ベーエムベー(BMW)とは・概要

(Last Updated On: 2019年5月6日)

BMW(ビーエムダブリュー)とは何の略か?

BMWの正式名称

BMWの正式名称は「バイエリッヒ・モトーレン・ヴェルケ・アーゲー(AG)」です。
和訳の意味とはバイエルン地方の原動機製造株式会社となります。

略称の意味

このBMWの頭文字をBとMとWにそれぞれ分けて解説します。

  • バイエリッヒ:バイエリッシュの発音が多数派。ドイツバイエルン州の地域。
  • モトーレン:エンジン、または原動機を指し、自動車に限定しない。
  • ヴェルケ:ヴェルクとも発音。英語ではワークスを指しますが、この意味は製造工場。
  • アーゲー:株式会社

BMW2002とビジョングランツーリスモ

BMWの呼び方

日本では英語読みのビーエム、ビーエムダブリューとドイツ語から派生したベーエムベー、ベーエムヴェーなど呼び方は様々です。

メーカー側ではBMWのカナ読みとして「ビーエムダブリュー」の英語読みとしています。
若い世代では、BMWの先頭2文字「BM」で「ビーエム」と呼ぶケースが多く、それで意味も通じますね。

ドイツ語ではBはベー、Mはエム、Wはヴェーとなり、ベーエムヴェーと発音します。日本でも従来はベーエムベーと呼ばれていたイメージの世代も多い事でしょう。

昭和では「ベンベ」と呼ばれた

1960~1970年代はドイツ表記のベーエムベーとして呼ばれていましたので略して「ベンベ」と呼ぶケースが多かったようです。
また関西圏ではその名残から「ベンベ」と呼ぶ方も多いようです。昔の方が呼ぶ「ベーエムベー」は、正式な呼び方に近く、海外ではBMW好きを「ビーマー」と呼ぶようです。

シリーズ名の3シリーズは「サン シリーズ」。型式名のF30は「エフサンマル」。グレード名の320iは「サンニーマルアイ」と呼ぶのが多数派です。

BMWとは何処のメーカーか?

ビー・エム・ダブリュー株式会社の概要

BMWウェルト、ミュージアム、本社ビル

ドイツ本国の「ビー・エム・ダブリュー株式会社」は、ドイツ・バイエルン州ミュンヘン市に本社を置きます。
そこには本社ビルとBMW博物館(ヴェルト)があり、社屋ビルのエンジンのシリンダーを模したユニークな形状となっています。

プレミアム・ブランドに特化した、グローバルな自動車メーカーとして世界的に認知されています。

ドイツ国内の自動車メーカーとして、VW(アウディ・ポルシェ)、ダイムラークライスラー(メルセデス)、GM(オペル)など世界有数の自動車メーカーがある。
4輪と2輪を生産する点と、モータースポーツのイメージを重視する戦略は、日本のホンダに似ている。メーカーとしては日本のトヨタと提携関係にある。

BMW JAPAN(ビーエムダブリュージャパン)

旧ビーエムダブリュージャパンのステッカー

BMW AG(Bayerische Motoren Werke Aktiengesellschaft)の100%出資子会社となります。
欧州自動車メーカーとしては初の全額出資子会社として、1981年(昭和56年)9月22日 に日本に設立されました。

BMW自動車の輸入・販売の総合的な元締めです。
正規代理店ではなく、本国直営の日本法人として独占的な形態となっています。
この独占的な輸入・販売形態は、他の輸入車メーカーにも広まった先駆けでもあります。

以降、ビー・エム・ダブリュー株式会社は、当時は珍しかった専売店網の構築に始まり、低金利ローンや認定中古車制度など、さまざまな業界標準を築き、製品、サービス、顧客満足の分野において常に日本の輸入車業界をリードしてきています。
また、ビー・エム・ダブリュー株式会社は全国の正規ディーラー・ショールームを通じてBMW とMINI製品の販売とアフターセールスを提供しています。
BMW Motorrad(オートバイ)として製品・サービスは、自動車同様、専売店ネットワークを通して提供しています。
関連子会社には下記の2社があります。

