小型車の3ナンバーサイズは市場で既に認知

(Last Updated On: 2017年10月29日)

小型車の3ナンバーサイズは市場で既に認知
全幅が1700mmを超える3ナンバーサイズの小型車が認知されたって???
何わけの分からないことを書いているのだろう。
該当車種が増えてきたのかもしれないが、周りの環境が変化しているとは思えない。
単純にメーカーが海外向けの車を日本に持ち込んだり、
(マツダのアクセラ)
飽和市場の日本で、少数マーケットを狙った商品を販売しているに過ぎない・・・と思う。
(ホンダのエディックス)
軽自動車しか入らない極小駐車場もあるだろうが、少なくとも乗り降りを考えれば、横幅1800ミリ以上は余裕であるハズであり、3ナンバーサイズの小型車の購入を意識した駐車場作りなんて考えられない。駐車場は建ぺい率や予算との兼ね合い決まるのである。
また、一般のユーザーが「ワイドトレッドによる走行安定性や衝突安全の向上」なんて項目を重視しているとは到底思えない。
編集者は、メーカーの受け売りでなく、しっかりとユーザーと市場の動向を見てほしいと思う。
特にE90セダンの車幅を正論化するコメントなど、論外である。


「小型車の3ナンバーサイズは市場で既に認知」への1件のフィードバック

  1. 慣れというのは恐ろしいものだと思います。
    メーカーも平気で1800mm幅の小型車を売る時代になってきました。
    そのあたりのギャップが、1シリーズのMモデル(クーペボディーで6気筒)開発などに現れているのかもしれません。
    同じ車種はモデルチェンジごとに排気量アップ、全幅アップ、馬力アップの傾向にあります。
    これらは、前のモデルよりも大きくて広くて速いとユーザーの目をくらませて知らぬうちに土俵を変えて騙しているようなものと考えます。
    ということは数十年後まで同一モデルが存続すると、幅2000mmの小型車??なんてことも・・・・・・

コメントを残す