BMW G30 G31情報(5シリーズのスペック・カタログ情報)

5シリーズ

5シリーズ(7代目)のG30 G31関連情報として、歴史やスペックなどを整理しました。
セダン(G30) ツーリング(G31) M5セダン(F90)のラインナップです。G30 5シリーズ フロント

BMW 30 G31 F90概要

上級FRセダンとしてBMWの主力モデルに位置するBMWの5シリーズの7代目となるセダン(G30型)です。初代5シリーズのデビュー(1972年)から、高級ミドルクラスのサルーンとして、累計720万台以上を生産されました。ワゴンタイプのツーリング(G11)、トップモデルとしてM社チューニングを施したM5(F90型)も同様にラインナップされます。エクステリアデザインは上位モデルのG11の流れにそったデザインとなり、グリルと繋がるライトやLEDが特徴的です。

7シリーズベース(G11)の新型シャーシは、100キロの軽量化。全車ダウンサイジングターボの4気筒、6気筒、V8エンジンをラインナップ。8速ATとの組み合わせにより、シャープな加速と燃費向上の両立を果たし、50:50の重量配分によるスポーティなハンドリングを踏襲。インテグレイテッド・アクティブ・ステアリングは、取り回しの良さと高速時の安定性に寄与。自動運転をサポートするオートクルーズ・自動追従、車間維持、車線維持、自動ブレーキなどの先進運転支援機能も装備。トップグレードとなるM550i Xdriveは、先代M5を超える0-100km加速の4秒フラットを達成。4WDの威力を発揮。0.22のCd値はクラストップレベル。
エンジンのダウンサイジングに加えて、ディーゼルやアクティブハイブリッドのモデルも追加され、低燃費と環境性能を重視した車種バリエーションを展開しています。

サッシュレス、車高が高く後席の居住性を重視したロングホイールベースのハッチバックであるグランツーリスモは、初代は5シリーズ・グランツーリスモ(F07型)でしたが、2代目からは6シリーズ・グランツーリスモ(G32型)に変更となりました。中国市場専用モデルとして、セダンのホイールベースが3105ミリ(セダンより130mm延長)としたロングホイールベース版(G38型)も存在します。G30 5シリーズ リヤ

公式ビデオ(G30/G31)

オーナーの各種話題

  • G30 G31 F90オーナーズルーム 愛車のカスタム、故障、コーディング、隠しコマンド、ホイールやスピーカー交換など。日々のオーナーとしての話題全般

G30 G31 F90スペック(諸元)

(523i/530i/523d/540i/M5)仕様(ボディサイズ、エンジン仕様など)

製造国 ドイツ・ディンゴルフィング
オーストリア・グラーツ
中華人民共和国・瀋陽
タイ・ラヨーン
インド・チェンナイ
製造開始 2017年より
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン/5ドアワゴン
エンジン 2.0L直列4気筒
2.0L直列4気筒ディーゼル
3.0L直列6気筒
3.0L直列6気筒ディーゼル
4.4LV型8気筒
駆動方式 後輪駆動/四輪駆動
変速機 6速MT/8速AT
全長 4,945mm(G30)4,950mm(G31)4,965mm(F90)
全幅 1,870mm(G30/G31)1,905mm(F90)
全高 1,480mm(G30/F90)1,500mm(G31)
ホイールベース 2,975mm(G30/G31)2,980mm(F90)
先代 BMW・F10/F11/F18
プラットフォーム OKL
全長、全幅、全高 4945mm 1870mm 1480mm
ホイールベース 2975mm
最小回転半径 5.7m
トレッド F1600/R1625
車両重量 1760(540i)
エンジン 直列4気筒DOHC16Vターボ
523i/B48-
530i/B48B20B
直列4気筒DOHC16Vターボディーゼル
523d/B47D20A
直列6気筒DOHC24Vターボ
540i/B58B30A
総排気量 1998/1998/1995/2997
最大出力 184ps5000rpm
252ps5200rpm
190ps/4000rpm
340ps5500rpm
最大トルク 29.6kgm1250-4500rpm
35.7kgm1450-4800rpm
40.8kgm1750-2500rpm
45.9kgm1380-5200rpm
圧縮比 -/10.2/16.5/11.0
燃料タンク 68L
操舵装置 電動パワーステアリング
トランスミッション 8AT(ステップトロニック)
4.714/3.143/2.106/1.667/1.285/1.000/0.839/0.667/3.295
最終減速比:3.231
サスペンション Fダブルジョイントストラット/Rインテグラルアーム(マルチリンク)
ブレーキ F/Rベンチレーテッドディスク+ABS、EBD、ASC-T
アルミ/タイヤ FR225-55R17/7.5J17
FR245-45R18/8J18
FR245-45R18/8J18
F245-40R19/8.5J19,R275-35R19/9J19
JC08モード燃費 -/15.4/21.5/12.5kml
備考 トランク530L

