装置 マルチポイント
最高出力 150/5900 193/5300 321/7400
最大トルク 19.3/4200 28.5/3950 35.6/3250
車両重量 1360 1395 1460(1535、旧3.0)
馬力対荷重比 9.1 7.2 5.4
標準タイヤ 205/60R15V 205/60R15W F225/45-R245/40ZR17
標準ホイール 61/2J*15 7J*15 7.5/8.5J*15
変速機 5MT,5AT 5MT,5AT 6MT(6速100キロ時2200回転),SMG
0-100km/h加速(5AT)sec 9.9(10.6) 7.3(7.8) 5.5(6.0、旧3.0)
0-1000m加速(5AT)sec 30.7(31.9) 28.0(28.5) 24.7(25.6、旧3.0)
80-120km/hMT4速加速sec 9.7 7.6 (6.4、旧3.0)
最高速度 (4AT) 214(214) 236(232) (257.47、旧3.0)
燃費、90km/h巡航 15.3(16.9) 16.1(17.2) 15.3
燃費、120km/h巡航 12.6(13.7) 12.8(13.3) 13.7(12.7、旧3.0)
燃費、市街地 8.8(8.3) 8.6(8.0) 7.7
平均燃費 11.6(11.9) 11.7(11.6) 11.0
設定ボディタイプ セダン
クーペ
コンバーチブル
ツーリング
セダン
クーペ
コンバーチブル
ツーリング
セダン
クーペ
コンバーチブル
コンパクト

E36 M3 S50/M50エンジンのスペック

モデル別 M3 3.0 325i(323i)
形式 S50 M50
シリンダー材質 スチール
バルブ DOHC4バルブ
可変吸気機構 無段階VANOS VANOS
総排気量 2990 2493
ボアストローク 86.0×85.7 84.0×75.0
圧縮比 10.8 10.5
最高出力 285/7000 192/5900(170/5500)
最大トルク 32.6/3600 25.0/4200(25.0/3950)
ギアボックス ゲトラク製5MT JATCO製5AT
タイヤ 235/40ZR17 205/60R15V
ホイール 17X7.5J 15x7J

アルピナB3-3.0/1のスペック・サイズ・エンジン

モデル アルピナB3-3.0/1スイッチトロニック(1995)
全長/全幅/全高/ホイールベース/車重 4435*1695*1380/2700/1330kg
形式
シリンダー材質 スチール
バルブ DOHC4バルブ
可変吸気機構 VANOS
総排気量 2997
ボアストローク –x–
圧縮比 –.-
最高出力 256/5700
最大トルク 32.6/4400
ギアボックス 5AT/BMW+ZF製5HP18スイッチトロニック
タイヤ F235/40ZR17、R265/35ZR17
変速比 3.665/1.999/1.407/1.000/0.742
最終減速比 3.727
価格 816.0万

 

  • E36-5AT
    92年式以降は日産車でおなじみの3モードATはJATCO製、91年式320、325iはZF製。
  • VANOS:可変バルブタイミング機構により低中速トルクアップ(93年式~)
  • W-VANOS:ダブル可変バルブタイミング機構(E36-M3/3.2)

上記の数値はヨーロッパ仕様の為、日本仕様と異なる場合があります。

E36のメンテナンス費用

E36 328iクーペ

項目 パーツ価格 作業工賃
E36エンジンオイル交換6.5L 9500 1500
E46エンジンオイル・フィルター交換 ~20000 ~5000
ATフルード交換10L 2.5万 5000
ATオーバーホール 34万 6万
ブレーキパッド交換F/R 23600 5000
ブレーキローター交換F/R 33600 1万
ブレーキフルード交換 4000 3000
エアコンガス充填 1.7万 2200
冷却水交換 7000 4400
パワステフルード交換 2000 2000
エアクリーナー交換 3150 500
フロントダンパー交換L/R 4.5万 1.1万
リアダンパー交換L/R 3万 1万
サスブッシュ交換F/R 2.8万 4000
エンジンマウント交換 2万 4800
ミッションマウント交換 5000 2600
社外品ローダウンスプリング ~4万 ~4万

 

  • パーツ価格はBMWジャパン調べ(価格は予告なく変更する場合があります)
  • 作業工賃はあくまで参考レベル(形式、年式、エンジンなどにより上下する場合があり)

E36 純正ホイール

クリーニング費用 某外車販売専門店
ポリッシュ 40,000~
デントリペア1箇所 10,000~
ウインドリペア1箇所 15,000~
室内クリーニング 7,000~
シート補修(焼け焦げ)1席 10,000~
洗車費用 某洗車専門業者
外装 30,000~
室内 30,000~

価格は「某店」の為、あくまで参考程度です。。

  • 純正オーディオ(1DINサイズ)を外した位置に社外品の取り付け
    「E36用キット カナック製 KK-G32DE」
    一般カーショップでも取り寄せ可能ですが、BMWに強いショップがお勧め(欧州車雑誌参照)
  • E36型のM3中古車購入時のチェックポイント
    S50エンジンのVANOS(可変バルブタイミング機構)は、強度不足によるボルトの劣化が故障を誘発するケースがあるので、エンジンヘッドの異音やアイドル不調、
    低中速のトルク不足な車には注意したい。 初期モデルのSMGは、故障の頻度が高く、メカニズム的に注目されるが、中古車として見た場合は、迷わずMTモデルを選びたい。
  • 天井の剥がれも目立つ。ボンド・接着剤を注射器で注入する技がDIYとしてお勧めである。

BMWのE36関連情報

BMW E90 E91 E92 E93情報(3シリーズのスペック・カタログ)

5代目のBMW3シリーズとして、E90セダン E91ツーリング E92クーペ E93カブリオレのスペックやカタログ関連情報を整理しました。
グレードとして320i 323i 325i 330i 335i M3 B3 BiTurboのラインナップです。

BMW E90概要

BMW 3シリーズの5代目となるBMW E90型です。コンパクトスポーツセダンとしてDセグメントのジャンルに属します。4ドアセダンのE90。ツーリング(ワゴンタイプ)のE91。2ドアクーペのE92。2ドアクーペのオープンモデルとなるカブリオレがE93型です。

ボディサイズはやや大型化し、欧州Dセグメントのジャンルに属するが、 4600ミリ以下の全長は、その中でもコンパクトな部類に入り、日本の道路にベストマッチ。後席の居住性もライバルにひけを取らない広さです。先代に比べボディ剛性アップと車幅の拡大によりハンドリングの安定度は増しつつ、ハンドリングはファンな走りを楽しめます。充実した装備とアクティブステアリングも魅力です。
エンジンも量産車世界初となる軽量マグネシウム合金製クランクケース採用、直列4気筒2リッターNA(320i)から直列6気筒3リッターツインターボ(335i)、さらにV型8気筒4リッター(M3)まで非常に幅広いラインナップとなっています。

エクステリアデザインの担当は、日本人の永島譲二氏。BMW E90より、3シリーズもランフラットタイヤを採用しており、当然スペアタイヤは搭載していません。3シリーズとしてのクーペ・カブリオレモデルは、E92/E93が最終型となり、次期モデルは4シリーズとなりました。また、NAエンジン搭載モデルも、この型が最終型です。


BMW E90のポイント

  • idriveコントローラでナビやオーディオ、各種設定を集中コントロール
  • ランフラットタイヤの採用
  • 4気筒/6気筒/V型8気筒など幅広いエンジンライナップ
  • 335iで初のツインターボエンジン採用
  • 6速ATの採用
  • 車体剛性の向上

E90 E91 E92 E93の歴史

年月 内容
2013/07/05

M3クーペの生産終了

本国ドイツ・レーゲンスブルク工場での生産が終了し、3シリーズのM3クーペとしての幕を閉じた。

M3クーペとしては、2代目3シリーズ(E36/1993)に登場し。4代目3シリーズ(E92/2007)で終了となり、4シリーズへバトンタッチする。
M3のネーミングはセダン向けとして、今後も継続される。

2013/04

M3 クーペ DTM Champion Edition

2012年DTM(ドイツツーリングカー選手権)においてDTM優勝を記念して、
DTMチャンピオンエディションを限定発売。(世界限定54台)1263万円
フローズン・ブラック・メタリックのボディカラーとクロームブラックアウトされたメッキ類、ホイールが特徴的。

  • ドライバーズチャンピオン(ブルーノ・スペングラー選手)
  • マニュファクチャラーチャンピオン(BMWメーカータイトル)
2012/12

初代4シリーズのF32クーペ登場

5代目の3シリーズのクーペ・カブリオレからシリーズ独立を図り、初代4シリーズのF32クーペがプレスリリース。
シリーズのカウントアップにより、ボディの大型化とラグジャリーのランクアップを果たす。

2011/10

M3クーペに限定車

M3 Frozen Silver Edition

Frozen Silver Edition(フローズン・シルバーのカラー)全国30台限定:価格1243万円(2011/12~)

 

フローズン・シルバー・エディションM3

ダーククローム処理されたエクステリアパーツ
マットブラック調19インチホイール
専用セッティングのEDC、DSC

 

2011/10

6代目、3シリーズ発表

6代目、3シリーズ(BMW F30)セダンのリリース発表
日本では、2012年春フルモデルチェンジにて、新型にバトンタッチ。

2011/06

M3 CRT

CRT:カーボン・レーシング・テクノロジーというカーボンで軽量化された限定生産67台のモデルである。
ボディ各部にCFRP素材を多用。チタンマフラーで軽量化した車両重量は1580キロに軽量化。
M3 GTSと同型式のエンジンを搭載し、450ps/44.kgmのパワートルクは最強モデルにふさわしい。
・7速M DCT:13万ユーロ