  • 金融サービス:ビー・エム・ダブリュー・ジャパン・ファイナンス株式会社
  • 直営販社:ビー・エム・ダブリュー東京株式会社

現在、東京丸の内グラントウキョウサウスタワーに本社を置く。
(21/22階がオフィス。1Fがショールーム)
車両の販売は正規ディーラーネットワークでの販売及びアフターサービスを行っている。BMW東京・大阪は、ジャパンの100%出資子会社の直営ディーラーである。
その他正規ディーラーは、ジャパンの認証により、フランチャイズ形態の販売となります。

BMW正規ディーラー

直営ディーラー

現在、「BMW東京」のみです。
先頭にBMWが付くディーラー名がBMWジャパン直営のディーラーになります。
BMWの直営販売会社は、「BMW東京」の1社だけでBMWJapanの子会社です。
他の正規ディーラーは、BMWJapanと正規販売店契約をしているフランチャイズです。

フランチャイズディーラー

「のれん分け」しているディーラーになります。
新車・中古車販売およびディーラーサービス全般を行う権利をBMWジャパンより、得て営業を実施しているディーラーになります。
ディーラーの経営母体や出資会社は、BMWジャパンとは直接関係がありません。
最近では大手中古車買取業者や大手輸入車販売のヤナセがBMWディーラー業務に進出しています。

BMWモデルの特徴

ブランド
スポーツイメージとドライバーズカーが特徴です。
現在、コンパクトセダンの1シリーズからラグジャリーセダンの7シリーズ、SUVモデルのXシリーズ、2シーターオープンカーのZシリーズ、コンパクトSUVの2シリーズも選べます。
最も売れているグレードは、3シリーズ。利益率の高いモデルが5シリーズになります。
車に詳しくない女性にも認知度が高く、好まれる車のランキング上位に名を連ねます。

スタイリング

キドニーグリル

ブタの鼻をイメージするフロントグリルが特徴です。
これは正式名称として「キドニーグリル」と呼ばれています。これは腎臓(kidney)のカタチに似ている事からそのように呼ばれます。
戦前戦後の時期を除き、全てのフロントグリルに取り付けられています。また4灯のヘッドランプも特徴的なスタイリングの一つに挙げられます。
キドニーグリルの上にあるBMWエンブレムと共に頑固にスタイリングを守っている。4灯ヘッドランプについては、リトラクタブルライト採用車など若干イメージの異なる車も存在しますが
「グリル」「エンブレム」「4灯ライト」はキープコンセプトを貫いています。
チーフデザイナーを定期的に更新し、新しいデザインコンセプトの提唱とブランドイメージの再構築を促すと共に、デザインの賛否両論を巻き起こします。
しかし、販売台数の増加は、先進的なスタイリングコンセプトとデザイン的な成功を物語っているのです。

2000年以降のデザイントレンド

クリスバングル氏のデザインチーフによる大胆なデザイントレンドのスタート
E65・7シリーズの大胆かつ攻撃的なデザインは他メーカーにインパクトを与えるほどの衝撃を与えた。
販売台数的にも成功したが、アクが強すぎて保守的デザインに戻したモデルも後半になって登場。
しかし、Fxxモデル以降はLEDライトやテールの積極採用やライトとグリルを繋げるデザインとしたり、あらたなデザイン改革が見られます。

2010年以降のデザイントレンド

  • グリルとライトが繋がったモデルが登場
  • グリルを立体的に際立たせたデザイン
  • 奇数モデルをセダン系モデル:グリルのボリュームをトップへデザイン
  • 偶数モデルをクーペ系モデル:グリルのボリュームをボトムへデザイン

