335iカブリオレとA5カブリオレの関係

BMWオーナー向けにアウティA5とは、なんぞや・・・を説明しておこう。
アウディA4といえば、3シリーズとライバル関係にある車である。
そのA4からインパネやエンジンを丸ごと移植し、クーペボディとしたのが
A5クーペである。
BMWでは、クーペも3シリーズだが、アウディでは「A5」とする事により、
ブランドイメージとして格上の設定となり、高め価格設定を可能とする。
しかし、内容的にかわらないと思って問題ないだろう。
価格はA5-3.2カブリオレで784万と795万の335iカブリオレに近い値段設定である。
335iカブリオレは、電動メタルトップ、3.0ツインターボ、DCT、1820kgの重量
一方のA5カブリオレ、電動ソフトトップ、3.2NA、Sトロニック、1785kgの重量
注目したいポイントが、1785キロとなるアウディS4並みの重たいボディを
3.2リッターNAで、クワトロする為、体感パワーはかなり劣化するだろう。
アウディのプレスリリースが、笑わせる。
開閉が早いだの、ハードトップに匹敵する遮音性を確保した・・・とか、、
ライバル他車の電動メタルトップに対する劣勢(古さ)をカバーするのに
躍起になっている所が、苦し紛れの言い訳になっている。
最近、ハードウエア・車オタクを惹きつけるA5は、Sトロニックを装備しつつも
335iは、DCTを装備して、レベルは同等。
ツインターボで35kgの重さは、パワー・トルクウェイトレシオでも
完全に逆転しているだろう。
でも価格は、たった10万円安いだけ。335iに対して、コストパフォーマンス的にもハード的にも完全に見劣りするA5。
S5カブリオレが発売されるかは、?だが、S5を持ってこないとライバル関係は成立しない。
でもS5は、とんても無く高い値段設定となってるだろう。
決定的な違いは、クワトロシステムにある。トルクスプリットにより前後のパワー配分を変えようと
FFベース4WDに、駆け抜けるハンドリングを求める事には無理がある。
また、カブリオレのユーザーの用途として、4WD(クワトロ)が必須というよりは、ムダ装備である事は言うまでもないだろう。
最近のアウディは、環境だのハードウエアスペックを前面に押し出したセールスを行っているが、
車の本質がBMWとは、決定的に異なる。
BMWユーザーが、ふと、アウディに興味を持っても、スペックオタクなら、カタログだけ見ても騙されないかもしれないが・・・。
さて、北米では、メルセデス・BMW・アウディとの価格差は歴然としている。
しかし、日本ではアウディが不自然とも思える高価格設定としており、
高めのブランド誘導・ブランド構築を行っている点がポイントである。
ビデオは、335iのライバルにA5上位のS5を充てているが、価格的にはライバル関係に無い。(北米では、約100万程、S5が高い)

アウディ価格設定の摩訶不思議、ブランドイメージ!?

アメリカでの価格設定とブランドイメージ

アメリカにおける、素のグレード価格である。(2009)
スッピン グレードであるから、装備内容には大差無いと考える。

  • Q5 3.2 FSI : $37200(約350万)
  • x3 xDrive3.0 : $39700(約375万)

差は、$2500となり、約23万ぐらいだろうか。
アウディは排気量も大きく、3.2L > 3.0Lでより大きいが価格では逆転している。
同一ライバルに対して、より立派に大きく、お買い得という戦略が見て取れる。
実売価格はアメリカにおけるBMWとアウディのブランド力、競争力の差となります。
当然、自動車大国アメリカでもアウディはBMWやベンツ以下のブランド力しかないことを表しています。

日本での価格設定とブランドイメージ

ここで、日本の価格を見てみよう。(2009)
Q5 3.2 FSI : 660万
X3 xDrive3.0 : 632万
あれれ・・・価格は逆転してしまう。

日本におけるアウディのブランド力は、メルセデス、BMWよりも正直、やや劣るという感じだろうか。
かなり大目に見たとしても、日本においては、ブランド力は、同等ではないだろう。
ひと昔、ヤナセでは、メルセデスとアウディが併売されていた事を覚えている方も多いことだろう。

80年代のアウディブランドイメージ

その扱いには、80シリーズが主体のアウディとE/Sクラスが主力のメルセデスには、大きな壁(ブランド)が存在していた。
そのブランドイメージだけでなく、顧客層も大きく異なっていたそうである。
さて、日本とアメリカでは、装備内容や戦略的なマーケティング、為替、ブランドなどにより、価格が大きく異なることは、ここでは述べない。

なぜ、日本とアメリカで価格設定が逆転するのか

言いたいのは、 日本とアメリカの価格差が、Q5の310万円に対して、X3は、250万円となり逆転している事である。
この逆転現象は、どう考えても説明が付かない。
そして、Q5-3.2の暴利価格に比例?してか、4気筒ターボのQ5-2.0が569万円という、あまりにも高い価格が設定されている。
アメリカの価格差を日本に適用すれば、X3より安くなるハズで、Q5-3.2は、600万、Q5-2.0は、500万あたりが妥当なのだろう。
やはり、アウディの日本における価格設定は、あまりにも日本におけるブランド力を過大評価にした価格設定なのでは無いか・・・と思えてくる。
VWには、ティグアンというSUVが存在し、日本仕様、360万に対して、アメリカの素グレードは$23200(約220万)となる。
やや装備内容が異なるが、2リッターターボ4WDのスペックからは、兄弟車とも言える車である。