オーナーの愛車写真





Matsunoyuさん 愛車M5 かっこいいです。
Matsunoyuさん 愛車523d Luxury ミネラルホワイト
思ったよりかっこ良く、軽やかに走り、乗り心地も良好です。
メーター表示だと満タンで1070kmの航続距離の表示
今日は雨天なので、天気が良い日に乗ってみます。

BMW G30 G31 F90型の歴史

523d xDrive Mスポーツ 40th 記念車:2021/5/24

  • 40周年記念限定車は、計300台限定、価格は858万円。
  • 40周年記念のバッチ(シリアル番号入り)
  • Mライト シャドーラインを専用装備
  • Mリヤスポイラー
  • その他Mスポーツをベース
  • ボディカラーはアルピンホワイト、カーボンブラック

M5 CS登場:2021/04/10

M5コンペティションをベースに約70kg軽量化

  • 世界限定1100台(日本割当5台)2510万円
  • 右ハンドル/4WD/8速AT/乗車定員は4名
  • 0-100km/h加速3.0秒
  • Mカーボンセラミックブレーキを標準装備。約23kg軽量
  • エクステリア:ゴールド・ブロンズカラーのCFRP製キドニーグリル、エンジンフード、フロントエプロン、ドラー、リアスポイラー、リアディフューザーもCFRP製
  • インテリア:フロントにCS専用のカーボンバケット、フロント・リアシート
  • 全長5000mm×全幅1905mm×全高1475mm、ホイールベース2980mm、車両重量1840kg
  • 4.4L V型8気筒ツインターボ:635ps/6000rpm、750Nm/1800-5950rpm

G30型5シリーズ、マイナーチェンジLCI:2020/9/28

  • 高性能3眼カメラ&レーダーの運転支援システムを全モデルに標準装備
  • アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)
  • レーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)
  • レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)
  • パーキングアシスタントも装備。直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、同じルートをバックで戻る機能。
  • iPhoneによるロック解除や施錠、エンジン始動、Apple CarPlayによる各種機能連携を強化
  • (BMWの2020年基準の最新モデルに追いついた)

「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」を装備
523d xDriveエディション ジョイ+、530eエディション ジョイ+のお買い得モデルを追加設定

価格はセダンが678万円から1104万円、ツーリングが749万円から1142万円

G30 G31 前期と後期の違い(変更点):2020/9/28

マイナーチェンジ(LCI)の前期

  • 各種安全装備:2020年基準の機能へリニューアル
  • 12.3インチのセンターモニター:10.2インチと選択可能に
  • フロントグリル:縦・横方向により、大型化
  • 4灯ヘッドライト:丸目を帯びたタイプから、直線的なL字型LEDへ。
  • リヤテールライト:外周を囲む円形状のLEDから、L字型の直線的な太いLEDへ変更。周囲をブラックテール化
  • フロントバンパー:形状を変更
  • リヤバンパー:形状変更で、ワイドな台形型エグゾーストパイプへ変更。
  • インテリア:スイッチパネルをすべてハイグロスブラック化による質感アップ
  • レザーシート:標準装備による、高級感アップ。(上級車は変更なし)