 

2010/10

M3クーぺ・コンペティション

ファイヤーオレンジの専用カラー、専用マットブラック19インチアルミ、カーボン(スポイラー、ミラー、インテリアパネル等)
M Drive、EDC、DSC、Mエンジン・ダイナミックコントロールを標準装備。
・7速M DCT:1213万円
・6MT:1163万円

2010/08

320iセダン・ツーリング、エクセレンス エディション

オイスター色のダコタ・レザー専用シート、ハイグロス・ブラック・インテリア・トリム、クロームの各種パーツ
17インチアルミ・Vスポーク・スタイリング285
セダン476万円(180台)、ツーリング497万円(70台)の限定生産モデル

2010/08

320iセダン・ツーリング、Mスポーツ・カーボン エディション

Mスポーツパッケージ、カーボンパーツ、ブラックキドニーグリル、専用のグレーメタリック色ホイール、ダーククロームの各種パーツ
BMW Performanceペダル・シフト系パーツ、専用アルカンタラ・スポーツ・シート
18インチアルミ・ライト・アロイ・ホイール・スター・スポーク・スタイリング193M
セダン506万円(70台)、ツーリング523万円(40台)の限定生産モデル

2010/05

LCIマイナーチェンジ・モデル追加

変更内容

  • FRバンパー形状変更、ヘッドライト、グリルのワイド化、ボンネット、サイドシルのボリュームアップ、LEDテールランプ など細部のディテールを変更。

E90セダン・E92クーペ共通変更内容M3 E92クーペ 

  • 320i:2.0直列4気筒エンジンの直噴化(リーンバーン)出力と燃費を向上
  • 325i:3.0直列6気筒エンジンへ。(排気量アップ3L化)
  • 335i:新型3.0直列6気筒シングルターボ(ツインスクロールターボ・バルブトロニック)
  • BMW EfficientDynamics(エフィシェント・ダイナミクス)の環境性能向上により、エコカー補助金制度の対象に。

その他燃費向上の装備

  • ブレーキエネルギー回生システム(マイクロ ハイブリッド テクノロジー)
  • ギヤポジション表示(シフト・インジケータ)
  • 燃料噴射制御での燃費向上(圧力制御式燃料ポンプ)
  • エアコン未作動時のエアコン・コンプレッサー切離での燃費向上(カップリング付きエアコン・コンプレッサー)

3シリーズ・マイナーチェンジ(2010/5)

  • 4/6気筒エンジンに高精度ダイレクトインジェクションシステム採用
  • 一部にマイクロハイブリッド、エンジンオートスタート/ストップ機構により燃費向上
  • 4気筒モデル320iセダン、ツーリング、クーペに、最大200気圧に加圧燃料を直線噴射
  • 高精度ダイレクトインジェクション+希薄燃焼(リーンバーン)
    N43B20A型エンジン初搭載
  • 6気筒モデル325iセダン、ツーリング、ツーリング
  • クランクケースの一部に軽量マグネシウム合金採用による軽量化
  • 高精度ダイレクトインジェクション+希薄燃焼(リーンバーン)
    N53B30A型エンジン初搭載
  • 6気筒シングルターボ335iセダン、ツーリング、クーペ、カブリオレ
  • ツインパワーターボ+ダイレクトインジェクション+無段階可変バルブタイミング機構(バルブトロニック)
  • MT車
    エンジンオートスタート+ストップ(アイドリングストップ)機構
    シフトインジケーター
  • 共通装備
    電動パワーステアリング(アクティブステアリング装着モデルとM3を除く)
    マイクロハイブリッドテクノロジー(回生ブレーキ)
    燃費向上により、対象10モデルが新車購入補助金制度の対象。

E92クーペ2モデル追加、325Xiの販売終了。

  • 320iクーペ:6速MT(右)468万円:直列4気筒DOHC 2.0リッター
  • 325iクーペ:6速AT(右)598万円:直列6気筒DOHC 3.0リッター
2010/04

M3クーペスペシャルエディション登場

3色のカラーラインナップと専用エクステリア、19インチアルミの装備で、限定12台

2010/03

335is北米専用モデル登場

北米専用モデル:N54型直噴3.0L直6ツインターボをチューン
320ps/5900rpm、45.9kgm/1500-5000rpm(オーバーブーストモード:51.2kgm)

2010/01

M3のセダン・クーペにコンペティションパッケージ追加

北米専用モデル:M3のセダン・クーペにコンペティションパッケージを追加。
各種専用装備(エンジンは変更なし)
・10mmローダウンのサス、19インチの専用タイヤ&アルミホイール。
・EDC(エレクトロニック・ダンピング・コントロール)
・DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)
2010春 米国販売。
・M3セダンの5万6275ドル(約510万円)
・M3クーペの5万9275ドル(約535万円)
上記プラス2500ドル(約23万円)がコンペティションパッケージの追加費用。

2010/01

2010年モデル

LCI(ライフサイクルインパルス)フェイスリフト要旨

  • 全グレード装備追加
    ブレーキエネルギー回生システム、電動パワステ、電動エアコンコンプレッサー
  • クーペ・カブリオレ(E93N)
    バンパーのエアインテーク形状変更(シルバーのバーが追加)
    ヘッドライト形状変更(ライトカバー上下に半透明部分があり)
    キドニーグリル形状変更(平面的→立体的に)
    テールランプがF01トレンドのデザインへ変更
    シフトノブが5シリーズと同様のシルバー調に(セダンは、前期モデルと変化無し)
  • ステアリングパドル(形状・操作)変更:右側パドルでシフトアップ、左側パドルでシフトダウン
  • 335i:エンジン型式をN54型からN55B30A型に変更。(直噴・シングルターボ・バルブトロニック)
  • 4気筒6速MT車:アイドリングストップとシフトアップインジケーター搭載。(EU仕様)
  • ツーリング:316dを設定。320/318/316dのディーゼルエンジン搭載車がセダンと共通化。(EU仕様)
2009/11

M3 GTS限定車登場

E92 M3クーペのレース専用仕様、V8エンジンは4.4リッターに拡大し、パワーは450ps/8300rpm 44.9kgm/3750rpm。各種レース向けのチューニングが施される。サイド・リヤウインドーはポリカーボネイド、カーボンパーツ多用により70kgの軽量化により、車重を1530キロ。価格はノーマルM3の5割り増し。200台限定。

2009/10

320iスタイル・エッセンス登場

スタイル・エッセンスのモデルを追加設定。
320iセダン399万円、ツーリングが424万円として、ナビ等の一部装備を削り、標準価格を下げた。
独立開閉式リヤ・ウインドーやハロゲン・ヘッドライト、
コンフォート・アクセス4ウェイ電動フロント・シート、
マルチファンクション・レザー・ステアリング・ホイールなどを装備。

2008/11

LCI・マイナーチェンジ(日本)


ビッグマイナーチェンジを実施。

  • 日本専用仕様として、ドアハンドルの形状変更により、車幅を1815→1800ミリへダウン。
    (対象は右ハンドルのみ。左ハンドルは注意。)
  • ナビも日本仕様へカスタマイズ
  • 320i/156psへアップ
  • iDriveの操作性アップ。ダイヤル周りにダイレクトキーを配置。現在地ボタン
  • ナビの機能を大幅に向上させた。
  • BMWエフィシェントダイナミクスダイナミクスへステッカーの変更
  • トレッド変更F:5ミリ、R:20ミリ拡大
  • ボンネット、バンパー、ライト形状変更、テールランプのL字型LED化
  • 330Xiの販売終了。
2008/10

320iM Sports Plus限定車

セダン・ツーリングMスポーツにお買い得なCarrozeriaNavi(HDD/地デジ/7型モニター)を装備

2008/9

マイナーチェンジ(本国)

内外装の変更。335iにDCT設定。320i/170ps化。ナビの仕様変更等。外観はキープコンセプトだが、詳細はかなり変化。

2008/6

M3のセダン/クーペ M DCT搭載

7速のM Double Clutch Transmission(M DCT)を搭載し加速性能も向上。価格は47万円アップ。M3セダン1020万円/クーペは1050万円

2008/4

M3 コンバーチブル海外デビュー

7速のM Double Clutch Transmission(M DCT)を搭載。Mシリーズ初の電子制御油圧格納式ハードトップ

2008/5

320iセダン装備変更

ミラー内蔵ETC、マルチファンクションステアリング、コンフォートアクセス、ストレージパッケージ、ライトパッケージ、CDチェンジャー、ポプラウッドトリム、クロムテールパイプトリム
などを標準装備化。従来32万円の装備を5万アップに抑えた。416万(AT)405万(MT)

2008/4

320i/323iセダン特別仕様

2008/4~6末までの期間限定。スペシャルエディション。HDDナビを標準装備。 320i/409万円(MT)421万円(AT)、323i/497万円

320iオプション32万円分追加(価格改定):2008/4/24

3周年を記念して・・・ということで、4,5年がモデルサイクルの国産車であれば、ビックマイナーチェンジを行ってもおかしくない。
事実、海外ではフロントやリヤのイメージを変更したビッグマイナーチェンジのモデルがスクープされている。
言い換えれば、上記マイナーチェンジの為の在庫処分的な意味合いも強いかもしれない。
また、約32万円の装備充実で、価格は約5万円のアップに抑えていることから、
在庫処分?とは言え非常にお買い得と言えるだろう。
直近の円高や、メルセデスCクラス、アウディA4の新型デビューにより、ライバルに急接近されている3シリーズとしても魅力アップの装備充実は、購入層に訴えるインパクトになる。
しかし、最近になって320iを購入したユーザーにとっては、高い金額を払って装着したオプションであったり、高額な為、装着を見送ったかもしれない工場装着時オプションも含まれる為、ショックは大きいかもしれない。
充実装備は以下の通り。