強気のマーケティング戦略にまんまと釣られる日本市場

ティグアンにSトロニックを付与、エンジンの搭載位置を変え、レザーシートに地デジナビ、その他、350万のオプションを装備するとアウディQ5-2.0になる。
かなり無理がある・・・と思う。
メルセデス、BMWに並ぶブランドイメージ、アウディは、時期尚早・・かと思うのだが、BMWオーナーは、どう考えているのだろうか。

2016年は大幅に日本市場シェアを減らすアウディ

まあ、ブランド力からすれば当然の結果だが、新型で出たばっかりのアウディA4が売れず。
VWの排気ガス問題の影響もあって、BMWミニにも抜かれる始末。
DSG(Sトロニック)は日本に不向きなギクシャク感。
シングルフレームも見飽きてきた。
過剰広告により、アウディを購入したユーザーも本質がわかればリピーターには絶対にならない。
当BMWブログにもアウディの広告が表示されるケースがある。これはランダム表示なのか、ターゲティングなのか真意のほどは不明であるが。
いずれにしても、FR主体のBMWユーザーにとって4WDベースのアウディなど眼中にないのです。

売れないAUDI A4の対象は年収1400万の高所得世帯

アウディ広報のとんでもない発言

新型AUDI A4の対象は年収1400万の高所得ファミリー世帯とか。

このタイトルを見ただけで、ガセネタか?と思う方は多いと思われます。

  • 「メインターゲットは35歳から。年収は1200万円以上」(2002年、アウディA4カブリオレ)
  • 「世帯年収が1500万円以上で趣味などに強いこだわりを持つ成功者がターゲットで、年間700台の販売を目指す」(2008年、アウディA5・S5)
  • 「ターゲットユーザーは年収1400万円前後の富裕ファミリー層で、日本市場での販売は年間5000台が目標」(2008年、アウディA4)

あまりにも高級車ブランドのイメージ構築のため、無謀過ぎる内容のようです。

実際にA4を購入する年齢層

当HPのアンケートでは年収1000万超は18%と約2割にすぎず、 BMWの場合、メインターゲットとは言えません。
BMWの場合は主力が3シリーズですが、アウディはA6がメインなのでしょうか?。
アウディの主力は2008年時点ではA4だったはずです。
しかし、最近では、低価格のA3を推すまでに落ちぶれてしまっています。


もし、A4がメインであれば、とても年収1000万超がメインターゲットにはならないでしょう。

アウディが考える「上から目線」のブランド戦略

アウディA4を購入する層は、1000万超であるという高級イメージを植え付け、年収を過剰に大きく見せることで、ブランドイメージを高める戦略なのでしょう。
実際のアウディはメルセデス、BMW以下のブランド力であって、実際はVWに近いレベルだった1980年代。
実際、年収1000万以下の方がA4を買うのが過半数以上の現実ですが、1400万のレベルの車なんだよ・・・という無謀な戦略なのです。

それが、メルセデスやBMWのように世界的に高級車として認められたブランドなら「それも有り」でしょう。
しかし、北米などでは、格下のブランドなのです。

アウディのイメージ戦略で「コロっ」といったユーザーの多いこと

ベンツ、BMWに飽き足らないユーザーへ、過剰CMが絶好調だった2008~2012年。
そのCM効果もあって、「コロっ」といったユーザーもベンツ、BMW回帰が見られます。

2007年のアウディA4(4代目)は、価格的には従来のままでしたが、ボディサイズは旧A6並に大型化しました。
確かにボディサイズは、3シリーズやCクラスを凌駕し、完全に一回り大きいサイズになっています。
ライバルと同じ価格帯で、大きなボディサイズは、価格的なメリットがあります。
このボディサイズは完全に過去のA4ユーザー(コンパクトセダン)を切り捨てるぐらいのサイズとなっています。

日本市場においては1820ミリ超という数字は、従来のコンパクトセダンユーザーにとっては、拒否反応を示す数値に違いありません。
さて、大柄なアウディがお買い得な値段で買える・・・というメリットはあるかもしれません。
またライバルのCクラスや3シリーズより若干安い価格だが、ボディは大きく見栄が張れるという感じになる。

特殊な日本市場において、高額所得層にとって、所有欲を満たす車となるかは、微妙なところです。
特徴的なライトは子供っぽく映るという意見もあります。
コンパクト?セダンでは圧倒的な強さを見せる3シリーズと、 サイズを抑えつつ、魅力を増したしたCクラスに対して、 巨大化しつつ、価格を抑えたA4の戦いはこれからです。
ただ、メルセデス、BMW、そしてレクサスの競合が競う アッパーミドルクラスのセダン市場にアウディが食い込むには、まだまだ時間が掛かると思われます。
高級ブランドとしてのイメージアップに大量の広告費を投入し、ブランドイメージアップに躍起になっています。
実際、BMWからアウディに乗り換えたユーザーが戻ってくるケースが多いです。
これはクルマそのものは悪くないものの、イメージほどでは無かったという点に尽きます。