走行性能・ハンドリング

BMW M2ホイール

エントリーモデルから上級モデルまでFR(フロントエンジン・リヤドライブ)の駆動形式とし、前後重量配分を理想的な50:50の比率に高めるなど、ドライバーズカーとして運転する楽しみをも満足させる車造りを行っている。
ダイレクト感のあるハンドリングや、高速域での安定性の高さなど、スポーティな味付けのドライビング・ダイナミクスはBMW車の特徴でもある。
ニーズの多様化に対応し、4WDのxDriveやFFモデルも追加されています。
MスポーツのスポーツグレードやMパフォーマンスと呼ばれるスポーツ専用パーツを設定し、さらにスポーツ度を求めるユーザーに対しては、M社でチューニングされた専用エンジンとボディを備えるMシリーズで対応できる。
最新の電子制御装置をエンジンは燃費の向上とパワーの両立を図っている。EfficientDynamics(エフィシェント・ダイナミクス)という名称の環境性能と運動性能の向上をコンセプトとした取り組みにも力を入れている。

BMWブランド戦略

i8

スポーツと高級イメージをコンセプトとして、デザインやメカニズムに特化したブランディングを築いています。
エントリーモデルの1シリーズから高級セダンの7シリーズ、SUVのXシリーズ、オープンカーのZ4など多彩な車種バリエーションを備えます。
イギリスのロールスロイスとミニ・ブランドを所有し、二輪車の製造(BMWモトーレン)も行っています。
日本では、高級ブランド志向のマーケティングにマッチし、プレミアム・ステイタス性とスポーティなブランドイメージは、
高級車の代名詞であるメルセデスベンツと肩を並べる存在になっています。

BMW iブランド

BMW-i8

2011年2月に環境対応専用のブランドが設立されました。
カーボン製シャーシの新工場より、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を主としたラインナップ。
CO2排出削減を目標にエネルギー消費の削減を図っています。
2013年「BMW i」ブランドの第1弾で電気自動車の「i3」とスポーツPHV(プラグインハイブリッド車)「i8」のモデルを投入。
充電プラグも日本のチャデモ方式に対応。
BMW i8は、直列3気筒ターボとモーターを搭載し、総合出力362馬力を発生。
i3はEV専用とレンジエクステンダーエンジンの搭載モデルも設定。(航続距離は500kmを超えます)

エンジン

エフィシェント・ダイナミクス
バイエルン地方の原動機製造株式会社の名称の通り、創設以来、エンジン製造を得意分野とし、
自動車の心臓であるエンジンには、先進性と個性的な特徴に溢れています。
エンジンのラインナップは直列3,4,6気筒、V型8気筒、V型12気筒と多彩なバリエーションです。
直列6気筒エンジンは絹のように滑らかな回転フィールから「シルキーシックス」と呼ばれています。
直6エンジンのシルキーシックスはNAエンジンのビックシックスからスモールシックスになり、現在では全車直噴ターボ化された。
1983年に登場した524tdから第3世代の直噴ディーゼルターボに進化。2012年に日本でも導入が再開され、ディーゼル車のラインナップが強化されている。
2006年からは、直噴ディーゼル・ガソリンエンジンへの置き換えが進めている。試験的に水素エンジン搭載の7シリーズをリース販売。
BMW 330e プラグインハイブリッド車

日本車に遅れながらもパワー重視型ハイブリッド型を経て、日本のトヨタ自動車との包括提携により、ハイブリッド分野での巻き返しを進めている。
BMW iブランドによるEVとPHV車の登場に加えて、プラグインハイブリッドのラインナップを強化し、日本車を超える品揃えである。

オートバイ

R69S 1962年 (ホンダミュージアム展示車両)2輪については、頑固なまでに水平対向2気筒エンジンを生産している。
日本車同様に、横置き並列4気筒モデルに代わりつつあるが、縦置き並列4気筒エンジンも特徴的である。
チェーンを使わずに、シャフトドライブを採用によるメンテナンスフリー化やブレーキング時のノーズダイブを軽減やレバー形式でキャスター角変化を抑えるフロントのサスペンションなどの装備が多いのもポイント。
縦置き・横置き直列4気筒エンジンなどレイアウトの多様化、モータースポーツにも積極的に参加するようになってきている。