  • ETC
  • マルチファンクション・ステアリング
  • コンフォート・アクセス
  • ストレージ・パッケージ
  • ライト・パッケージ
  • CDチェンジャー
  • ポプラ・ウッド・インテリア・トリム
  • クロム・テールパイプ・トリム

やはり、上記の内容を見てしまうと、今までのオプション価格は何だったんだろう・・・という疑問が沸き起こる。
国産車で言えば、4・5年でフルチェンジする事を考えれば、欧州車のモデルサイクルは2倍ぐらい長いのである。
大きなビックマイナー1回を含めて、小変更は毎年?のように実施されている。
E90もモデルサイクルで言えば、まだ中盤に差し掛かったばかり。
これからビッグマイナーを含めて小変更が実施されていくだろう。
ただ、現時点のユーザーはガックリしないで欲しい。
モデルサイクルが長いBMWは、フルモデルチェンジまで、まだ現行モデルとして活躍できるのだ。
さて、モデル末期のBMWは、精度もアップして非常に完成度が高く、装備も充実しており
一番のお買い得であることは、言うまでもない。
しかし、モデル末期ゆえに、まもなく新型・形式に切り替わり、旧型となる運命なのだ。
まれに旧型が人気を維持する場合もあるが、最近の自動車デザインは、旧型を一気に古臭く見えるほどデザインの変化が著しく、新型を真っ先に買うのが、一番お買い得なのかもしれない。
勿論、モデル末期に比べて、装備はスッピンで価格は高めであることがデメリットであるが、新型モデルの注目度は抜群である。

2007/11

325i装備変更/325xi追加

  • 325i : 価格据置でこの装備!iDrive ナビゲーション・パッケージ新機能、TVチューナー、コンフォート・アクセス、ストレージパッケージ、アダプティブヘッドライトとクロームテールパイプ。323iの販売終了し325iへ。
  • 325xi:新モデル追加。565万円。xDrive搭載の4WDモデル。
2007/11

320i/325iツーリング装備変更

  • 320i : 価格据置でこの装備!150->156ps、マルチファンクション・レザー・ステアリング、コンフォート・アクセス、ミラー内蔵ETC、ポプラウッドトリム、ライトパッケージ、ストレージパッケージ、CDチェンジャー、クロームテールパイプ
  • 325i : 価格据置でこの装備!iDrive ナビゲーション・パッケージ新機能、TVチューナー、コンフォート・アクセス、ストレージパッケージ、アダプティブヘッドライトとクロームテールパイプ
2007/10

E90セダンM3が本国デビュー

  • クーペと同じ顔のM3セダン。東京モーターショーで登場。
2007/09

323iセダン M-Sportパッケージに特別仕様車

  • 200台限定モデル。9/8より。ダコタレザー・コーラルレッド、320siの18インチアルミ。価格543万円
2007/09

M3日本発売

  • 9/15より。パワーウエイトレシオは3.7kg/ps。価格は996万円
2007/06

M3コンセプトカー登場

  • M5/M6のV10エンジンをV8化した、420psのエンジン搭載。価格予想980-1020万。日本導入はクーペのみ。カブリオレ、セダンの日本導入予定無し。
2007/05

323iセダン登場

E90インテリア

  • 177ps->190psへパワーアップ。燃費も9.9km/lと0.5向上。487万円(6AT)
2007/05

クーペ/カブリオレ登場

  • M-sportパッケージオプション設定を追加
2007/05

320iクーペ登場

  • 2リッター直4のE92クーペモデルデビュー 427万円(6MT)438万円(6AT)
    156ps/20.4kgm。M-sportパッケージオプション設定有り
2007/03

M3がモーターショーに登場

  • M3ショーデビュー
2007/02

335iカブリオレ

  • 3シリーズ初のメタルルーフのトランク自動収納。ダゴダレザー標準。
2006/10

335iセダン・335iツーリング追加。330iセダン終了

直噴ツインターボ335iエンジン搭載。セダン668万円。ツーリング688万円
新開発6速AT、アクティブステアリング、iDriveナビ、レザーシートを標準
330iの販売を終了し、335iへバトンタッチ。バルブトロニックエンジンは今後、直噴エンジンへ切り替わる。

2006/09

335iクーペ追加

E92クーペがラインナップ追加。直噴ツインターボ335iエンジン搭載。
ボディパネル各部をセダンと大幅差別化。従来の3シリーズとは異なる流れ。
テールランプは、E65後期の流れ。4名定員化。価格は701万円(税込)
クーペ専用ボディはセダンより10キロの軽量化。

2006/08

600台限定モデル

BMW-JAPANの25周年記念のdるアニバーサリーエディション。320/323iにダゴダレザーのインテリア。17インチアルミを装備の特別仕様。

2006/05

320iツーリング追加

  • 320iのみ。装備内容も320iに準拠。
  • テールゲート、リヤ・ウィンドー独立開閉。自動開閉式ラゲージ・エリア・カバー標準装備
2005/10

モデル追加

  • 320iはバイ・キセノン・ヘッドライトを標準装備。
  • 323iを追加。直列6気筒2.5のデチューン版177ps/23.5kgm。325iセダンは受注生産。
  • 325i M-Sportを追加。M-Sportパッケージ、iDriveナビ、TV標準装備
  • 330xiを追加。xDrive搭載の4WDモデル。
  • 325iツーリングを追加。シートを倒せば巨大な1358Lの荷室スペースが確保。
2005/04/13

E90日本発売

7年ぶりにフルモデルチェンジ。4代目、3シリーズ(BMW E46)からバトンタッチした5代目3シリーズ。
320iセダン、325iセダン、330iセダンの3モデル4仕様。マグネシウム合金の新型6気筒エンジンを搭載。

2005/02

2005春の日本導入決定

  • トランク容量は460L(E46比で20Lアップ)でクラストップレベル
  • コーナリングヘッドライトをオプション装備
  • アクティブステアリングをオプション装備
2004/10/26

E90の概要を正式発表

  • 2005年春開催されるジュネーブモーターショー前に正式発表
2004/08

E90カタログ流出

欧州で発表前のカタログがネット上に流出
全容が明らかに

  • 全幅はなんと前代5シリーズ(E39)を越える1817ミリ
  • ボディの大幅拡大による居住性アップ。
    →そんなものは求めていない日本市場(狭いなら5シリーズを買う)
  • 直6モデルはバルブトロニックのN52B30新型エンジン(マグネシウム合金クランクケース)
  • 6AT標準
  • 後席にも5シリーズ同様、エアコン噴出し口
  • E87に標準の先進装備がE90にも装備
  • BMWチーフ(クリス・バングル氏)デザインは相当押さえ気味で、かなり万人向きのデザイン

E90/E91/E92/E93の前期と後期の違い

マイナーチェンジの内容(2010/1)

  • 全グレード装備追加
    ブレーキエネルギー回生システム、電動パワステ、電動エアコンコンプレッサー
  • クーペ・カブリオレ(E93N)
    バンパーのエアインテーク形状変更(シルバーのバーが追加)
    ヘッドライト形状変更(ライトカバー上下に半透明部分があり)
    キドニーグリル形状変更(平面的→立体的に)
    テールランプがF01トレンドのデザインへ変更
    シフトノブが5シリーズと同様のシルバー調に(セダンは、前期モデルと変化無し)
  • ステアリングパドル(形状・操作)変更:右側パドルでシフトアップ、左側パドルでシフトダウン
  • 335i:エンジン型式をN54型からN55B30A型に変更。(直噴・シングルターボ・バルブトロニック)
  • 4気筒6速MT車:アイドリングストップとシフトアップインジケーター搭載。(EU仕様)
  • ツーリング:316dを設定。320/318/316dのディーゼルエンジン搭載車がセダンと共通化。(EU仕様)

マイナーチェンジの内容(2008/11)

  • 日本専用仕様として、ドアハンドルの形状変更により、車幅を1815→1800ミリへダウン。
    (対象は右ハンドルのみ。左ハンドルは注意。)
  • ナビも日本仕様へカスタマイズ
  • 320i/156psへアップ
  • iDriveの操作性アップ。ダイヤル周りにダイレクトキーを配置。現在地ボタン
  • ナビの機能を大幅に向上させた。
  • BMWエフィシェントダイナミクスダイナミクスへステッカーの変更
  • トレッド変更F:5ミリ、R:20ミリ拡大
  • ボンネット、バンパー、ライト形状変更、テールランプのL字型LED化
  • フロントライトのウインカーがLED(ボツボツが沢山)
  • テールランプの上部がホワイトからレッドへ(一見すると赤)
  • 330Xiの販売終了。
  • ステッカーの変更 : フロイデ・アム・ファーレン(駆け抜ける喜び)→BMWエフィシェントダイナミクス へ
  • 直4エンジン2.0のパワー・燃費が向上 : 150→156馬力、11.4→12.0km/l
  • テールランプがL型へ形状変更し、全面レッドのLEDテールへ
  • ドアミラーの形状変更、大型化
  • インテリアの各種ボタンにクロームのトリム(縁取り)が追加
  • iDriveのコントローラ周辺にショートカットのボタン7つが配置
  • チューナー部にTRF(交通情報)ボタンが追加
  • 運転席のパワーウィンドスイッチが2センチ後方へ配置。(操作性向上)
  • トレッドの拡大。フロント+5ミリ、リヤ+20ミリ
  • アクティブヘッドレストの全車標準装備化
  • ボンネット・バンパー等、各種形状変更

E90/E91/E92/E93のスペック(諸元)