中国専用G38型マイナーチェンジ:2020/9

中国では2019年、5シリーズセダンは約17万4000台を販売実績。
マイナーチェンジにより、ワイドなキドニーグリル、新設計のヘッドライトとテールライトへ変更。
台形のテールパイプフィニッシャーを装備。
プラグインハイブリッドエンジン搭載のPHV「535Le」直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ

  • 最大出力184hp/5000~6500rpm、最大トルク30.6kgm/1350~4000rpm
  • モーターは最大出力109hp、最大トルク27kgm、8速AT
  • 「XtraBoost(エクストラブースト)」で、エンジンとモーター同時出力を行う。
  • EVモードではゼロエミッション走行可、燃費は66.6km/リットル

M5誕生35周年記念「M5 Edition 35 Jahre」:2019/8/23

  • 600ps/750Nm、0-100km/h加速3.3秒
  • 4.4リットルV型8気筒エンジン
  • ボディカラー:フローズンダークシルバー
  • ブラックフルレザーメリノシート:ベージュコントラストステッチ
  • アルマイト加工ゴールドアルミのインテリアパネル
  • 各種限定装備を追加

523dディーゼルに4WD追加:2019/7

  • 523d xDrive Mスピリット:750万円
  • 523d xDrive ツーリング Mスピリット:782万円
  • 最高出力190ps/4000rpm、最大トルク400Nm/1750-2500rpm
  • 2リットル直列4気筒クリーンディーゼルエンジン
  • xDriveの4WD

Mスピリッツは、Mスポーツに対するお買い得モデルとして、装備に違いがあるため注意が必要です。

  • アルカンターラ表皮にブルーステッチのシート
  • 18インチアルミ(Mスポーツは19インチ)
  • シルバーカラーのインテリアトリム
  • Mスポーツステアリング付きですが「パドルシフト無し」
  • ライトのイカリングは丸形ノーマルタイプ

523セダン/ツーリング「Mスピリッツ」特別仕様車:2018/10/29

523iセダン、523dツーリングをベース車両として、Mスポーツパッケージの装備に加えて快適装備を加えた仕様となっています。

  • Mスポーツサスペンション、18インチアルミ
  • Mエアロパーツ、ステアリング
  • ポプラグレーのファインウッドトリム
  • アンソラジットルーフライニング
  • 専用ステッチ付のブラックダコタレザーシート
  • ヘッドアップディスプレイ
  • ドライビングアシストプラス(部分自動運転)
  • 523iセダン右ハンドルのみ:695万
  • 523dツーリング右ハンドルのみ:765万円

映画ミッションインポッシブルのコラボ限定:2018/7/6

M5と523i/523d/530iのMスポーツをベースに2018年限定で発売
映画ミッションインポッシブルを記念したモデルは今回が初。
6作目のフォールアウトに登場のカラーイメージでカスタマイズされたM5仕様。

  • 「M5」ボディカラー:シンガポールグレー
  • ブラックキドニーグリル
  • 20インチ専用アロイホイール
  • ブラックミラーキャップ
  • フルメリノレザーシート
  • ピアノフィニッシュブラックトリム
  • 映画タイトルのロゴを配置
  • 625psへパワーアップ。
  • Mエキゾーストシステム
  • 価格1964万円
  • 「523i/523d/530iMスポーツ」ボディカラー:ブラックサファイヤ
  • 19インチブラックホイール
  • Mパフォーマンス キドニーグリル
  • ダコタレザーナイトブルーシート
  • ピアノフィニッシュブラックトリム
  • 530iにアダプティブサスペンション
  • 価格795~883万円