シルキーシックス

S54シルキーシックスエンジン
直列6気筒エンジンは、クランク軸位相の60度となり、1気筒が120度毎に爆発していく為、
バランスが良くスムーズに回ることが理由である。
このスムーズ(滑らかさ)がシルキー(絹のよう)と呼ばれることからシルキーシックスとなったのである。
このスムーズさは、V6エンジンを搭載する他メーカーには物理的にマネ出来ない。
直列6気筒エンジンのデメリットとしては、1気筒が直列に縦置きすることから、エンジン全長が長くなる。
クランクシャフトが長い事による重量、慣性のロスなどが挙げられる。
しかし、エンジン長に伴う居住スペースは犠牲になっておらず、重量配分も50:50をキープしている。
あえてV6の選択を捨て、直列6気筒を搭載して、デメリットをカバーする車体設計、メリットを最大限に引き出す企業努力こそブランド戦略を感じるのである。

認定中古車「アプルーブドカー : Approved Cars」

正規ディーラー系列の認定中古車は、別名アプルーブドカーと呼ばれている。
・82項目の点検・整備
・1年間走行距離無制限保証
・消耗品21品目メインテナンス保証
・24時間エマージェンシー・サービス
・2年目の走行距離無制限30品目延長保証
など、一般の中古車店では得られない整備・保証内容が目を引く。(2007)

バリューローン

バリューローンとは、残価据置設定(ざんかすえおき)が出来るローンである。新車、認定中古車のどちらも利用可能である。
例:中古車価格400万 = 頭金84万 + ローン216万(6万 x 36回)+ 残価100万 購入時にローン完済時の残価を設定し、残りをローンとして支払う。上記例では3年後に、価値が100万になってしまう事を予め設定している。
3年後の査定額により、差額が発生する。(返金又は追徴される) ローンの支払い総額を軽減出来る事により、購入対象のグレードや装備をアップ出来る点もメリットである。しかし、下記の点に注意したい。・愛車が気に入って長く乗りたい場合は、残価を支払わなくてはいけない。・ローン完済時の車の程度、その時の人気度により査定額が変動する。・愛車買取店など、ディーラーよりも高値査定してくれる店での処分は出来ない。・ローン完済時、愛車の返却に備えて、車も丁寧に乗らないといけない。

イカリングとは

イカリング
ライトの丸いリング状の照明を指す。日本ではイカの目に似ていることから、「イカリング」と呼ばれるようになった。正式には「エンジェルアイ」と呼ぶ。豚の鼻グリルと共にデザインコンセプトの一つとなっている。最近では円型から四角型などLEDの進化により、多角形タイプが登場してきている。

インクルーシブ

年間または走行距離20万kmまで、定期的なメインテナンスのサービスプログラム
エンジンオイル、オイルフィルター、ブレーキフルード、プラグ、エアフィルター、マイクロエアフィルター、ワイパーブレードラバー等の部品及び工賃が無料。
1シリーズ:43000円~ (2008/2より実施のサービス)

DCTとは

DTC(ダイナミック トラクション コントロール)とは、一般的に「横滑り装置」を指す。また、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)は、DTCに統合されている機能になる。車体が横滑り状態になることを防ぎ、車体を安定的に走らせる電子制御を行っている。
DTC・DSCボタンを解除することで、この機能をオフにすると後輪が横滑りする機能が働かなくなる。不安定な路面や過度のアクセルワークによる車体の不安定な状態を防ぎ、安全な走りをサポートする。