E90/E91/E92/93 スペックの主要諸元( 320i/323i/325i/330iマイナー前)

E90 E91 E92E93 スペック
全長、全幅、全高 4520x1817x1424
ホイールベース 2760
最小回転半径 5.3m
トレッド F1500/R1513
車両重量 1460kg
1510kg
1525kg
エンジン 直列4気筒DOHC16V(320i)
直列6気筒DOHC24V(325/330i)
燃料タンク 60L
操舵装置 ラック&ピニオンパワー(車速感応式)
トランスミッション 6AT(ステップトロニック)
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rインテグラルアーム(マルチリンク)
ブレーキ F/Rベンチレーテッドディスク+ABS、EBD、ASC-T
アルミ/タイヤ 205/55R16/7J16(320/325i)
225/45R17/8J17(330i)
10・15モード燃費
最高速・0-100キロ 220/9.0sec
245km/7.0sec
250kmリミッター/6.3sec
標準装備(一部OPT)
定員5名
ABS/DSC/DBC/EBV
デュアルエアバッグ/サイドエアバッグ/ヘッドエアバッグ
電動格納ドアミラー/PS/PW/集中ドアロック/電波式キーレスエントリー・イモビ
ハイマウントブレーキランプ/フォグランプ
Pシート/ウッドパネル/ダイバーシティアンテナ/自動防眩ミラー
BMW-HIFIスピーカー/マルチインフォメーションディスプレイ
オンボードコンピュータ/オートエアコン/AUC(空気汚染物質関知内気循環)
iドライブ/アクティブステアリング(opt)

純正ナビ 2005年よりアルパイン製HDDナビに変更。
バージョンアップのHDD地図データVer4.X。33,600円なり

追加パッケージオプション(2005)
  • ■ハイラインパッケージ
  • マルチファンクションレザーステアリング/シートヒーター
  • 電動リアブラインド/ポプラウッドパネル/CDチェンジャー
  • ■ダイナミックパッケージ
  • スポーツサス(15ミリダウン)/バイキセノンライト
  • ヘッドライトウォッシャー/17インチアルミ+ワイドタイヤ
  • マルチファンクションレザーステアリング/シートヒーター
  • スポーツシート/クロス・レザーコンビシート/各種補助照明

335iクーペカブリオレ スペック

335iカブリオレ マイナー前 マイナー後 2010/04-
全長、全幅、全高 4590x1780x1385 4612x1780x1385
ホイールベース 2760
最小回転半径 5.3m
トレッド F1500/R1505
車両重量 1820kg 1810kg
エンジン 直列6気筒DOHC24Vツインターボ(前期)・シングルターボ(後期)
燃料タンク:燃費:CO2 63L:-.-:-.- 63L : 11.4km/L : 205g/km
操舵装置 ラック&ピニオンパワー(車速感応式)
トランスミッション 6速AT(ステップトロニック) 7速DCT
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rインテグラルアーム(マルチリンク)
ブレーキ F/Rベンチレーテッドディスク+ABS、EBD、ASC-T
アルミ/タイヤ F225-45R17/R255-40R17
ラゲッジ 160L
0-100km/h加速 -.- 5.7秒

335iクーペ スペック

BMW 335iクーペ マイナー前 マイナー後 2010/04-
全長、全幅、全高 4590x1780x1395 4612x1780x1395
ホイールベース 2760
最小回転半径 5.3m
トレッド F1500/R1505
車両重量 1620kg 1600kg
エンジン 直列6気筒DOHC24Vツインターボ(前期)・シングルターボ(後期)
燃料タンク:燃費:CO2 63L:-.-:-.- 63L : 11.9km/L : 196g/km
操舵装置 ラック&ピニオンパワー(車速感応式)
トランスミッション 6速AT(ステップトロニック) 7速DCT
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rインテグラルアーム(マルチリンク)
ブレーキ F/Rベンチレーテッドディスク+ABS、EBD、ASC-T
アルミ/タイヤ F225-45R17/R255-40R17
ラゲッジ -L
0-100km/h加速 -.- 5.5秒

 

M3 E92スペック

全長、全幅、全高 4615×1817×1418
ホイールベース 2761
最小回転半径 -.-m
トレッド
車両重量 1655kg(先代比95キロアップ)
エンジン V8 DOHC32V 420hp/8300rpm、40.8kg-m/3900rpm、0-100km/h4.8sec
燃料タンク 60L
操舵装置 ラック&ピニオンパワー(車速感応式)
トランスミッション 6MT
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rインテグラルアーム(マルチリンク)
ブレーキ F/Rベンチレーテッドディスク+ABS、EBD、ASC-T
アルミ/タイヤ
ラゲッジ

スペックの特徴

M DCT (ダブル・クラッチ・トランスミッション)

  • 新開発7段2ペダルM/TのM・DCT
  • 1、3、5、7速の奇数段と2、4、6速の偶数段を受け持つふたつの油冷湿式クラッチを持ち、わずか1000分の2~3秒で変速
  • パドルシフトまたはシフトレバーによるマニュアル変速も可能。
  • M・DCT搭載車は0~100km/h加速が5.1秒に向上、6M/T車を0.4km/リッター上回る燃費。
  • CO2排出量も6M/T車より16g/km少ない293g/km。
  • M5やM6のSMGと同様に、変速スピードの調整ができるドライブロジックを搭載。
  • マニュアルモードで6段階、オートマチックモードで5段階の調整可。
  • タコメーター内には8個のLEDを用いたシフトアップインジケーター装備。
  • 坂道発進を容易にするヒルスタートアシスト機能
  • 低速走行時、エンジンと変速機を自動制御するロースピードアシスタンス

320i写真

320d情報

日本未導入のBMW 320dについて。
欧州車市場は、日本市場と異なりディーセル車のシェアが非常に高い。
その中で、320dは、3シリーズの主力モデルとして100kmの距離を4.1リッター、CO2排出量109gという性能をマークする
エフェイシエント・ダイナミクス・エディションモデルが存在する。

BMW 320d
全長、全幅、全高 4531×1817×1421
ホイールベース 2760
最小回転半径 -.-m
トレッド 1506/1535
車両重量 1505kg
エンジン 直4DOHCディーゼル直噴ターボ
163ps/3500-4200rpm
360Nm/1750-3000rpm
燃料タンク 60L
操舵装置 ラック&ピニオンパワー(車速感応式)
トランスミッション 6MT
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rインテグラルアーム(マルチリンク)
ブレーキ F/Rベンチレーテッドディスク+ABS、EBD、ASC-T
アルミ/タイヤ 205/50/R16
最高速・0-100km/sec 225km・8.2sec

部品交換費用

一般ショップの価格例です。ディーラーでは~1.5倍程度の価格となります。
車種・年式、劣化具合により価格は変動します。あくまで最低価格として参考にして下さい。

  • エンジンオイル・フィルター交換:1.2万円~
  • エアフィルターエレメント交換;0.6万円~
  • 電動ウォーターポンプ交換:15万円~
  • CPU診断:0.5万円~
  • ベルト・ローラー・テンショナー:5万円~
  • インタークーラーホース:2万円~
  • 冷却液(LLC)交換:1.5万円~
  • イグニッションコイル:1.5万円~
  • エアコンフィルター交換;0.8万円~
  • ドアミラー交換;9万円~
  • ブレーキパッドローター交換:10万円~
  • スタビライザーリンケージ:2.5万円~
  • エンジンマウント交換:2万円~
  • サスペンションアーム交換:3.5万円~
  • ATF交換とスクリーン交換:8万円~
  • ジョイントディスク交換:5万円~

BMW E90の車幅が1817mmから1800mmに改善された裏話

発売前情報の全幅は1817mm


発売前にE90関連の情報がWEB上に流れた。E46からの正常進化版として、スタイリングもアクの強さを消して期待の持てる内容だった。
引っかかるポイントは1点だけ。車幅が1817ミリだったことである。 運動性能の向上は、数字からすれば当たり前である。

欧州車雑誌は、1817mmの車幅を肯定するコメントを掲載

E90発売前、E90のスペックがWeb上にリークした。車幅は、なんと1817ミリ・・・。3シリーズユーザーから驚きの声が上がる。
一方、輸入車専門誌では、1800ミリを肯定するようなメーカー擁護のコメントが目立った。トレッドの拡大による安定性、コーナリング性能アップなど、結果的に当り前なコメントも見受けられた。
3シリーズが、なぜ日本で人気のあるモデルなのか、本質的なことが全くわかっていないし、歴史的背景も理解していない。ユーザーが望んでいることすら、判っていないのである。雑誌編集者だか、自動車評論家だか知らないが、メーカーや雑誌にこびる・・・ユーザー無視の姿勢に閉口した。

自動車専門誌の某O氏のボディ拡大を賞賛するコメントは全く的外れであり、一般のユーザーにとって全く眼中に無い部分。
ボディ拡大をデメリットと受け止めユーザーの視点でコメントしている雑誌もある。しかし数は、ごく少数。
某O氏の75ミリの大幅拡大を正当化するコメントもありました。
過去1800ミリ以内でV8エンジン搭載車は数多くあり、M3用V8の搭載の為に拡大したという説明も、かなり見苦しかったのです。