M5にファーストエディション限定車:2017/10/24

フローズンダークレッドメタリックのボディカラーの限定車5台。1864万円

  • 世界限定400台で日本向けは5台
  • ハイグロスシャドウをキドニーグリル
  • ブラックカラーの20インチダブルスポークMライトアルミ
  • スモークホワイトのフルレザーシートに赤いステッチが入り
  • ピアノフィニッシュ・ブラックトリム
  • センターコンソール「M5 First Edition 1/400」のバッジ
  • Mスポーツエグゾーストシステムを

コネクテッド・ドライブを標準装備化:2017/8/25

G30 5シリーズフロント車載通信モジュールを搭載し、ITネットワークで車両情報をセンターと繋ぐ。

  • 車両トラブル発生時、自動的にSOSコール
  • 車両状況をディーラーに送信するテレサービス
  • スマートフォンで車両を遠隔操作できるリモート・サービス
  • ネット情報の閲覧検索
  • 専用アプリ内「BMW Apps」が利用が可能

M5が初の4WD化で登場:2017/8/21

ドイツ本国でデビュー。形式名はF90
最大出力は600hp/5600~6700rpm、最大トルクは76.5kgm/1800~5600rpmを達成。

  • 先代と同様の4.4リットルV型8気筒ターボをベースとして、40psアップ。
  • トランスミッションは8速のMステップトロニック。
  • 駆動形式は、M5初の「M xDrive」を採用。FR駆動から4WD駆動へ電子制御トルク可変タイプ。
  • 0~100km/h加速3.4秒と先代に比べて大幅に加速力向上
  • 最高速305km/h(250km/hリミッター解除オプション)

G31ツーリング発売:2017/06/22

523dツーリング、530iツーリング、540i xDriveツーリング、523iツーリングの4種類
ノーマル(523i/d)、 Luxury、M Sportの3ボディタイプ
ラゲッジルーム容量570L。最大1700L(先代モデル比30L拡大)

  • ツーリング・エンジンスペック
  • 523i 184ps/5,000rpm、29.6kgm/1,250-4,500rpm
  • 523d 190ps/4,000rpm、40.8kgm/1,750-2,500rpm
  • 530i 252ps/5,200rpm、35.7kgm/1,450-4,800rpm
  • 540i xDrive 340ps/5,500rpm、45.9kgm/1,380-5,200rpm
  • ツーリング・ボディスペック
  • 523d Touring全長 4,950mm、全幅 1,870mm、全高 1,500mm、ホイールベース 2,975mm、車両重量 1,800kg
  • 530i Touring全長 4,950mm、全幅 1,870mm、全高 1,500mm、ホイールベース 2,975mm、車両重量 1,780kg
  • 540i xDrive Touring全長 4,950mm、全幅 1,870mm、全高 1,500mm、ホイールベース 2,975mm、車両重量 1,900kg
  • ツーリング・価格
  • 523d Touring 650-794万円
  • 523d Touring 746-813万円
  • 530i Touring 812-837万円
  • 540i xDrive Touring 1052-1069万円

中国専用ロングホイールベース(G38)登場:2017/4

中国市場専用モデルとして、ホイールベースを3105mm(130mm延長)としたロングホイールベース(G38型)が登場。
瀋陽にある華晨汽車との合弁工場にて生産。

宣伝用タレントに中田英寿氏に:2017/03/21

G30 5シリーズフロントBMWジャパンのブランドフレンドに中田英寿氏が決定。
5シリーズのデビューイベントに登場。

7代目の5シリーズがデビュー:2017/02

6代目の5シリーズ(BMW F10セダン)からバトンタッチし、 7代目のBMW G30セダンが日本発売される。

530i、530i xDrive、540i、540i xDrive、520d、520d xDriveを発売G30 5シリーズリヤ

  • Cd値0.22
  • レーザーライトOP設定(ハイビーム時に500m前方まで照射範囲)
  • 新シャーシプラットフォームを採用。約100kg軽量化
  • キドニーグリルのシャッター(アクティブエアフラップ)
  • エンジンは、F10後期の形式を踏襲。
タイトルとURLをコピーしました