結果、VWの排ガス問題で失墜したブランドイメージに繋がり、Sトロニックの高級車らしくないギクシャクした変速フィールに集約されるのでしょう。
販売台数からもBMWミニに抜かれ、ブランド力の低下は底なしの様相かもしれません。

A4が売れていない苦戦の状況

2016年のVW排ガス不正問題により、VWやアウディ陣営の評判はかなり悪化したようで販売不振の影響は数字にも表れているようです。

4代目アウディは発売当初こそ、ブランドイメージの強化戦略により快調な出足だったものの、5代目になってからはBMWやメルセデスへの回帰が見られます。
A4の価格設定は、ブランド力に対して強気すぎるため、5代目はユーザーも乗り換えを諦めたと思われます。
強気の価格設定や日本に道路事情に合わないSトロニックなどアウディに不利な状況に変わりありません。

ブランド力に見合わない強気の価格設定が裏目

やはり、広告戦略によるイメージアップもBMWやメルセデスには遠く及ばないということでしょうか。

Cクラスの高級化、大型化、BMWのLEDライトなど外観のインパクトも増した結果、アウディA4の先進性や魅力が価格に見合わなくなったようです。
結果、A4からA3へ販売主力モデルを変更するような流れかもしれません。
一方でアウディは中国では売れているらしく、海外旅行の行く中国人が海外で見た影響がジワジワと中国国内に広がると思われ、今後のアウディやVWブランドの行方が注目されるところです。

あまりにも高すぎるA4の価格設定

現在のアウディは、過剰な宣伝広告により作られたブランドイメージなのです。
10年前は、当時のA4がライバルに対して、そこそこのインパクトがありました。しかし、現行A4は価格に見合うだけの魅力はありません。
当然、ベンツ・BMWに飽きた層に対して、過剰なアウディCMに「コロっと」行ったユーザーへの宣伝効果は持続せず、ブランド力は落ちる一方です。
もはや、一味違う層は、ボルボに流れているのでしょう。

自動ブレーキや液晶メーターなどコストは微々たるものですが、あまりにも強気すぎる価格設定は、迷走の次元を超えています。
アウディの日本法人は、笑いが止まらない10年前の成功体験を継続し、ブランドの自滅に繋がっていることが理解できないのでしょうか。

日本ではベンツ、BMWの2大ブランドに入れない事を自覚し、ボルボやVWを仮想ライバルとするのが、ブランド再構築に相応しい流れです。

VWアルテオンにより共食いの様相

パサートよりも一回り大きいサイズのVWの新しいセダンとしてA r t e o n (アルテオン)が登場しました。

ボディサイズは全長4865mm×全幅1875mm×全高1435mm、ホイールベースは2835mmとなり、A4より一回り大きいです。
エンジンは、最大出力280馬力、最大トルク350Nmを発生する2リッターTSIエンジンを搭載。
四輪駆動の4モーションを採用と湿式7速DSGを搭載しています。
自動追尾、安全装備も最新基準です。
20インチアルミを装着して、外観のインパクトやパフォーマンスも十分です。

個性を求めるユーザーは、ベンツ、BMWでなければ何でも良いのです。
今まで、そのブランドにアウディが収まっていたのですが、その魅力は薄れています。

その点、アルテオンは、600万を切る価格設定で、A4、A5ユーザーへの訴求力は抜群です。

センターグリルのインパクトなど、グループ内上位の「アウディを食って良い」と言わんばかりの派手さと高級感です。
グループ内の住み分けを無視した戦略なのでしょうか。
ますます、A4の売れ行きが落ちることは避けられず、アウディVWグループ内での共食いの様相を呈しています。

アウディ不人気の理由としてボルボ人気

同じ欧州車のFFや4WDとして、カーオブザイヤーにも輝く人気ぶりです。
価格が高くメルセデスやBMWの代替価値が薄れたアウディに流れるはずもありません。

シングルフレームも斬新なライトも4代目A4(2008-2015年)B8系において、そのブランドイメージや斬新さを消耗しつくしたと言えます。

5代目A4は、2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー」インポートオブ・ザ・イヤーを受賞しています。
しかし、強気の販売戦略はすべて裏目にでており、街中では見る影もありません。

ボルボの価格はVW以上、BMW以下なのです。絶妙な価格設定は戦闘力抜群であり、優柔不断で見栄っ張りかつ変わり者好きなアウディユーザーが流れる理由になるのです。

アウディ不人気から脱出する方法とは

すぐにでもベンツ、アウディと競うのを止めてVW以上、BMW以下というブランド戦略・価格設定を行うべきでしょう。
上記のスキマ戦略がアウディが目指すべきベストポジションなのです。