E30→E36→E46と大型化する流れは許容範囲だったのかもしれないが、 E90 については物理的に拒絶するユーザーが出て来る状況にある。
3シリーズオーナーが1シリーズへ乗り換える動きが、現6気筒ユーザにまで及ぶかは微妙である。(2005)
実際の見た目は、ボディ上部の絞り込みによって、さほど大きくは見えない。
しかし、視覚的に小さく見えれば良いのだろうか・・・室内は、ガラスエリア上部の絞込みにより、75ミリアップの広さを体感出来ない。
一般の3シリーズユーザーにとっては、運動性能の向上よりも重要な部分が体感できませんでした。
右ハンドル車で不満の多い運転席の居住性や、後席のゆとりは、車幅拡大の数値ほど感じないのも残念である。
日産フーガ:1795ミリ、トヨタクラウン:1780ミリ、という数字からすれば日本市場に合致していない ことは明らかである。
居住性と安全性を両立しても1800ミリあれば十分という考え方も出来る。
コンパクトセダンの世界基準が1800ミリ超となり、日本の駐車・道路事情が改善されるようになるまでには、相当な時間がかかると思われる。
アメリカ市場をターゲットにした拡大なのか、欧州市場のニーズなのか、明確な答えは判らない。
少なくとも日本市場のニーズが完全に無視されている事は確かである。
フーガやクラウンよりE90 の室内幅は狭く感じられるし、横からの衝突に対する安全性が上回っているとは思えない。
居住性や安全性向上の為の車幅拡大、V8搭載用という説明に全く納得感が得られないのは、なぜだろうか。
世界標準の最新レクサスisは1795ミリ、アッパーミドルのGSでも1830ミリしかない。 欧州車の大型化は流れは、止まらないが、日本で転がすには「我慢」という選択肢しかないのか・・・。
右ハンドル車の不満同様、車幅拡大の不満も、世界市場から見れば「小さな不満」に過ぎず、日本市場は、これからも見捨てられる運命なのだ・・・。(2006)
メルセデスのニューCクラスの幅1770ミリには、大きな意味が込められている。室内の広さは同等レベルが確保されているようです。
国内販売も好調な3シリーズは、結果的に「1800ミリ超の車幅も問題なし」のような雑誌コメントも書かれるようになった。

これは論外だ。購入後のユーザーに狭い道路・駐車場事情を我慢しながら使っている声があることを無視してはならない。 結果的に売れてしまえば良いのか?。街中の駐車スペースは狭く、隣の車とのスペースは狭くなるばかりである。まだまだ
日本の道路事情は、改善されていない。 購入を止めたり、1シリーズに流れたユーザーがいることも忘れてはならない。(2007)

3シリーズの大型化など足元にも及ばないほど巨大化したアウディA4がデビュー。 欧州Dセグメントの巨大化の波は留まる所を知らない勢いである。
確かに値段据置で、見栄えが立派なら売れる・・・アウディだけの攻め方かもしれない。 過去のユーザーを切り捨て、見栄え重視路線が日本でも通用するのか、動向を見守りたい。(2008)

ユーザーアンケートでは車幅拡大に反対が多数

発売前からE90車幅改善を訴えたサイトは、当HPだけだったかもしれません。
アンケートも設置してユーザーのニーズも調べてみた。1800ミリ超を肯定する意見は、どちらかといえばE90オーナー
の意見が多く、全般的には批判的な意見が多いのは言うまでも無い。
発売開始直後から、輸入車専門誌のほとんどが、1800ミリ超の車幅を肯定したコメントが目立った。まるでメーカー受け売りのセールスマンのように。
しかし、Web上において車幅が広すぎるのではないか・・・との論調が強くなるにつれて、専門誌の受け売り論調もトーンダウンし、
辛口のコメントも増えてきた。一方、一部雑誌では、売れているから日本のユーザーに受け入れられた・・・などという論外なコメントも見受けられた。
やはり、旧オーナーからは、1800ミリ超を否定する意見が多数を占めた。
肯定意見は、E90オーナーからのものだった。
E90オーナーアンケートの中でも、車幅に気を使うという意見も見られた。
客観的に見ても、コンパクトセダンと1800ミリ超の車幅とはリンクしない。
それは、クラウンやフーガなどの上級?サルーンを見ればあきらかである。
勿論、日本でも狭い道を使わないユーザーにとっては無関係の話でもあり、価格据置でのサイズアップは、お買い得感もある。実際、新型アウディのA4は、違和感のある大きさでもある。
しかし、旧ユーザーは、抵抗感を示しつつ、ガマンして乗るしかないのだ。
ライバルのメルセデスCクラスは、フルチェンで1800ミリ以下に抑えてきた。日本市場を見据えた設定ではないが、マイナーチェンジとしては、妥当なサイズアップである。日本車では、アコードがいきなり巨大化した。格上のスカイラインクラスをターゲットとしたフルチェンジのようである。4発エンジンとのギャップが、ハリボテのようで、違和感がある。
発売後、E90の車幅に対する違和感の声がWeb上に広がり、雑誌のコメントも影響されてか、やや否定的なコメントが増えてきた。ユーザーの不満が広がったカタチだ。販売台数的に車幅が影響を与えているわけでは無かった。

なんと、マイナーチェンジで車幅が1800ミリへ縮小へ

2008年10月、日本専用モデルとして車幅を1800ミリに抑えてマイナーチェンジデビューした。
ドアハンドルの形状変更によるもので、根本的なサイズダウンでは無いが、あえて日本市場を重視したカスタマイズを行ったことに対して評価したい。
これは、インポーターが冷静にユーザーの声を受け止めた結果であり、今まででは考えられなかった大きな変化として
受け止められるだろう。新型7シリーズもサイズの拡大は止まったようであるし、排気量とボディサイズのダウンは、世界的なトレンドなのかもしれない。
日本のユーザーの声、今回のインポーターの対応が次期3シリーズに生かされる事を期待したい。(2008/10)

マイナーチェンジ後の雑誌インプレ

LCIとは、ライフサイクルインパルスの略で、日本ではマイナーチェンジを指す。さて、発売前から1800ミリ超えOKの論調を掲載した某誌インプレを見てみた。

  • 微妙だが、意義のある変更。
  • 出っ張った部分はハンドルであり、クーペは1780ミリに過ぎない。
  • ドアハンドルの形状変更で、ハンドルとボディが狭くなったことにより・・・。
  • 日本ではベストセラーカーの地位を保つが世界市場では3%に過ぎない。
  • そんな小さな市場の要求に応えてドアハンドルを変更した。
  • 車幅が、現行モデルを買わない理由ではない。
  • 日本市場にかける意気込みは、・・・。

コメントに変化が見られる。

日本仕様の改革は始まったばかりなのかもしれない。(2008/11)

マイナーチェンジ後の雑誌インプレ(その2)

雑誌などで、新3シリーズを紹介する時、必ず1800mmという文言が付く。それだけBMW自体がアピールしている証拠でもある。
(2009/01)

3シリーズは進化・・・雑誌コメント(その3)

ボディ全長が50mm伸びたことが取り沙汰され・・・論点が違う。
雑誌もネットの論調も50mmプラスの全長など全く問題視していない。それは正常進化の範囲内である。
一般ユーザーが問題視したのは、1800ミリを超えたの車幅の事である。
75ミリの大幅な車幅拡大を正当化するコメントを発したリポーター・・・どうにか自己の主張を正当化したいようである。(2011/08)

まとめ

E90登場後、輸入車・国産車も衝撃吸収のために安全確保のためにボディサイズは拡大の一途となりました。
ユーザーの意識改革も進み、従来ほど1800mm以下が必須とする状況でなくなりました。
過去の歴史として日本市場を重視した背景として記録に残しておきます。

BMW E90関連情報

BMW E46情報(3シリーズのスペック・カタログ)

BMW 3シリーズの4代目となるE46型として、E46(セダン クーペ ツーリング カブリオレ)、E46/5コンパクトの関連情報として、歴史やスペック、カタログ情報を解説します。グレードとしては、318i 320i 323i 325i 328i 330i M3 B3がラインナップされています。

BMW E46の概要

BMW 3シリーズの4代目となるE46型です。当時のBMWエントリーモデルとしてのE46型は、1998-2005年に発売され、セダン、クーペ、ツーリング、カブリオレの豊富なボディ形状に加えて、318i/320i/323i/325/328i/330i/M3とエンジン・グレードのバリエーションも豊富です。

BMW E46の特徴

先代に比べて、大幅に装備を充実させた。FRながら必要十分な広さとトランクルームは440L(セダン)を備える。ボディサイズは拡大されたがクーペの全幅は1755mmと日本の道路にマッチしたコンパクトなサイズに留まっています。多売グレードは4気筒318i及び、6気筒320iとなります。
AST+C/DSC/CBCなど電子制御デバイスによる安全性を向上させるオプション装備も充実した。 2001年にマイナーチェンジを実施。セダンでは、ライトの形状により前期型、後期型の見分けが出来る。3ドアコンパクトのtiモデルも追加。
M3は、343psまでパワーアップされ、チューニングモデルのCSLも登場しました。

E46のマイナー前後

BMW E46の歴史

日付 内容
1997.11 マスコミにE46写真を公開
1998.03 スイスジュネーブショーでE46デビュー。3代目3シリーズ(E36型)から8年ぶりのフルモデルチェンジ
1998.07 318i、328i予約開始
1998.09 318i、328i発売開始、323i予約開始
1998.11 323i発売開始
1998.– RJC「98・99インポートカーオブザイヤー受賞」
1999.– 1999モデル、右ハンフットレスト標準化、その他小変更
1999.03
アルピナB3-3.3発売開始