LCIとは

欧州車の説明で聞きなれないキーワードの「LCI」とは何でしょうか?
正式名は、Life Cycle Impulse(ライフサイクルインパルス)の略称です。
日本では、3年から4年で行われるマイナーチェンジという呼び方が一般的でしょう。
バンパーやライト周りの小変更により、リフレッシュされモデルのライフサイクルを長持ちさせます。
不定期のエンジン変更や装備の充実、限定モデルの登場、1年単位の小変更(イヤーモデル)の改良が加えられます。
年式を重ねるごとに微妙な差となり、最終モデルでは欠点がより良く改良されていることになります。

LCIは、それよりも大きな変更となります。
LCIでは、外装パネルやヘッドライト、テールランプや前後バンパーにも大きな変更が加えられるので、一目でわかるようになります。
特に前期型で不人気であった場合は、後期モデルでイメージチェンジに見えるような大胆な変更も過去にありました。
また、BMWのデザイントレンドとして、大きなデザインサイクルとしてシリーズ共通の流れを持っており、その流れに沿った変更も発生します。
BMWデザイナーのコンセプトの変更に伴ったLCIのイメージです。

過去の欧州車はフルチェンジまでに9年10年の長いサイクルでしたが、最近のモデルはライフサイクルが短くなっています。
LCIとしての大きな変更もなくイヤーモデルだけでフルモデルチェンジを迎えるモデルも一部であるようです。

xDriveとは

FR(フロントエンジンリヤドライブ)の形式をベースに前軸重にトルク配分する仕組み。
リヤは、FR駆動でトルクを常時伝える一方、フロントには、電子制御多板クラッチによりトルク配分を制御する。
走行状況に応じて、前40:後60にトルクを配分する。

ECO PRO モード

ECOPROモード

ECO PROモードとは、ドライビング・パフォーマンス・コントロール(写真のボタン)でECO
PROモードのスポーツとECO PROのどちらかを選択。
ドライバーの運転状況に対応して自動的に燃料消費量を抑えるエンジン制御、ATのシフトタイミング制御が行われます。また、エアコンの作動も制御して、燃料消費量を抑えます。
モニター上に燃費低減のアドバイス表示、燃料消費量のセーブ状況や、燃費向上に伴う走行距離の延長状況を表示して、さらなる燃費向上をドライバーへ促します。

Shonan BMW スタジアム平塚

日本のプロサッカーリーグとして、ベルマーレ平塚は1994年にJリーグに加盟。
2000年に湘南ベルマーレへクラブ名称変更。ホームグラウンドとなるスタジアムは、「Shonan BMW スタジアム平塚」で
神奈川県平塚市に位置する。横浜市西部から神奈川県西部の拠点をカバーする正規ディーラー「Shonan BMW」が命名権を獲得している。
実名称は「平塚競技場」であり、平塚市が施設・運営管理を行い、平塚市総合公園内にある陸上競技場として多目的に使用されている。

ドライビングセンター

常設としては、ドイツ(ミュンヘン)、アメリカ(サウスカロライナ州スパータンバーグ)、(カリフォルニア州サーマル)、韓国(インチョン)

ACCとは(アクティブ クルーズ コントロール)

通常のクルーズコントロールは設定した車速を維持しながらアクセルペダルを離して走行可能な仕組み。
ACCは、先行車との車間距離を設定し維持する自動追従型の機能に加えて、渋滞などの低速走行時に車両停止まで制御する機能を装備。
前方の渋滞が緩和すると、システムが自動的に任意に設定した速度まで加速させる。

ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能

2019年に順次、日本導入。
従来のアクティブクルーズコントロール(ACC)や車線逸脱補正などの基本機能をベースとして、3眼カメラなどの走行中の危険性を正しく認識する精度が向上したことで、実装を可能としたシステム。
ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能は、ドライバーの運転負荷を軽減して安全に寄与する運転支援システム。
高速道路での渋滞時において、絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態に限って、ステアリングから手を離して走行が可能としている。


コメントを残す