  • パワー:281ps/6100
  • トルク:34.1kg-m/4300
  • 最高速度265km/h
  • 0-100km/h:6.0sec
  • 価格:797万円
1999.03 スイスジュネーブショーでE46クーペデビュー
1999.05 318/323/328iスポーツエディション限定
スポーツシート/スポーツサス(スタイリング43)225/50R16
1999.06 328Ci(coupe)発売、5,380,000
1999.06 320iセダン発売、4,380,000
1999.10 318iツーリング発売(318iはステップトロニック4ATへ)
1999.11 328iツーリング発売
1999.11 セダンにM-Sport発売
1999.11 2000モデル、AUC標準化、318i内装変更
標準タイヤがオールシーズンのM+Sタイヤからサマータイヤへ、その他
1999.– AUC(オートマチック・リサーキュレーティング・エアコントロール装備)
ITSヘッドエアバッグ(IBIAのセーフカーオブミレニアム受賞)
2000.01 アメリカデトロイトショー、M3デビュー、328iカブリオレ
2000.02 318Ci(coupe)発売
2000.03 スイスジュネーブショー、アルピナB3-3.3ツーリングデビュー
2000.06 33Oi、330Xiプレスデビュー、328iの代替車種。部分的に仕様変更
2000.07 318Ciエアロスポーツ限定車、F/R,サイド,トランクスポイラー/ホワイトウインカー
2000.08 330iセダン、セダンMスポーツ、Ciクーペ、カブリオレ発売
3リッターニューエンジン(M54)搭載
2000.10 325iセダン、セダンMスポーツ予約開始
2000.11 330xiセダン(4WD)、325iツーリング発売
2000.11 320iセダン、排気量2.0Lから2.2Lへ、新M54エンジン搭載
2000.11 325iセダン、排気量2.5Lのまま名称を323iから325iへ、新M54エンジン搭載
2000.11 tiコンパクト、プレスデビュー、デザインは賛否両論?
2001.01 M3カブリオレ、プレスデビュー
2001.03 318Ci,330Ci,330Ciカブリオレのクーペモデルに待望のMスポーツデビュー
2001.04 ドイツ本国、tiデビュー。316ti(1800)325ti(2500)の2車種。
4気筒はバルブトロニックを搭載!
2001.05 M3クーペ(6MT)発売、SMG2オプション設定
330iセダンMスポーツ装備充実
2001.08 Mスポーツが全車リニューアル、エアロ形状変更でM3もどきになる。
2001.08 E46マイナーチェンジ、プレスリリース、ドイツ本国325/330iにSMG2(5速)搭載
2001.09 318iセダンの限定車発売。
2001.09 フランクフルトショー、M3 CSLデビュー(ショーモデル)大幅軽量化による圧倒的な動力性能を実現
2002.01
マイナーチェンジ、フロントフェイス大幅変更、リアコンビランプ変更
DSC全車標準装備化、318i(2リッターバルブトロニック、ステップトロニック5AT化)、MDプレーヤー標準、ツーリングにMスポ設定
2002.01 316ti/318tiデビュー、2,998,000~
2002.06 316ti/318ti M-sportデビュー、3,448,000~
2002.06 320i-Special-Editionデビュー(東京近県限定)、4,260,000~
クロススポーク42、ホワイトウインカー、レインセンサー、キセノンライト、レザーステア、防眩ミラー
2002.09 318i-Special-Editionデビュー、3,800,000~
Vスポーク54、ホワイトウインカー、キセノンライト、CD/FM/AM、ボディ同色ミラー&ドアノブ
2002.– バルブトロニック技術(RJCテクノロジーオブザイヤー受賞)
ITSヘッドエアバッグ(IBIAのセーフカーオブミレニアム受賞)
2003.03 318i_M-Sport_SpecialEditionデビュー、4,200,000~
Vスポーク72M、ホワイトウインカー、キセノンライト、CD/FM/AM、ボディ同色ミラー&ドアノブ、レインセンサーマルチファンクション付きMスポーツステアリング
2003.05 クーペ、カブリオレ、tiマイナーチェンジ(後期モデル)
価格改定、フロントライト、バンパー等大幅変更、tiテールランプ変更
2003.05 セダン6気筒系にHi-Lineパッケージモデルを追加
ハイラインパッケージ装着車27~29万円アップ。レザーシート、専用アルミ、ミルテウッド等、これはお買い得
2003.– DSC(ダイナミックスタビリティコントロール装備)
2004.– 直4モデルにHi-Lineパッケージモデルを追加
2004.10 クーペ、カブリオレ、M3の装備充実と価格改定(2004/09生産分以降)
タイヤ空気圧警告燈、オートライト機能付レインセンサー、ホワイトウインカー標準
318Ciを除く車種にマルチファンクションステアリング、ETC、TVチューナー&VICS3メディアナビ標準
特別装備の「エディション・ライフスタイル」と「エディション・エクスクルーシブ」をクーペとカブリオレに設定
2004.– 世界、BMW全販売台数102万台の4割が3シリーズ。モデル末期でも最盛期の8割の販売量(駆け込み購入?)
2005.02 セダン、320i特別限定車Mスポーツ・アルティメート250台限定販売
Mインディビュアルトリム、18インチ、キセノン、マルチファンクション、レザーシート、CDプレーヤ、限定プレート等
2005.04 5代目の3シリーズ(BMW E90)へフルモデルチェンジ
E46 M3の累計生産台数は、先代を超える約8万5000台となった。

E46 前期と後期の違い(マイナーチェンジ内容)

大きくは、外観の変更が大きなポイントです。
見分け方、ウインカー末尾が下がっている(前期)、ウインカー末尾が上がっている(後期)
E46のマイナー前後
(写真左:後期、写真右:前期)
テールランプは社外品で後期化されているケースが多く判断が出来ません。

  • フロントフェイス大幅変更
  • リアコンビランプ変更
  • DSC全車標準装備化
  • 318i(2リッターバルブトロニック、ステップトロニック5AT化)
  • MDプレーヤー標準
  • ツーリングにMスポ設定

SMG2オプション設定(2001/05)

SMGとはシーケンシャルMトランスミッションの略。E36-M3-3.2に搭載された。油圧装置と各種センサーを統合したコントロール・ユニットで構成され、ミリ秒単位の素早い変速動作の実現と、適切なオートマチック・モードによる効率的な変速によると安全なドライビングを実現するもの。
今回のSMG2はE36のフロアシフト方式に加え、F1マシンのような、ステアリングホイールにに付随するシフトパドルスイッチによって変速操作を行う。マニュアルとオートマチックの2種類のシフト・モードを選べる。

・オートマチックモード=5つのプログラム=A1(2速発進)~A5(スポーツ走行)
・シーケンシャルモード=6つのプログラム=S1(コンフォート・シフト)~S5(スポーツ・シフト)+S6(レーシングスポーツ・シフト)
メーター内にシフト状況がディスプレィされる。シフト時の変速タイムラグも大幅に改善した。シーケンシャルモードでシフトパドルスイッチの連続操作でジャンプシフトも可能。F1からのフィードバックと市販車ATとの絶妙な電子制御が高次元のドライビングを可能とする。
M3オプション価格43万円。

325i/330iにもオプション設定される予定あり。6つのプログラムモードは搭載されない。(2001/09)

330xi (2000/4)

フルタイム4WD(F:38%, R:62%配分)
3.0リッター直6エンジン(225HP, 214lb-ft)
DSC-X ダイナミックスタビリティーコントロール
ほぼ50/50の重量バランス
3シリーズセダンよりも約0.7インチ(36mm)高い車高
0-60mph(96.6kmh)6秒台前半
3.0Lエンジンは現行の2.8Lを置き換える事になる
新3.0Lエンジンは2001 X5に搭載されることでDetroit
Showで発表済み
330i sedan, 330Ci coupe, 330Ci convertibleと展開予定
発売時期、価格等不明。
X5 3.0は7月頃、$40000少し切る車両本体価格。
(0-100km/h-6.5sec-5MT-330Ci)

 M3 (2001)

秋から初冬にかけてショールームへ3.2リッター直6エンジン(約330HP,
約255lb-ft)
0-60mph(96.6kmh)約5秒(0-100km/h-5.2sec)
ダブルVANOS(吸排気カムシャフト双方のバリアブルタイミング制御)
各シリンダー独立スロットルバタフライ
スロットル入力に、よりクイックな反応を見せる「スポーツモード」 (M Dynamic
Driving Control)
「スポーツモード」ではパワーステアリングのアシストも弱まり、固めの路面手応えとなる
18インチアロイホイール(リム幅F:8, R:9インチ)
タイヤサイズ:フロント225/45 ZR – 18、リア255/40
ZR -18
3シリーズクーペより広いリアトラック
アルミ製フロントサスペンションコントロールアーム、リアトレーリングリンクアッセンブリー
大径ベンチレーテッドディスク(フロント12.8、リア12.9インチ)
フロントフェンダー左右に排気「ギル」(Z3にもある羽のような形のクロームのスリット)
4本出しポリッシュドステンレス排気パイプ
パワードーム(バルジ)付きアルミ製ボンネット
M3専用大型エアインテークフロントバンパー
M3専用エアデフューザー付きリアバンパー
電動加倒式(!)Mドアミラー
専用サイドモール
クリアウィンカーレンズ(前後とサイドマーカー)
Mスポーツシート(電動ランバーサポートはオプション)
ドアシルへのM3ロゴ
Mマルチファンクションスポーツステアリングホイール
可変LEDレッドゾーンタコメーター

以上は基本的にはアメリカ仕様車への装備と思います。
価格は$48000-$52000と聞いています。

M3  SPECIFICATION

  • 全長、全幅、全高:4490x1780x1370mm
  • ホイールベース:2730mm
  • トレッド:F1480/R1490
  • 車重:1550kg
  • 最大出力:343ps/7900rpm/252kw
  • 最大トルク:37.2kgm/4900rpm/365Nm
  • エンジン:直6DOHC24VALVES
  • ボアストローク:87.0x91.0mm
  • 排気量:3245cc
  • タイヤ:F225/45ZR18、R255/40ZR18
  • ブレーキ:FRベンチレーテッドディスク
  • サス:Fストラット/セントラルアーム

M3の特徴

  • エンジンはボア0.6ミリ拡大で22ps/1.5kgアップ
  • 0-100km/5.2sec
  • フロントフェンダーにスリッドが入っている。
  • E39-M5に共通する控えめなリヤトランクスポイラー
  • ブリスターフェンダーはクーペ比で片側1センチ張出の大迫力
  • 大迫力の専用フロントスポイラー、専用フォグがビルドイン
  • M5と同じダブルスポークホイール(ガンメタ調)
  • リヤエクゾーストは2x2の4本出し
  • ホワイトウインカー
  • 専用ドアミラー
  • 専用シート&ステアリング
  • メーターはグレーでメッキリングが付く
  • シフトノブはアルミ

E46 M3 正面
E46 M3 斜め前
M3 バック
E46 M3 フロント

2000/01アメリカデトロイトショー(Thanks/Takoさん)

E46のスペック・サイズ・エンジン

タイプ-E46  318i、320i、323i 328i 318
328iツーリング
318
328
330-5MT
Ci
クーペ
E36
全長 4470 4480 4490 4430
全幅 1739 1740 1755 1690
全高 1415 1410 1370 1390
ホイールベース 2725 2700
トレッドF/R 1470
1480
1470
1480
車重 1320
1440
1440
1460
1390
1490
1340
1460
1505
最小回転半径 4.9 5.25 5.0
定員 5
燃料タンク 63L(93RON)
無鉛プレミアム
操舵装置 ラック&ピニオンパワー
サスペンション Fストラット
Rセントラルアーム
制動装置 F通気冷却式ディスク
Rディスク
ABS+EBD+ASC-T、CBC(OPT)
ホイールF/R 6.5J15 6.5J15
7J16
7J16/7J17
タイヤF/R 195-65R15
91H M+S
205-55R16
91H M+S
205-55R16
91H M+S
225-50R16
205-50ZR17
(330i)

エンジンスペック

タイプ-E46 318i (M43B18前期)
318i (N42B20後期)
320i (M52B20前期)
320i (M54B22後期)
323i (M52B25)
328i (M52B28)
330i (M54B30) B3-3.3
形式 直4
SOHC
8V
直4
DOHC
16V
直6
DOHC
24V
排気量cc 1895
1995
320-1990

320-2171
323-2493
328-2793

2979 3299
燃料供給 電子制御燃料噴射
ボアxストロークmm 85 83.5
90 84
80 66
80 72
84 75
84 84
84 89.6 86.4 93.8
最大出力ps
rpm
118-5500
142-6000
150-5900
170-6100
170-5500
193-5500
231-5900 285-6200
最大トルクkgm
rpm
18.3-3900
20.4-3500
19.4-3500
21.4-3500
25.0-3500
28.5-3500
30.6-3500 34.2-4500

E46 325/330iエンジンスペック(2000/08~)

E46 325/330iエンジンスペック(2000/08~)
気筒/排気量、DOHC24VALVE/2493、2979(W-VANOS)
最大出力、141kw(192ps)/6000prm、170kw(231ps)/5900prm
最大トルク、245Nm(25.0kgm)/3500rpm、300Nm(30.6kgm)/3500rpm
ボアストローク、84*75、90*84

E46 316ti/318iエンジンスペック (1800/2000)

E46 316ti/318iエンジンスペック (1800/2000)、(ドイツ本国仕様2001/04~)
エンジン型式、N42(実際の排気量は1800、2000)
気筒/排気量、DOHC16VALVE/1796/19xx(バルブトロニック)
最大出力、85kw(115ps)/5500prm、xxkw(143ps)/6000prm
最大トルク、175Nm(17.9kgm)/3750rpm、xxxNm(20.4kgm)/3750rpm
ボアストローク、81*84、xx*xx

BMW 318iツーリング(マイナーチェンジ後の後期モデル)
フロントビュー
フロントグリル
ヘッドライト
リヤサイド・ビュー
サイドビュー
テールランプ

E46 M3スペック

E46 M3
全長、全幅、全高 4490×1780×1370mm
ホイールベース 2730mm
最小回転半径 5.3m
トレッド
車両重量 1560kg
エンジン 直列6気筒DOHC24
総排気量 3245cc
最大出力 343ps/7900rpm
最大トルク 37.2kg・m/4900rpm
内径×行程/圧縮比 –mm×–mm/11.5
燃料タンク 63L
操舵装置 ラック&ピニオンパワー(車速感応式)
トランスミッション 6MT
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rセントラルアーム
ブレーキ FRベンチレーテッドディスク
アルミ/タイヤ 225-45R18/245-40R18
10・15モード燃費 8.3km/リットル

E46 330Ciスペック

E46 330Ci(555万円)
全長、全幅、全高 4490×1755×1370mm
ホイールベース 2725mm
最小回転半径 5.3m
トレッド 1470/1480mm
車両重量 1520kg
エンジン 直列6気筒DOHC24
総排気量 2979cc
最大出力 231ps/5900rpm
最大トルク 30.6kg・m/3500rpm
内径×行程/圧縮比 89.6mm×84.0mm/10.2
燃料タンク 63L
操舵装置 ラック&ピニオンパワー(車速感応式)
トランスミッション 6MT
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rセントラルアーム
ブレーキ FRベンチレーテッドディスク
アルミ/タイヤ 225-45R17/8J-17
10・15モード燃費 -.-km/リットル

E46 330Ciカブリオレスペック

●E46 330Ciカブリオレ(640万円)
全長、全幅、全高 4490×1755×1370mm
ホイールベース 2725mm
最小回転半径 5.3m
トレッド 1470/1480mm
車両重量 1680kg
エンジン 直列6気筒DOHC24
総排気量 2979cc
最大出力 231ps/5900rpm
最大トルク 30.6kg・m/3500rpm
内径×行程/圧縮比 89.6mm×84.0mm/10.2
燃料タンク 63L
操舵装置 ラック&ピニオンパワー(車速感応式)
トランスミッション 6MT
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rセントラルアーム
ブレーキ FRベンチレーテッドディスク
アルミ/タイヤ 205-50R17/8J-17
10・15モード燃費 -.-km/リットル

E46 318Ciスペック

●E46 318Ci(4AT395/MT385万円)
全長、全幅、全高 4490×1755×1370mm
ホイールベース 2725mm
最小回転半径 5.3m
トレッド 1470/1480mm
車両重量 1370kg
エンジン 直列4気筒SOHC16
総排気量 1895cc
最大出力 118ps/5500rpm
最大トルク 18.3kg・m/3900rpm
内径×行程/圧縮比 –.-mm×–.-mm/10.0
燃料タンク 63L
操舵装置 ラック&ピニオンパワー(車速感応式)
トランスミッション 6MT
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rセントラルアーム
ブレーキ Fベンチレーテッドディスク/Rディスク
アルミ/タイヤ 205-55R16
10・15モード燃費 -.-km/リットル

特徴・特記事項

エンジン/サス/ボディ形式(E36と比べた点など)
  • サイズ拡大3センチ以上の居住性向上
    メルセデスCクラスより、5ミリ長いホイールベース。
  • 最小回転半径5.0から4.9に。。オーバーハングの切り詰めにより、小回りが更に利く
  • サスペンションがアルミニウム製軽量化。
    これで重たい17,18インチホイールでもバネ下重量はバッチリ。
    オプションでも17,18インチの設定がありメーカーの保証付き。
  • 318iはFベンチレーテッドディスクブレーキ、6気筒モデルはF/R共に。
  • 318i/Ciはエンジンが1.8から1.9リッターへ。(なぜかSOHC1895cc8VALVE)
    バランサー2本も追加して静粛性が大幅向上
    もうDOHCはいらないという雑誌論評と車重増加によるパワー不足を指摘する声もあるが、
    数値以上のパワーを感じさせる。筑波ラップは15秒中盤。ゼロヨンではE36-318isを上回るタイムをマーク。
  • 直6系はダブルVANOS化
    低中速トルクアップによる段付感の減少。スムーズな吹け上がり。(フラットトルク化は、吹け上がりがつまらないという声も、)
  • ABS(CBCコーナリングブレーキコントロールOPT)
  • AST+T(上級車にはDSCダイナミックスタビリティコントロールOPT、2002/01~全車標準化)
  • 尚、tiコンパクト系は、E46登場後もE36系を継続販売。(2002/01~E46ti型)
  • オプションF225/40/ZR/18、R255/35ZR18サイズも装着可能となり、タイヤハウスも拡大。車幅拡大に伴ってトレッドも拡大しコーナリング性能向上
  • ATは待望のステップトロニック(シフトアップ、シフトダウンのレスポンスの悪さ否定出来ないが、E36に比べてATを操作する楽しみは格段にアップ。ギヤホールドは出来ずシフトアップしてしまう。)
    2002/01以降は全車5ATステップトロニック化。

標準装備

先代E36に比べて充実の装備内容となり、日本車から乗り換えても装備に不満を感じたり、困る事は無くなった。また年々、装備内容も充実しており、ミドルクラスサルーンからの乗り換えでも不満を感じる事は少ないだろう。

E46 318iツーリング センターコンソール後期

  • FM/AMカセットステレオ。(ゴルフⅣはMD標準なのに)
    出来れば1枚がけCDでもいいな~。音はE36の方が良かったという声も多い。
    カセットデッキをCDプレイヤーに追金無しで変更可能。
  • 前席、ITSヘッドエアバッグ標準
  • ワイパーのレインセンサー、インテグラルチャイルドシート
  • キーレスエントリー(1998年式としては当然の標準装備)
    (シートポジションにエアコンまでコントロール出来る!!)
    赤外線式の為、感度が悪いのが難点。
    新セキュリティーシステム、車速感応ドアロック(衝撃感知解除)に設定可能
  • テレスコピックハンドル(当然チルトも)
  • 電動格納式ドアミラー(軽自動車にもある装備がやっと。。)
  • ステップトロニック車はメーター内にギヤポジションの表示(これはありがたい)
  • フロントパワーシート
    (運転席はメモリー機構付き。価格的には標準装備が当り前。6気筒モデルのみ)
  • ハンドルはセダンが4本スポーク、クーペは3本スポーク
    330iはウッドパネルも付いてます。
  • ドリンクホルダー
    (これメチャ欲しかった装備、ダサイデザインだが使い勝手は良い)
  • Ci(クーペ)はスポーツサスが標準(ノーマル比で約~2センチ車高ダウン)
  • 328Ciは16インチアルミ(225/50R16)
  • 328iは16インチアルミ(205/55R16)
  • 330iは17インチアルミ(205/50ZR16/セダン)
  • 320i 323iは15インチアルミ(195/65R15)
    納得いかないオールシーズンタイヤ(2000年モデルから標準タイヤへ)
  • 間欠ワイパー(速度調整が付いた)
  • サイドエアバッグ(1998年式としては当然)
  • 各種モール部分かメッキ (320i,323i,328i)
  • ウッドパネル、ウッドシフトノブ (328Ci,330系)
  • クロス・レザーのコンビシート (328Ci)
  • スポーツサスペンション (328/330Ci)
  • 16インチ標準アルミのサイズ(7J オフセット+47 5H PCD120 ハブ径72.5ミリ)
  • 330ciカブリオレ:ソフトトップだが、ガラス製のリアウインドーを採用。シートベルト一体型のシートもポイント。
  • 318ciは、左ハンドル仕様のみ
  • クーペのトランクは410Lと十分な内容。セダンに比べてマイナス30L
  • クーペのミラー可倒の仕方が非常にユニークというか、上に閉じる。
  • 330i/330Ciのライト内はチタンカラーに塗られており、外観上も容易に見分けがつく。

オプション装備

  • 簡易モニターとナビゲーション選択可、
    ナビはVICS付き(なんと40万)ナビはDVDだが機能的に古さを隠せない。
    ワイドで無いモニターが古さを強調してしまう。
    マルチファンクションステアリングとセット
    (走行中の操作は不可。。ショップオリジナルキャンセラーが必要か)
  • マルチファンクションステアリング
    空調、オーディオコントロールスイッチ、オートクルーズ機能も
    (注:メーカーOPTのみで後付け不可、60,000の単品注文可)
  • 後席サイドエアバッグ
  • パワーシート(メーカーOPT、150,000、318i)
  • キセノンヘッドランプ(メーカーOPT、75,000)
    後付けより、ずっと安い!
  • CDチューナープレーヤー(メーカーOPT、15,000)
  • スポーツサスペンション、車高1.5センチダウン!(メーカーOPT)
  • 17インチアロイホイール(メーカーOPT、80,000)
  • 18インチアロイホイール(メーカーOPT、180,000)
  • 電動ガラスサンルーフ(ガラスになりました!、サンシェード付、130,000)
  • ウッドパネル(フルセットで5万。E36比べて格安。)
    標準のトリム部分は賛否両論、ウッドパネル装着をお勧めします!!
  • エアロパッケージ(F、R、サイド)で110,000は安い(工賃、塗装は別途約150,000)
    リヤトランクスポイラー36,000(パッケージ別)クーペとセダン別々に設定あり
  • Mエアロ3点セット(F、R、サイド)で(工賃、塗装込み約400,000)
  • CDチェンジャーはトランクにBOX内蔵と吊り下げの2パターンが選べます。
    (吊り下げ式で工賃込み約60,000、BOX内蔵は約75,000)
  • ホワイトウインカーセット(工賃込み約65,000)
  • 注:メーカーOPTとは工場でのライン装着オプションの事です。
    (生産前の事前注文の事。完成車には装着出来ないものもあります。)
  • 2002年度オプション
    メタリック塗装7万
    電動ガラスサンルーフ130,000
    DVDナビパッケージ400,000
    ヤングラインパッケージ180,000(ti)
    (ボディ同色インテリアトリム、ホワイトウインカー、スポーツステアリング)
    キセノンヘッドライト75,000
    ヘッドライトウォッシャー35,000
    アルミスポーク44+225/45R17(標準車16インチ)10万
    アルミスポーク42+205/55R16(標準車15インチ)15万
    HIFIスピーカーシステム80,000
    DSCスタビリティーコントロール12万
    レザーシート+フロントシートヒータ25万
    Mエアロダイナックパッケージ(F・R・サイド3点)セダン・ツーリング16.7万、クーペ・カブリオ17.8万
    Mトランクスポイラー、セダン1.6万、クーペ1.5万
    MDチューナーデッキ96,200(2002~)
    スポーツシート7万(除くti)
    後席サイドエアバッグ50,000
    ETC車載機4.35万

当時のE46要望事項(ユーザーの声)

  • 使いずらいハザートスイッチ。(運転中どこだっけ、と探す)
  • エアコンがエンジン始動と同時作動は止めて欲しい。
  • MT車の設定範囲拡大
    330i買うならM3を買うという声もあり、320/325iへの設定を望む
  • M3以外のマニュアル車を6速MTに
  • 318iMT車のパワーアップ(DOHCを)
  • まともな右ハンドル車を
    (左足元の拡大、ステップ位置の適正化、アライメントや車体傾きの是正)
  • オプションでMD設定、または標準装備化。
  • CDプレイヤーのMP3対応化。
  • ステップトロニックのホールドモード
  • 2DINのオーディオスペース確保。
  • 走行時も見れる裏技設定を、社外品も選択可能に。
  • 新車時の1カ月点検、1000&10000キロでオイル無料交換を

改善された装備項目

  • タイヤはサマータイヤも選択可能らしいが、標準装備はオールシーズンでなくサマータイヤに。
    (一般購入者はそんなことは絶対知らないはず)2000年モデルから標準装備へ。。
  • 2000年夏期以降6.5インチワイドモニター化は5/7シリーズのみだったが、2002モデルよりワイドモニター化

Msport標準装備

  • Mエアロ・フロント、リヤ、サイド
  • ホワイトウインカー、ハイ・グロス・シャドーライン
  • 17インチダブルスポークアルミ、F7.5J(225/45/R17)/R8.5J(245/40/R17)
    328/330iでも持て余しぎみの、ちょっと太すぎるリヤタイヤ。でもカッコは◎
    後ろ席での乗り心地は、要確認
  • スポーツサスペンション(2、3センチ車高ダウン、若干固めでバッチリ)
  • Mスポーツ、3本スポークステアリング
  • スポーツシート、レーザー&クロス/アルカンタラ
  • カーボン調パネル(インテリア)/ブラックルーフライニング
  • 330iスポーツパッケージ装備充実(2001/05)
    330iセダンのMスポーツ・パッケージ仕様の5ATが5,650,000円、5MTが5,550,000円
    フロント・エプロンのデザインを変更
    トランク・リッド上に、リップ・スポイラーを追加装備
    ニュー・デザインのMステアリング・ホイールを装備
    フロント・エプロンとリア・リップ・スポイラーは、330CiクーペMスポと共通のデザイン

318Ci/330Ciの対比・クーペモデル

  • クーペの優雅なスタイリングを中古車市場では、その価格差がかなり接近する。排気量の違い以外にも、装備の差がかなりある。
  • 330ci:クロス・レザー、ハイファイシステム、自動防眩ミラー、ウッドパネル、パワーシート、キセノンライト、ベンチレーテテッドディスク予算が許すなら、迷わず330ciを選びたい。

トピックス

当時の値引き

1998/09/05発売開始
待望の右ハン5MT、ステップトロニックAT
若干の値上がりはあるものの、最近の円安とE36比の大幅装備充実は、割安感。
特殊オーダーは約4カ月待ちとなる可能性大。

読者のE46値引き報告例
値引きは幅は拡大傾向です。皆さん頑張りましょう!
1998/09:328iで2%オーバー
1998/10:328iで3%オーバー
1998/10:323iで4%オーバー
1998/11:318iで7%オーバー
1998/11:323iで6%オーバー
1999/01:328iで7%オーバー

  • ドイツドイツ本国の価格設定
  • 318i-45400マルク(約340万円)
  • 320i-52500マルク(約394万円)
  • 323i-56600マルク(約425万円)
  • 328i-61700マルク(約463万円)
  • いずれも現地価格。E36比、6%アップとの事。
    1998/03レート換算。しかしながら、国内との価格差は、なんやねん?(装備の違いはありますが)ヨーロッパ主要国の価格設定
    例:E46 328iセダン(各国での標準装備を基準)
  • ドイツ :26654ユーロ
  • オランダ:25801ユーロ
  • フランス:31096ユーロ
  • イタリア:30228ユーロ
  • スペイン:23513ユーロ
  • いずれも現地価格。日本仕様とは標準装備内容にかなりの差があります。
    1999/01レート換算。(1ユーロ約130円)●海外専用モデル
    直噴ディーゼル(是非、日本導入を!!)
  • 320d(1.9リッター直4 136PS!/28.5kgm)
  • 330d(3.0リッター直6ターボ 186PS!/39.7kgm)

E46が登場する映画

  • アラーム・フォー・コブラ11(アウトバーン・コップ)
  • Taxi NY
  • ボーン・アイデンティティ1
  • ワイルド・レーサー

関連コンテンツ